タグ: オイシ

タイのコンビニなんちゃって日本食探訪2 オイシの5色餃子 2016年03月13日

IMG_20160312_122504

さて、先のTrendy Rollを買った際に横に並んでいた同じくタイのタイ人向け日本食メーカー、オイシのチルド餃子でございます。

タイ語で โออิซิ เกี๊ยวซ่า รวมรส オイシ ギャオサー ルワムロット。訳すとオイシの餃子ミックス、かな?いろんな味の餃子が複数入ってますよというもの。しかし、餃子の皮の色付けが黄・オレンジ・紫・緑・ピンクとこれまた日本人センスからかけ離れていていいですな。

IMG_20160312_122509

IMG_20160312_122950~2

パッケージ裏面を見るとちゃんと味が書いてある。

黄色: เกี๊ยวซ่าไส้หมู ポーク餃子
オレンジ: เกี๊ยวซ่าไส้ไก่ チキン餃子
ピンク: เกี๊ยวซ่าไส้กุ้ง エビ餃子
緑色: เกี๊ยวซ่าไส้หมูสาหร่าย ポーク海苔餃子
紫色: เกี๊ยวซ่าไส้หมูทาโกะยากิ ポークたこ焼き餃子

紫色のフレーバーが難解ですな。餃子にたこ焼き。。

IMG_20160312_123546

レンジでチンして開けてみるとこんな感じ。うーんなかなかにドギツイ色をしてます。お味はどんなもんですか?と食べてみると意外や意外ちゃんとそれぞれで違った味がする。どうせ安っぽいジャンクなチルド餃子だから適当な味でほとんどどれも区別が付かないんじゃないの??なんて思ってたがちゃんとエビ餃子はシーフードの香りがするし、ポーク海苔餃子は海苔の香りがした。ポークとチキンはやっぱり区別つきにくいが、それにもましてよくわからないのはたこ焼き餃子だった。。。形容しがたい味。。

ポークたこ焼き餃子と書いてあって、ポークとたこ焼きなのか、ポークのたこ焼きなのかよくわからなかったが、食べてみてもよくわからないままだった。ま、それでも普通に日本のスーパーで買うチルドの餃子とほぼおなじ味で多くを求めなければチルド餃子としては問題ないと思う。(というか日本のスーパーで売ってるチルド餃子も食品加工は中国とかタイでしてるんでしょうね。)

というわけで色はドギツイですが、意外と食えるオイシ5色餃子でした。

タイのコンビニなんちゃって日本食探訪 OISHI Trendy Roll 2016年03月12日

IMG_20160312_122520

今住んでるコンドミニアムのエレベーターの中のモニタでこの商品の広告がよく流れていたのでついつい7-11で買ってしまった。

タイの日本食メーカー、オイシの โออิซิ เทรนดี้ โรล オイシトレンディロール。

もう名前からしてここを書くことを目的にしてなければまず買うこともない商品でありますが、いわゆるタイのタイ人向け日本食の日本人にはショッキングな味を楽しんでみたくて購入。32バーツ。

これ、動画のCM見てると普通になんちゃって細巻きをコンビニで売ってるのかと思ってたが実際に買ってみるとサンドイッチだった。つまりは日本の巻きずしをイメージしたロールサンドイッチという商品。

IMG_20160312_122647

開封してみた中身はかなり貧相でこんなの。

IMG_20160312_122730

具はタイ人大好きカニカマ、ハム、海苔、そしてセサミサラダソースとのこと。まあこういう具なので寿司だとちょっとどうかなーと思うこともあるけど、サンドイッチなのでそこそこちゃんと美味しい。普通においしいけどボリュームは圧倒的に少ないので朝食にもちょっともの足りない程度。

IMG_20160312_122854

ただ、この色はごまの色ではないような気がします。

ちなみにタイ人にはめちゃくちゃポピュラーなカニカマですが、つい最近まで僕はこのカニカマをタイ語でなんと呼べばいいのかわからずにおりました。で、このパッケージを見ると

OISHI Trendy โรล แฮมปูอัด (オイシ トレンディ ロール ヘームプーアット)

と書かれていますが、この「ปูอัด プーアット」、これがカニカマのようです。ปู プーはカニ、อัด アットは辞書を引いてみると「Package」みたいな意味があってどうも「パックされたカニの身」という意味からカニカマになるようです。またひとつ勉強になりました。。。