タグ: ウボンラチャターニー

やっぱりイマイチなThai Lion Air 2017年07月22日

Thai Lion Air (772A9979)

今回また彼女の実家に帰ってたんですが最近はバンコクーウボン間は飛行機。で、始めて今回Thai Lion AirというLCCの飛行機を押さえてみました。お昼の便で往復2人分4,600バーツ。

行きの便

行く日の前日にWeb-Check-inしとこうと思って自分の名前とブッキングナンバーを入力するも「予約が見つかりません。空港のカウンターでチェックインをお願いします」とのこと。LCCの中でも比較的マイナーなLion Air、行く前から不安感がこみ上げてきます。

チェックインカウンターでチェックインを済ますとボーディングパスに「LION FAST SERVICES」のタグが。そういえば座席の予約をする時にこの「LION FAST SERVICES」ってのが自動的に選択されてたような。。。(いつもLCCの予約する時に席だけは追加払って予約してます)

で、インターネットでどんなサービスがあるのか調べてみたら以下の5つ。

Favourite seat selection
Pick your seat at anytime. (row number 6-9)
(6−9列目でいつでも好きな席が選べるらしい)

Priority baggage
First coming check-in baggage at your destination.
(到着した空港で預入荷物が一番最初に出てくるらしい)

Priority check-in
Special row for check-in service.
(チェックインの際に特別なレーンが用意されてるらしい)

Priority boarding
First priority to be called for boarding.
(搭乗の際に一番に乗れるらしい)

VIP van
More convenience with shuttle service if your boarding flight in remote area.
(VANを出してくれるらしいがこの説明だけではわからん。。。)

ということらしい。しかしPriority Check-inとかドンムアンのチェックインカウンターで用意されてなかったような。。。注意して見てなかったからか??有料サービスでやってるならパッと見でわかるように用意しておけよと言いたいところだけど。。。

で、搭乗時間までまだ時間があったので空港内でコーヒー飲んで、ちょろっと飯食って、、、なんぞしてたら搭乗時間の5分前。そろそろ行くかと歩いていたら

「Mr. Takahiro, Please contact at the staff on gate 43」

みたいなアナウンスが流れて、こっちとしてはうっかりチケットの搭乗時間間違えててもう離陸するのかと思って走ってゲートまで行ったら

「優先して搭乗できます」

とのこと。ああ、そうかPriority Boardingね。急ぐ必要はなかったかな。。。息切らしてハアハア言いながら搭乗しました。

行きはまだ良かったけど帰りの便。。。

ウボンの空港でチェックインしたら

「本日は席が空いています。前のほうの4列目とかどうですか?」
「予約してる6列目とどう違うの??」
「・・・。」
「わかんないのならそのまま6列目でいいや。」
「2列目はどうですか?2列目とは言っても客席最前列で足元広いですよ。」
「6列目でいいです。」

で、渡されたボーディングパスは6列目のもの。搭乗時間になり、行きと同じく名前を呼ばれてボーディングパス確認。ゲートに通されてボーディングパスの半券を見たら何故か2列目のボーディングパスの半券になってました。

まあ別に2列目でもいいかと思ってたんだけど実際に座ってみると窓側で押さえてた席が通路側になってたり、最前列は足元に荷物が置けないなど(ドローンの機体は上のコンパートメントに入れずに足元に置いておきたい)、多少足元は広いものの勝手に席替えられていい気分しないので「元へ戻せ」と乗務員にリクエスト。

で、最終的に空いている4列目の窓側席へ。たぶんダブルブッキングなんだな。。。

というわけでやっぱりイマイチなThai Lion Air。次回は使うかな〜〜??ただ、このLion Fast Servicesというオプションを払ってもNok Airとかよりも断然安かったのでまた使うかもしれません。。。

いつものウボン空港 2014年12月26日

image

12月の頭から実家に帰っていた彼女を迎えにバンコクからタイの東北地方のヤソトンへ。行きはいつものように飛行機でヤソトンから約100キロ南東のウボンラチャターニーの空港へ。

うちの彼女が実家にしばらく帰るという時は、僕の車を乗って帰って実家での足として使う。僕は仕事があるからいつも帰りは飛行機。またしばらくしてから飛行機でウボンーヤソトンに行って彼女とともに車を運転して帰ってくる行程が一般化している。

ただ今回は僕が日本に一時的に帰っていたおかげでバンコクに住んでいる彼女の兄貴がご指名で平日に運転させられてヤソトンまでの540kmあまりを走り、次の日に長距離バスでバンコクまで帰宅するという気の毒な貧乏くじを引くことになったようだ。その帰りコースは僕が飛行機で実家まで行き、車を運転してバンコクまでのコースとなりました。

というわけで先週タイ国内のLCCであるNok AirのWebから飛行機をブッキング。2,433.55THB。バンコクを06:05に出て07:10にウボン到着。朝イチの便になります。ウボン行きは最終が19:40発で1日に7本も飛んでるんですな。

image

朝5時前のバンコク、ドンムアン空港。電光掲示板も眠ってます。マウスカーソルが表示されているのみ。

image

機内。Nok Airのスッチャデスの姉ちゃんの制服はイエロー。

image

まだ夜明け前。夜明け前と機内の冷房が重なって寒い寒い。

image

ウボン空港に到着。タラップから降りてバスも無し。歩いて空港の建物に向かいます。

image

Nok Airの機体のペイントはかなり派手なほう。

image

Nok Airの機体の鼻先には必ずこのくちばしが描かれている。ちなみにタイ語でนก、Nokは鳥という意味。なのでこのくちばしなのです。

image

image

image

空港の建物抜けてロータリーのところにこんな蝋人形が。なんかウボンで有名なお祭りの神輿みたいなもんらしいが、なかなか見た目がじっとりとした湿り気を帯びていて微妙に心に引っかかって残る絵面です。

image

いつものウボンの建物とは違う経路でロータリーまで通り抜けてきて「なんで??」と思ってましたがどうも空港構内を改装している模様。しかしなんかビニールシートでもかけておこうよ。オーナーが倒産して放置状態のビルみたい。。。

ウボンラチャターニー空港 2014年09月08日

Ubon Ratchatani Airport 3

前回の彼女の実家に行った時の写真。別にどうってことない空港内ロビーの写真ですが、ローカル空港の枯れた感じが落ち着く場所です。

Ubon Ratchatani Airport 1

Ubon Ratchatani Airport 2

特に何もありません。ただ、なが~い待ち時間の間に撮った2,3枚です。ちなみに最近の写真はiPhone5Sで撮ってSnapSeedで明暗や色合い調整して上げるか、NEX-6に初代アサヒペンタックスの標準レンズTakumarの55mm f1.8のレンズで撮ってLightroomで調整して上げるかのほぼ2通り。今回のはNEX-6+Takumar。解像度もあって丸ボケが綺麗に出て柔らかいボケ方を出してくれるこのレンズが非常にお気に入りなんであります。ガンガン使っていきたいけど、当然ながらフィルム機でのレンズで55mmの画角はAPS-C機だと1.5倍の約80mm相当になってちょっとアップ気味で使いにくい。このレンズを55mmのオリジナルの画角で使えるように、それだけの理由でフルサイズ、α7かα7rが欲しいところなんですがなかなかそれだけの理由で手が出るお値段ではありませんな。。。

SONY デジタル一眼カメラ α7 ボディ ILCE-7/B
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 12,060
SONY デジタル一眼カメラ α7R ボディ ILCE-7R/B
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 73,703