タグ: KIX

怒涛のブログ更新&バンコクへのフライト 2018年07月10日

20180710-223032-1

本日関空からバンコクへのフライトとなる日なんですが、フライト時間は23時55分なので晩までは時間がある。なのでこの日は溜まりに溜まっていたブログの更新デイとしました。

考えてみれば東京に行ってからは仕事の間はてんてこまいで、昼休みにブログ更新するなどの気力も起こらず、仕事終わって飯食って、酒飲んで。。。そうしたらこれまたブログ更新する時間も取れずでどんどん遅れが出てしまったのだ。。。

朝からパソコン前にしてゴリゴリ更新。一応7月7日からはちょこちょこ更新はしていたものの、この段階でブログは6月3日の更新が最後。かるーく30日分以上の更新が滞っているわけです。もー何も考えずにゴリゴリやる。一部スマホのメモに日記として書き留めておいた分もあるが、これはかなり大変だった。とりあえず7月10日で13日分を更新した。今までの人生でもこの量のブログ記事を更新したのは初めて。なんとかブログを現在のところまでアップデートしてバンコク着いたら改めてバンコク日記をリアルタイムで記していけるかなと考えていましたが、13日分更新してもまだ足りず。しょうがないからバンコク行ってからまた遅れを取り戻すこととする。

そしてこの記事をアップデートしている7月14日ですが、あと3日分まで追いついて来てなんとかなりそうな気分。多分来週からはリアルタイム更新に戻れると思います。

20180710-112329-2

20180710-090626-1

日本の最後の思い出に近所のショッピングモールのすがきやの特製らーめんと北河内のソウルフード、おんちのうどん。

20180710-195946-1

そして20時30分の寝屋川市駅発関空行きのリムジンバスで関空まで。なんと乗客は僕一人。豪華な貸切リムジンバスだが、流れ行く街の光が寂しくてたまらん。この一ヶ月好き勝手に日本をエンジョイしていたので一人日本を離れるのは自分で決めたこととは言えなかなか寂しいものがあります。

寂しいのどうのと言ってようがしっかり時間は過ぎ去ってくれて次の日はバンコクなんだから今日はこんな寂しい気分に存分に浸ろうと決めて飛行機に乗り込むのでした。

Air Asia のバンコク → 関空直航便の運行時間が変わっていた 2016年06月08日

すべての写真-822

僕が毎回日本の一時帰国の際に使用しているAirAsia(エアエイジア?日本語読みだとエアアジアか)のバンコクドンムアン空港から大阪関空への直行便XJ610ですが、フライト時間が微妙に変わっていました。

バンコク発関空行きエアアジア便が2016年3月よりフライト時間変更。終電に間に合うよ。

今までと比べて1時間早くなった!今までは関空着が22:40で入国審査、荷物の受取で早く出てきたとして23:00ぐらいでその時間の電車では僕の実家のある寝屋川までたどり着くバスも電車もなかった。なのでとりあえず電車乗って難波あたりで一泊するか、家族に車で迎えに来てもらうしかなかった。バックパッカーの人たちは関空のベンチで空港泊する人も結構いたみたい。

ところが、今回言われるまで気付かなかったが到着時間が1時間前倒しの時間帯となったのでたぶん空港から出てくる時間は22:00前後になるだろう。これなら多分寝屋川まで電車で行けるし、かなり到着後の交通の便がよくなるはず。これは嬉しい。次回からは家族にお願いしなくとも自分で帰れる!

んでもってこの便ってタイからノービザ2週間で観光にやってくるタイ人にも非常に安くて便利な便になるんじゃないでしょうか。空港から大阪市内までの自由度が高まったおかげでこの便もっと人気が高まりそう。今までこの交通の制限があるからこそ安いと思ってたが、安い時期を狙えば今までと変わらない価格でチケットも買えるし、個人的にはよりAirAsiaしか乗らなくなるんじゃないかと思います。。

上記のように考えて帰ってきたんですが、関空着いてみたら、入国ゲートが日本人向けは待ち人数5人程度で、五分で終了。一方外国人向けゲートは中国人がすんげー人数で並んでて軽く百人以上待ち。彼女の入国審査を待って待って。。結局一時間かかってたので元の便に乗ってた時と変わらんぐらいの時間に空港から出てくることとなりました。。

AirAsiaXのバンコクー関空 直行便 2014年12月05日

image

今回の大阪までの航空便、エアエイジアのバンコク関空直行便を押さえた。日程を見たらうまく安く買えるタイミングだったようで、預け入れ荷物、席予約などを入れず、航空券と燃料費、空港使用税のみのパッケージで往復で9000THB程度。馬鹿みたいに安い。一時期安くていいなあと思っていたが、一回利用しただけですぐ運行がストップしたビーマンバングラデシュの便が確か当時13000THBだったような記憶なのでさらにそれよりも安いのであります。

今回のAirAsiaXのチケット代

Flight Fee/Airport Tax 往復 8970THB
Check-in Baggage 20kg 往復 1400THB
席予約 往復 1000THB
機内食 往復 300THB
クレジット手数料 40THB

合計 11710THB

今回の便は国王誕生日の翌日というのが何か関係してるのかわからないがガラガラの便で、QuietSheetという普通の席予約が400THBのところを500THBと100THBの差分を払う特別席に座ってたので一番上の写真のように超ガラガラで一つのシマ三席を独占してLCCとは思えない快適フライト。

ただやっぱりこの便、到着時刻がかなり危ない時間に設定されていて22:40着となっている。

すべての写真-1789

そしてBaggage Pickupの電光掲示板に表示されてる連絡交通手段の時刻がこの通り。何もモタつかずすんなり入国審査や税関を通り抜けたとしても間に合うか微妙な時間。さらに行けても難波どまりというこの足の制限が航空券の安さに直結していると思う。そして今回のフライトはしっかり30分ほど遅延していた。

今回自分は実家の家族に車でピックアップしてもらったが、そういうピックアップがない人は辛い。

ただ、時間のある学生みたいな身分で費用をできるだけ削りたい人は到着後そのまま空港で朝まで過ごすという方法があってわざわざ難波に出るより、安全、清潔、明るい、あったかい、無料といい事だらけ。デメリットと言えば夜の時間が有効活用できない、メシが売ってない、風呂に入れないということぐらいか。人もそう多くないので電源のコンセントさえ見つければタブレットの電池切れも気にしなくていいし。そう考えると、この辺を許容できる男子学生なんかには結構人気の便になるのかもしれないなと思ったりした次第。

この関空行きの便、到着後の関空脱出交通機関の乗り継ぎだけ確保してからこれからも活用していきたい感じですな。

日本への一時帰国 2014年10月09日

Into the Airport Light
“Into the Airport Light by Alan Levine, on Flickr”

12月の第二週に日本一時帰国を決めました。ちょうどこの時期タイは12月5日にワンポー(父の日、国王誕生日です。)があり、10日も祝日で休みやすい感じだったのでこのあたりに決定。航空券もAirAsiaで取って8,970THB(約30,260円)。ただし、AirAsiaなんでこの費用の中には機内食や席のブッキング料金、預け荷物の料金は入ってません。席のブッキングもろもろ含めジャスト10,000THBぐらいとなりました。

これでバンコクから日本(大阪、関空)まで直行便で帰れる嬉しい時代。一番最初バンコクから日本へ飛んで帰った2006年当時スワンナプーム空港には日本へビーマンバングラディシュ航空が成田までの便を飛ばしていてそれを12,000THBだったか13,000THBだったかで乗った記憶がある。23:00ぐらいの出発時間だったが6時間、7時間とディレイしてずっと空港のベンチで文庫本を読んでいた記憶がある。今はそのビーマンバングラディシュよりもまだ安いんだもんねえ。

しかし、発着時間に癖があり要注意。バンコク発関空着は15:20-22:40となっていて関空のイミグレ抜けて到着ロビーまで出てきたら軽く23:00は回るでしょうから、空港からの足が限られる。一応バスが梅田、なんばまでは出ているらしいが、どうがんばっても公共交通機関で移動するにはその日はそのあたりが限界でしょう。僕は妹夫婦にお願いして車でピックアップしてもらえることになりました。

関空着バンコク着は00:10-04:00。まあ22:00頃から関空に入っていれば交通の便は気にすることないし、バンコク着が04:00となるが、深夜とはいえバンコク在住者で慣れた人ならちゃんと空港からタクシーがあるから問題はないでしょう。

たぶんバンコクー関空直行便はこれ以外の時間には飛んでないんじゃないかな?でもまあ非常に嬉しいお値打ち価格。

今回は大阪のみの帰省なので滞在中もほとんど金を使わないだろうなあ。ネットやKindleがあるので日本に帰って調達したい品というのもかなり少なくなって、実家の様子を見に帰る、家族会議、地元の友人に会う、以外は何も予定がない。冬なので鍋が食べたいなあ、ぐらいかな。それも高級なものでなく適当な鶏ちゃんこぐらいでオーケー。あとおでん食いたい。

最近は毎回買い込んでいた胃薬も買わなくなったしなあ。。

AirAsiaでの日本帰国 バンコク発KL経由関空便 2014年03月26日

妹の結婚式で日本へ一時帰国をするのですが、ちょっと今回はAirAsiaを試してみようと思い予約してみました。

バンコクー日本間であれば直通でだいたい6時間、いつも使っているキャセイパシフィックなら前回の場合、バンコクー香港ー大阪という乗り換え時間が約1時間の経由便で11:10−21:05の約10時間。今回のAirAsiaはバンコクークアラルンプールー大阪というコースでわざわざ遠回りして帰る道のりです。時間が18:55−8:25で13:30もかかります。。。

それでも機内預入れ荷物がなければ一人頭往復で12,000THBちょっと。キャセイの便がだいたい18,000−20,000THBぐらいしていたので6,000〜8,000THBの節約になる。これが2人ならもっとお安さ感が目立つ。

というわけで帰った訳だが、さすがに長時間なのでケツが痛かった。


↑ AirAsiaの機内誌 3sixty°、載ってる写真、記事が普通にキャセイやタイ航空の機内誌よりも全然目を引いて面白かった。


↑ KLに着いたらLCCT(Low Cost Carrier Terminal)までこんな鉄道駅の構内みたいな通路を歩いていく。しかもLCCTの建物までめちゃくちゃ遠い。。。


↑ KLのLCCT、構内。夜22時から1時までの待機だったが、人結構多かったなあ。


↑ コンセントは全埋まり。まああたり前の光景か。LCCTは無料のWiFiが用意されていたけどつないでもすぐになんか通信できなくなって再度接続しなおししたらつながるようになる、という繰り返しだった。

LCCT、なんか構内に入ったと同時に飲食店は閉店し始めた。なんか食おうと思ってメシを探すもそもそもマレーシアのリンギットを持ってないことに気がついてBangkok BankのPLUSマークのカードでリンギットでお金を引き出そうとするもATMはすべてOUT OF SERVICE。両替所の後ろにあるレートの電光掲示板にタイ・バーツの表示がなく、僕はどうしたらいいのかまったくわからない。。。と思ったらカウンターに置いてある小さな看板にはタイ・バーツの表記が。。。なんとか500THBだけを両替して売店でピタサンド買って食う。。。なんかKLは別に便利でもなんでもねえな。


↑ KLからKIX(大阪)までの飛行機はAirBusの330という機体。結構大きな奴だった。なんかこの若いころのビートたけしみたいな男の顔がワンポイント。

というわけでやっと13:30の移動時間を終えて大阪は関空に着いたが、実家のある寝屋川のとなりの枚方までのエアポートバスが朝09:15を過ぎると13時までバスが一本もなくなるという以外なフェイントで思いスーツケース引きずって電車で帰ることを余儀なくされもうヘトヘトになりました。。。桜の開花がどうのこうのと帰国前には言われていたにもかかわらず27日の帰国当日はびっくりするぐらい寒くて堪らなかった。。。しんどいことばっかでした。

うーん、しんどいけど一人ならまた使うかも。ディレイはなかったのでよかったかな。