タグ: メタル

Jason Newstedのベースプレイが聴けるBlackened、そしてベーストラックのみもYoutubeに 2017年08月05日

Person Playing Sun Burst Electric Bass Guitar in Bokeh Photography

昨日、こんなのを書きましたが、

ギタートラックだけを抜き出したメタル音源 2017年08月04日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

この記事にて

↑ Metallica / …And Justice for All

最後にこのアルバムの曲を。当時から変だったがやっぱり今聴いても変な音だ。とりあえず別々のトラックの音源があるならこのアルバムのベーストラックの音源出してくれ。どう聴いても聞こえなかったJason Newstedの幻のベースプレイを。

と書いていたが、これをアップし終わって改めて検索したら、BlackenedのRemasterバージョンがYoutubeにあがっていて、ベーストラックがちゃんと鳴ってる!聞こえる!

すげー!ヘッドホンで聴くとより全体のバランスがよくてめっちゃカッコよくなってるじゃん!しかし概要欄見てみるとDownload Link?あれ?これオリジナルじゃない??誰かが勝手にRemasteringしたの?てか元のマスターテープ触れる人でないとこんなん作れないよね?

ベーストラック単体もYoutubeに落ちていた!(イントロの冒頭約1分は無音です)

しかしこれってホンモノ?誰かが曲聞きながら練習で弾いてたやつを録音してアップしたってわからんしね。。。

試しにiTunesストアにあるAnd Justice For Allを聴いてみたら今販売されてるやつでも昔と同じくまったくベースが聞こえない。。。やっぱりYoutubeのモノは海賊版音源なのか??よくわからん。。。

Alice Cooper ~ Paranormal 「超常現象の館」が70sぷんぷん 2017年07月26日

image
↑ Paranormalのニューアルバムプロモサイトで上のような写真を作ってDLできます。。 Alice Cooper – The paranormal Photo APP

記事タイトルに26日としながら28日発売のニューアルバムのこと書いててすみません。。。ネタを探しつつ遅れ遅れにやってるもので。。。

それはいいとして2017年のAlice Cooperのニューアルバムですよ。1948年生まれで今年で69歳のアリス・クーパーがまだまだ頑張って新しいアルバム出してます。数年前のライブビデオ見て「アリス・クーパーも腹出とるなー」と感心してましたが、太鼓腹だけじゃなくてしっかりしたアルバムも出してます。


アリス・クーパー – Wikipedia

アリス・クーパー「2~3週間で死ぬってとこまでいった」 | Alice Cooper | BARKS音楽ニュース
↑ 酒で余命2〜3週間と言われるところまで言ってこんなのんびりしたインタビュー受けれるような状態に戻れるとも思わんけど。。。

このアルバムがまたいいですなー。あまりイキんだところのない70sの頃を思い出させる曲構成。Billion Dollar Babiesの頃のようなトコトコした感じが耳に馴染みやすくて聞きやすいです。70sのミュージシャン的にはダウン・トゥ・アースと言いますか、やりやすい曲構成と音作りなんかね。僕も物心ついたときにキラキラした80sの音色が街にあふれる中、温故知新と言いますか、天邪鬼といいますか70sのロックもよく聴いてましたのでホントに耳に馴染みます。

1. “Paranormal”
2. “Dead Flies”
3. “Fireball”
4. “Paranoiac Personality”
5. “Fallen In Love”
6. “Dynamite Road”
7. “Private Public Breakdown”
8. “Holy Water”
9. “Rats”
10. “The Sound of A”
11. “Genuine American Girl”
12. “You And All Of Your Friends”

この曲!というようなキャッチーな曲が一曲もない割に全体的に非常に質が高い上に、アルバム12曲に加えてボーナストラックのライブ録音の曲6曲が

No More Mr. Nice Guy
Under My Wheels
Billion Dollar Babies
Feed My Frankenstein
Only Woman Bleed
School’s Out

と、Feed My Frankensteinを除いてすべて70sからの選曲で、これまたプレイもよい。全体の流れよく結構イケてます。しかし、日本版は邦題が「超常現象の館」なんですなw。

パラノーマル~超常現象の館~
Ward Records Inc. (2017-07-28)

↑ アマゾンでもCDは軒並み売り切れっぽいですが、mp3はもちろん販売中。僕はiTunes Storeで買いましたが。

弾きまくり韓国ネオクラシカルメタル Zihard / Life of Passion 2017年07月07日

eBayのお客さんから教えてもらった知る人ぞ知る韓国のネオクラシカルメタルの名盤らしい。

いやー、やはり各国ともにやはり特徴だったバンドって居るものですな。eBayでタイやら日本のメタルのCDを売り買いしてると海外のユーザーから「あれはないのか?」「これは現地では手に入るのか?」といろいろ聞かれる中から新しい発見が。。。

このZihard、録音がちょっとイマイチだが、バリバリ Rainbow − Yngwie 直系のクラシカル系の大仰なメタル。英語で歌ってる曲がほとんどだけど、韓国のバンドならやっぱり韓国語で歌ってる曲がピカイチですな。とはいえ慣れない韓国語かつメタルなんでまったく何歌ってるかわからん。ま、アリランとか聴いたってどっちにしろわかんないか。。。英語で歌ってる曲もそこそこ発音が流暢なんであまり苦もなく聴ける。

日本盤も出ていたようで、自分はDisk Unionから中古で入手。個人的にもうモノには思い入れがほとんどないのでPCでmp3吸い出しして、後は元の依頼主に売ってあげました。喜んでたな。

というわけで韓国産ネオクラシカルメタル、Zihard。個人的には佳作、ぐらいかなー。

ライフ・オブ・パッション
ジハード
SOUNDHOLIC (2008-12-17)
売り上げランキング: 210,407

↑ アマゾンでは現在売り切れ。

タイメタル、ギターマスター Seree Lee 2017年03月07日

またまたタイメタルのギタリストをご紹介。ソロのSeree Lee名義でアルバムを2枚リリースしているSeree Lee氏。ワンレン長髪と太い眉毛がめっちゃ特徴的なメタルギタリスト。

時々日本から持ってきた日本のメタルのCDなどをebayで売ることがあるが、落札されて発送する際に大概「タイに住んでるならこのCD持ってない?」とタイメタルのCDのタイトルを言われる。

タイの場合ヒット曲のCDでも数年経てば見つけるのが非常に難しかったりするのに(最近はiTunesなどの配信があるからちょっとマシか)、洋楽のメタルではなくタイメタルはやはりニッチでまず発売時に買っておかなければその後入手するのは困難。

しかし今の御時世Facebookがあるのでご本人に問い合わせてストックがあるなら直接買える。このSeree Lee氏の2枚のアルバムも今はiTunesから買えるが、ちょうどCDがリイシューで出るというのでfacebook経由でご本人から購入しました。

以前に紹介したPattrawut Muti氏がスラッシュよりのテクニカルメタルだとすればSeree Lee氏はもうちょっとクラシカル、パワーメタルよりかな。曲によってはSteve Vaiなどトリッキーな匂いも若干するプレイ。

facebookを見てるとイベントでSeree Lee氏とPattrawut Muti氏の両雄揃って写真に写ってるたりするのでタイを代表するメタルギタリストなのでしょうな。Pattrawut Muti氏はチェンマイ在住でSeree Lee氏はバンコク在住。

ebayでCD売るところからじわじわとタイメタルを聞くように鳴ってきてますがオンラインでタイメタルのCDショップでもやろうかしら。200%儲かる気がしないが。。。