タグ: entry

サタヒップマラソン 2017 が今年も開催 2017年02月21日

image

とりあえず出ますよー。

相変わらずタイ語オンリーのパンフの情報のみしかないので確認がてらまとめておきます。

開催日: 2017年07月02日(日)

場所:サタヒップ海軍基地内(下の地図のポイント)

スタート時間:
フルマラソン(42.195km) 03:30
ハーフマラソン(21.1km) 05:30
ミニマラソン(10km) 06:00
ファンラン(5km) 06:15
3kmウォーク(3km) 06:30

ゼッケン配布日:
2017年07月01日(土)13:00-19:00 もしくは 2017年07月02日(日)02:30-

参加費:
フルマラソン(42.195km) 800THB
ハーフマラソン(21.1km) 600THB
ミニマラソン(10km) 400THB
ファンラン(5km) 大人300THB(15歳以下無料?)
3kmウォーク(3km) 300THB

参加手順:
LINEの以下のどれかのアカウントにコンタクト取って、

chariya156, somosri, wat3851, jaruwat.narakorn

参加したい趣旨、名前、性別、年齢などを伝えて、

TMB Bank Saving Sattahip Branch:302-2-84479-3

に必要な費用を振り込めば申し込み終了。7月1日にゼッケンを取りにサタヒップの海軍基地に行けばいい感じです。

海軍基地周辺のきれいな環境と絶景に囲まれて楽しくマラソン出来ます。楽しみ!当日は周辺のホテルが軒並み満室になるので早めに宿もAgoda等で押さえておくのがよろしいかと。

Sattahip Marines Marathon 2015年07月05日

Sattahip
“Sattahip by George Lane, on Flickr” ↑ これ、何時の写真??

さて、6月はバンコクのハーフマラソンに出ておりましたが、7月はパタヤマラソンがあって前々から楽しみにしておりました。

パタヤマラソンの申し込みが開始したらすぐに申し込みを開始したんですが、今年はなんとエントリーフィーが2,200THB! ちょっと高くない??しかもまた外国人とタイ人の二重料金設定でタイ人は800THBだって。。ちょっとあからさまで嫌だなあ。。これを見て参加意欲が7割減ぐらいになってしまいました。。

んで、Jog and Joyとかでいろいろ7月開催で他にフルマラソンがないもんかと探していたらサタヒップマラソンというのが有りました。よくよく見るとSttahip Marines Marathonとなっていて、どうやら海軍主催のマラソンらしい。サタヒップはデカイ海軍基地があり、コースも基地の敷地内を走るようです。

参加費は600THB。案内はタイ語ばかり。しかもほんのちょっとしか内容書いてなくて後は電話かfacebookページかLINEで該当のアカウントに問い合わせしろという。電話してみたらやはり英語はほとんどわからない担当者が出て、わかりにくいからLINEにしろという。とりあえずLINEで教えてもらった銀行口座にエントリーフィー送金して、送金ナンバーの写真をiPhoneで撮ってLINEで送付。その他申し込み用紙もLINEで送られてきて印刷、記入、スキャン、LINE送付して終了。

ただ、申し込み用紙に、「宿泊場所予約」なんてのがあって「宿泊所を予約」「テントを予約」という二つのオプションがあった。海軍基地の中で宿泊所を開放してくれるのだろうか??面白そう。どうせ田舎だし車で行くから当日は宿泊所なくても近場のホテル探せば500~1,000THBぐらいでいくらでもあるでしょう。。

というわけで7月26日はサタヒップマラソン確定です。

5月はハートヤイマラソンに出場。初ハートヤイとなる。 2015年03月07日

Hatyai City

さて隔月で参加を計画しているフルマラソンですが、今回3月はナコンナヨックのクンダーンプラガーンチョンダムマラソン。次回5月は南部ハートヤイで開催されるハートヤイマラソンに参加予定です。

ハートヤイマラソンは一応インターナショナルマラソンてことになってるけど、これまたウェブサイトがややこしくてエントリ方法がわかりにくい。つい最近まで、「外国人は以下の番号に電話しろ!」以外何も書いてなくて「タイ語できない人にはハードル高いこと書いてあるなあ」と思っていたが申し込み方法のページが更新された。

หาดใหญ่มาราธอน 2015
↑ インターナショナルマラソンなのにサイトのタイトルもタイ語のみ。

ここがトップページでいろいろリンクをたどって、タイ語でしか書いてないリンクをクリックしたりしてここにたどり着く

หาดใหญ่มาราธอน 2015 : About the Marathon

ここの右のメニューの”Entries and Fees”を開くとフルマラソン、ハーフ、クォーター、ファンラン(4km)、学生用ファンラン(4km)があり、それぞれ参加費が600、350、250、200、50THBとなっている模様。

次に”How to Apply for the Run”にて参加申し込み方法が書いてある。これまた見にくい、読みにくい書き方してますが、シドニー・シェルダン本の超訳並に訳したいと思います。(具体的な口座番号やアドレスに関してはリンク先を御覧ください。)

1. フォームを埋めてFAXかE-mailで担当者のMiss Chawinaに送ること。
(E-mailアドレスが書いてない。。。)
そして銀行振込でSiam Commercial Bankの口座へお金を振込なさい。
そして振込の証書のコピーをFAXかE-mailでpaa_nui883@hotmail.com
(上記のMiss Chawinaさんのアドレスなのかどうなのかまでは明記されていない。
多分そうだと思うが。。)まで送りなさい。
(上記送った送金の証明になる)書類を保管しておいてください。
5月23日(土)にハートヤイのJiranakorn StadiumにてTシャツとマラソンの
ゼッケン受け取りの際に必要です。

2. 5月23日(土)11:00amから08:00pmの間もしくは
5月24日(日)05:30amから06:00amまでの間に現地で
登録(上記のTシャツとゼッケン受け取り)をしてください。

となっております。フォームはこちらのリンクとなっております。

หาดใหญ่มาราธอน 2015 : Download

とりあえずこれを印刷して必要事項を書き、E-mailで送って、銀行振込して、前日に現地でTシャツとゼッケン受け取ればいいということです。いつものマラソンの参加手続きと何も変わりません。

んでAirAsiaで航空券見てみたら22日金曜日晩のフライトで飛んで日曜日晩のフライトで帰ってくるパターンだと今押さえれば往復1,750THB程度で行けるし、ホテルも全然高くなくAgodaで見ても1,000THB以下のホテルがゴロゴロしてました。とりあえず気軽に行ってきます。マラソンとタイの南部料理が楽しみ。ちょっとだけ心配は南部で問題の深南部三県に隣接したソンクラー県の街なんでたまに爆弾が炸裂することもあり、それだけは勘弁ということで。。。

結局 Nokia Lumia 520、廉価版 Windows 8 Phoneを購入 その1 2014年03月23日

IMG_20140322_101454

というわけでNOKIAのLumia520を買いました。タイの携帯電話の殿堂MBKにて3,900THBと超リーズブルなフル機能Windows 8 Phone。

前回NOKIAのプロモーションビデオを載せてましたが、そもそも一番安いモデルのWindows 8 Phoneを買おうかといろいろ調べていたところでああいうインドインドしたビデオを見つけたんすよね。この低価格がウケてベトナムやインドではよく売れてるらしい。

IMG_20140322_101530

IMG_20140322_101603

パッケージは凄い簡素でUSBマイクロB接続のデータ転送ケーブルと充電器、ちょっと嬉しいのは色違いで換えのバックパネルが付いていた。この辺、昔のNOKIAの携帯電話同様に傷ついたり汚れたりしたら外側のケースを丸ごと交換してしまえば見た目は新品同様にできる。

IMG_20140322_101624

電話の作りも軽くて小さくてプラスチッキーで多少安っぽいのも否定できないですが、なんというか安い電話なんであまり細かいところ気にせずに多少手荒に扱うこともできる気楽があって逆に扱いやすい。

それでもソフト面ではフル機能のWindows 8 Phoneが載っているのだからちゃんと使うことができる。こんな低価格な機種の割に画面移行も非常にスムーズでぬるぬる動く。Android機ではこの価格帯のモデルでこれぐらいスムーズに動くマシンは今まで見たことない。(後述しますが、同じNOKIAのNokia Xでもこれと比べて全然モタつく動きしてます。)

Nokia Lumia 520 Specifications – Nokia
↑ びっちり使用詳細まで載ってるNOKIAのLumia520のページ。

カメラはのっぺりした色合いで昼間の撮影はそこそこ使えるが、夜間はノイズが多く、ブレがひどいので使えない。それでも価格から考えたら画質はいいほうなんかもしれない。

あと注目すべきはなぜか充電の速度が早い。チャージャーつないで1,2時間でフルまで充電できる。これは素晴らしい。単にバッテリの容量が少ないから早いだけか?と思って調べてみたら

Nokia Lumia 520 1430mAh
Google(LG) Nexus4 2100mAh
Samsung Galaxy S3 2100mAh

となっていて確かに容量少ないけど、それ以上に高速に充電できるように感じる。そういえば、iPhoneの場合USBで充電するのに、USBの4線のうちデータ線、D+とD-を200Ωの抵抗でつなぐ必要がある。Androidの場合はD+とD-を単純にショート。果たしてNokia Lumia、そしてWindows 8 Phoneの急速充電の条件とはなんなんだろうか?英語のサイトなどもいろいろざっと見てみたがQualcommのQuickChargeというシステムの話は出てくるが具体的な急速充電の条件みたいなものは書かれていなかった。。。

後、本体裏面のパネルが赤のものを買ったが黄色いパネルがもうひとつ付いていて気軽に着せ替えれるようになっていますが、パネルが外せるということはバッテリも交換できます。これなら思いバッテリパックを持ち歩くよりも換えのバッテリパックを持ち歩くほうが軽くていいし、最近のスマートフォンの嫌なところはiPhoneのようにSIMトレーがクリップのようなピンがないと取り出せないようになっているところなんですが、Lumia 520だとこのように簡単に取り外しができます。これ、旅行先とかでクリップなしで交換できるので便利。やっぱこっちのほうがいいよ。

cc

さて、長くなってきたので今回はハードウェア編として次回ソフトウェア編行きます。

ノキアジャパン Nokia Lumia 520 (Blue ブルー)SIMフリー【並行輸入品】
ノキアジャパン
売り上げランキング: 8,670