先日から話をしていた上田正樹のライブに行ってきた。17時開演と20時開演の2回公演。僕は20時からのチケットを購入。しかし会場がホテルっていうのはどういうことだろう?

行ってみるとVIE HOTELはBTS Ratchatewiの駅降りてすぐにできてる新興のホテル。こじんまりしてて中々上品な雰囲気なんだが、しかし、こういうところで大阪の兄ちゃんの歌を聞くのかと思ってたらステージは全然違いました。古い曲は「悲しい色やね」しかやらずほとんどの曲が新しい曲ばかり。

また上田正樹というと、日本でのヒット曲は「かなしい色やね」ぐらいだが、なんと韓国、インドネシア、マレーシアで2000年代に入ってからボンボンとヒット曲を飛ばしていた。FOREVER PEACE〜duet with REZA という曲がそうだが、これをインドネシアやマレーシアの各国で270万枚とか言ってたか。かなり儲かってるみたい。


↑ この曲?

ライブの企画をしているAYSYAという会社が上田正樹の印税の管理会社なんだろう。インドネシアやマレーシアにあってさらにタイにも作られている模様。アジアでのヒットは結構なもののようでそれなりにでかい金が舞い込んで来てるんでしょう。そういったお金を使ってアジアのこれからのミュージシャンを育てていく活動をしているみたい。KOH Mr. Saxmanが呼ばれているのもそういった流れ。上田正樹ファミリーの仲間入りですな。

しかもなんか健康食品の取り扱いもしてるようで、ライブに来たお客さん独り独りに試供品の提供なども行っていた。思ってより儲かってて商売もしっかりやってはるなあ、と感心しておりました。

と、音楽とは離れた話題でひとしきり感心してしておりましたが、そういう上田正樹さん、昔の曲を聴きたい気満々の日本人のお客さんとは別方向に新しい曲でがんばってました。やはり地場人気のKOH Mr. Saxmanが現場のテンションをぐっと上げて引っ張ってる感が強く、正樹先生もうまく若人を使ってる感じです。

しかし、後半は演奏のテンションも高く、タイ人のオーディエンスも素直な人が多く、かなり盛り上がっておりました。うーん、どちらかというとまたSaxophone PubでKOH Mr. Saxmanのステージが見たくなるライブでした。