タグ: vegetarian week

今年もまたベジウィーク、ママージェーロットタオフーヘットホーム 2019年09月03日

IMG_20190902_231550

今年もタイのこの時期の定例、菜食週間が近づいてるみたいです。セブンにはいつもは見慣れない菜食のカップ麺が。。いつものトムヤムジェーではなくて珍しいパッケージを見つけたので買ってみる。

IMG_20190902_231605

「มาม่าเจรสเต้าหู้เห็ดหอม ママージェーロットタオフーヘットホーム」

豆腐としいたけのベジラーメン。直訳するとこんな感じだろうか。パッケージからして非常に地味ーな感じ。しかし、これが意外と薄味で割と食べれるお味でした。このへんのインスタントはベジ向けと銘打っていても味の素バンバンで非常に味の濃いものも多いが、これはわりかし薄味。(とはいえ味の素もそれなりに感じますが)

具も薄揚げなんだかよくわからないハナクソ大の得体のしれない具がちょこっと入ってるだけで見た目貧相なこの豆腐しいたけラーメン、トムヤムジェーよりは美味しいと思うが、全然おすすめしない逸品です。。。

↑ こちらは普通のタイのトムヤムラーメン。

今年も กินเจ 2014年09月21日

The Nine Emperor Gods

今年もタイの菜食週間、กินเจ キンジェーの季節がやってきました。今回は風邪引きで家にこもりきっていた時に幾つか初めて食うセブンイレブンの冷凍食品を試してみたのでその写真を載せたいと思います。

image

これはタイでは一応中華料理のカテゴリに入るのかな?カイパローという、普通は卵や豚の三枚肉、鶏などを中華スパイスの五香粉を効かせたスープで煮込んだもの。これはそれのベジタリアンバージョンで ข้าวพะโล้เจ カーオパロージェー。厚揚げやシイタケ、三枚肉もグルテンで作ってあって割りと強い味付けになっているのでそこそこ食いごたえがあるようにしている。そして出来上がりがこれ。

image

なんか内容量が少ないなあ。ダイエット向きではありますが、普通の人はこれでは満足できんのじゃなかろうか。。。

image

はい、こちらはタイでよくある塩漬けのカマスの魚肉と菜っ葉の炒めもの、それのベジタリアンバージョン。 ข้าวคะน้าปลาเค็มเจ カーオカナープラーケムジェー。これも注文屋台や飲み屋なんかではどこでもある炒めものでご飯とよくあう、酒とよくあうメニューです。

image

こちらはかなり見た目合格ないい出来です。が、やっぱり内容量は少ない。とはいえこれで高くても65THB程度だったと思うので(あんまりちゃんと見てなかった)、日本円にして200円前後。高いのか安いのか?タイに8年も居れば65THBのタイ飯は安いとは感じないなあ。でもバンコクは物価上昇もとどまるところを知らないし。。味は可もなく不可もなくです。グルテンとソイプロテインの食感。

image

こちらセブンイレブンでいつも売っているCPのチキンソーセージやハム、のベジタリアンバージョン。

肉は多分こちらもグルテンなどで作ったフェイクミート。それでも味付けとかうまくやれば中々肉っぽくなって結構満足できる味になる。写真のものは今回初めてセブンイレブンで見かけたもので未だ食ったことない。いつもtopsというスーパーに売っているスパイシーベジソーセージは大好物。

セブンイレブンのベジタリアンソーセージ 2013年10月05日
↑ と思ったらソーセージは去年食ってるじゃん。印象薄かったんだな。全く覚えていない。

タイの7-11もどんどん商品が細分化されてきて、タイの消費者もどんどん消費者教育が進んできているような感じを受けますな。これがタイの地方に行くとやっぱりADSLのカッパーラインが行き届くところは大きな街周辺しかなく、ちょっと外れるとモバイルでインターネットに接続する以外に方法がなくて現状まだ3GのUnlimitedプランがないのでど田舎の若者たちはインターネット常時接続が実現できない。モバイル活用や情報格差って言う言葉が頭をちらついたりします。。。

なんか話が横にそれたな。まあ、コンビニでジャンクなベジタリアンメニューを買ってますが、やっぱり1番うまいのはオフィスビルの横にある食堂や屋台で ผัดหมี่เจ パットミージェー、ベジタリアン焼きそばを食うのが1番うまいです。すんげえ味付けがソフトで胃に優しい。

シーロム界隈ソイピパットのベジタリアン屋台 Tien Sin Vegetarian Food 2013年09月24日

IMG_20130924_115603

もうすぐ10月でタイの菜食週間、กินเจが多分始まりますが、一足先にกินเจの黄色い旗を見ているとタイのベジ飯が食いたくなりシーロム界隈で適当なベジ飯屋台がないものかとチェックしたところこんなところがWeb検索で引っかかって来ました。

Vanishing Vegetarian: Silom Soi Convent’s Hidden Street Food À la Carte Stand | Thai Street Food and Pictures | Eating Thai Food

ああ、またeatingthaifoodのMark Wiens氏のページからの情報。。。近場にもちゃんとベジ飯屋台があったのね。

でもまあ近くとはいえソイピパット。職場のあるSilom Complexから少し南下し、ソイコンベントをサトーン方面に歩いて途中で右折してしばらく歩いた右手にある。ちょっと歩くので雨降り続きのこの天候の中、珍しく晴れたお昼間に行ってきた。


View Bangkok Eating Thai Food Map in a larger map
↑ 場所はここ。

IMG_20130924_115626
↑ これがソイピパット。ソイコンベントから歩いて行って、右手を眺めると、

IMG_20130924_115629
↑ さらに小さいソイがある。

IMG_20130924_114515
↑ ソイの入り口にはちゃんとเจと書かれた看板が。

IMG_20130924_115538
↑ 知らない人が見ると全部肉料理に見えるかもしれないけど、フェイクミートや豆腐で作られた菜食料理です。ご飯は赤米入りの玄米。

ご飯におかず二品かけてもらって40THBだったかな?お値段は普通のSilomの屋台飯価格。レストランのベジ飯よりこっちのほうが気楽でいいや。ちょっと歩くけどSilom界隈でベジ飯が食いたくなった時に良いと思われます。