タグ: yaowarat

Palmy の คิดมาก 2019年09月08日

最近新しいイヤホン買って自分の手持ちの音源をいろいろ聞き直したりしているが、久しぶりにこれを聴いた。Palmyの「คิดมาก」という曲。
これだけいろいろ音楽のネタを書きつつほとんどタイの音楽を書いていない自分ですが、

基本的に、

欧米英の音楽のほうが面白い(日本を含めアジアの音楽はコピーに聞こえる)
でも日本の音楽は日本語という理解度が深い言葉で歌われているため、別の感動がある
なのでアジアの音楽ならその国独特のフレイバーがあるものでないとほとんど手を出さない

という感じであります(極端に言うとね)。

なのでタイの音楽ってあまり聴いてないし、書かないし、という中でこのアーティストのこのアルバム(というよりこの曲かな?このPVかな?)はかなり好きなんだ。

このPVの古臭いノスタルジックなタイのデパート、中華街の個人商店、床屋の醸し出す旧市街感覚がとても懐かしくて大好き。今のコンドには10年ほど住んでますが、それまではこういう雰囲気のお店や町並みの中で住んでました。

カオサンの2本か3本ほど北の通り、バンランプーの衣料品市場のあたりのデパートに入ってみるとこういう感じですよ。

で、久しぶりに聴いてみて愕然、なんとこのアルバムでリリース年が2011年とな。つい最近のように思うんだけどすでに8年も経っているのか。時の流れは早いもの。

最近中華街、チャルンクルンの通りにも地下鉄が開通して、バンコクの中華街ですらこういう古臭い風景は徐々に時の流れに埋もれていく傾向ですが、あと数年もすればこのPVに写ってるような景観は本当に珍しいものになってしまうのかもしれない。

そして自分も年を取っていて愕然です。

Palmy 5
Palmy 5

posted with amazlet at 19.09.08
Palmy パーミー
GMM
売り上げランキング: 699,749

↑ CDは中古で売ってる。。。

バンコク、チャイナタウン写真館 2014年09月15日

というわけで週末のチャイナタウンブラブラ歩きの残りの写真を上げておきたいと思います。

DSC01186-2.jpg

DSC01187-3.jpg
↑ 相変わらず渋滞のヤワラート。

DSC01188-4.jpg
↑ ソイテキサスを抜けると、、

DSC01194-9.jpg
↑ 絶賛大工事中のジャルンクルン。昔から渋滞がひどかったけど、この工事のおかげで車だけでなく人も渋滞してたり。近々、この界隈にも地下鉄が通ることになるらしい。

DSC01189-5.jpg
↑ 燕の巣、フカヒレスープ。

DSC01195-10.jpg
↑ ああ!これは!殭屍先生〜〜〜!

DSC01223-25.jpg

DSC01235-32.jpg

そしてヤワラートの南側は屑鉄商を営んでいる個人商店みたいなのが多くて街全体が煤けている。北側は北側でミットパン通りに入るといきなり立ちんぼ然としたおねえちゃんが街に溢れていてさらに煤けた雰囲気に。

今までヤワラート界隈はバイクで通り抜けることはあっても渋滞がひどいのでめんどくさく、バイクをどこかに停めて歩きまわるということもなかった。なので今回初めてじっくり歩いてみてだいたい街の雰囲気はわかった感じです。楽しけりゃどこかのゲストハウスに泊まって朝イチのヤワラートの風景も見てみようかと思ってましたが、半日ほど歩いてみるとさしてそれ以上に興味が出るものでもなく、疲れたので普通に家に帰りました。。。

中華街の未踏のゲストハウス River View Guest Houseに行ってまいりました 2014年09月10日

DSC01225-27.jpg

チャオプラヤのボートに乗っているとパッククローン市場、サパーンプットから少しサパーンタクシン寄りに行った所に、River View Guest Houseという謎のゲストハウスがある。ちょうどジャルンクルンや、ヤワラートの近くのはずでその周りに他にホテルやゲストハウスは見えず、ただこのゲストハウスだけがポツンとチャイナタウンの比較的低いタウンハウスの群れから頭を出している。

ちょっと周辺の雰囲気が伺いしれないが、チャオプラヤからすぐ近くだからかなり景色はよいはずだと思って前から一度行ってみたかった。しかしWebを検索してても想像通りとてもややこしい場所にあり、チャイナタウンの細くて薄暗いソイを進んでいかなければならず、誰もその正確な道順を書いてる人が居ない。

今日頑張ってこのゲストハウスに向かったんだが、見事に道に迷った。しかも周りは屑鉄で商売をしてるのかタウンハウスの軒先に分解された車の鋳造部品を山のように積み上げて、地面はそのオイルで真っ黒に固まったような地面が続く狭いソイ。昼間だからまだ歩けたけど、日が暮れてからここをゲストハウス探して彷徨うなんて男でも気が引ける雰囲気であります。

ここで約一時間ほど迷いながらなんとかゲストハウスに到着。行き方をちゃんと書いておきます。

カメラロール-610
↑ フアランポーンからはまずこう行く。そしてGoogle MapでもちゃんとRiver View Guest Houseと出ているんだがこのマークの方向に行くとエライ暗いソイに入るのでビビる。

カメラロール-611
↑ 実際にはこう入らないといけない。

いやー、しかしわかりにくい。

DSC01226-28.jpg

ちなみにゲストハウスの入り口の前の通りはこんなトコである。まあ海外の場合、安いホテルやゲストハウスの入り口はホントの裏路地にあったりすることも多いがここは超奥まった場所。

念のためロビーで泊まる場合の値段を聞いてみたが1200THBからとのこと。ちなみにこの値段はLow FloorでリバービューのHigh Floorだともうちょっと値段が高くなるとのこと。部屋も見たがやっぱり老朽化が進んでいて上の値段だと十分に割高感を感じられる。

泊まることは考えからはずして最上階8階のレストランへ。ここがオープンエアのレストランで見晴らしが非常にいいとの評判。

DSC01228-26.jpg

DSC01227-29.jpg

DSC01230-31.jpg

DSC01231-30.jpg

大きなソファ完備で日曜日のお昼間、みな豪快に寝ておりました。確かにここ気持ちいいね。ちなみにいろんなウェブで見る限り飯はびっくりするほどまずいと評判なのでアイスコーヒーとアイスクリームだけ取って小一時間ほど休憩。130THBなり。

ここのレストランにはたまには友達連れて来るのもいいかもしれない。知らない人はなかなかたどり着けないから。

River View Guest House Bangkok, River Vibe Restaurant & Bar