タグ: E-mail

カンボジアe-Visaサービスからこんなメールが。。 2014年08月13日

Kh_hb_mail

ふとGmailを開いてSpamフォルダを覗いてみると、なんやらカンボジアのe-Visa関連のメールが届いていた。15日からカンボジア入りしてAngkorWatのマラソンに参加するのでVisa関連でごちゃごちゃがあるとめんどくさいので見てみたらこんなメールだった。。。

通常On Arrivalでも取れるカンボジアビザをオンラインで10USDを追加して取得して付いてくるサービスがこれか。。。まあ悪気はないだろうけど。。。別に要らんなあ。。しかもSpamフォルダに分類されてしまってて、送信元のGmailアドレスからは別のサーバーから送られてますよーっていわゆるPhishingの可能性ありますよーって警告されてる。てか普通にevisa.mfaic.gov.khのドメインからメール送ればいいのに。何故に送信元をgmailにする??もしくはホントにPhising?でもメールの本文内にあるリンクもちゃんとカンボジアのGovernment関連のサイトだし、問題はなさそう。。。

まあこういうメール送らんでいいので後5USD値段下げてくれると嬉しいですな。

Lonely Planet 英語版eBookがほぼ全品8.99USD 2014年02月22日

Backpacker using tablet as map
“Backpacker using tablet as map” photo by microstockcommunity

今朝自分のGmailに届いていたLonely Planetからのプロモーションメール。「ああ、いつもの広告メールか」と思ってサラッと見て削除するかな、と思ってたが一番下のほうに「$10!」ってな文字が。よく読んでみるとプロモーションコード入れればPhraseBookとActivity Guides、Tripsシリーズ以外のeBookフォーマット(.pdf、.mobi、.epub)のものはすべて10USDになるとのこと。

あああ、こんないいプロモーションがメールの中に隠れていたか?!?実際にプロモーションコード入れてみると、分厚くて高いIndiaやChinaのロンプラもすべて10USDに。。いや、10USDじゃないぞ。なぜか一冊8.99USDになっている。。。これは買いや。。。というわけですぐさま4冊購入。eBook版を一つ購入するとpdfもmobiもepubも5回までダウンロードが可能。kindle Paperwhiteも持っているのでmobiもしっかりDL。

ちなみに、ロンプラのサイトの紙ベースの本の価格ともともとのeBook価格とで比べてみると、

Country / PaperBook / eBook / Promotion
Japan / 29.99USD / 20.99USD / 8.99USD
China / 31.99USD / 22.39USD / 8.99USD
India / 34.99USD / 24.99USD / 8.99USD
Australia / 31.99USD / 22.39USD / 8.99USD

このプロモーション、27日のmidnightつまり24時までとなっている。何時間でmidnightなんだかよくわからんけどとりあえずLonely PlanetのプロモーションメールSubscribeしてる人は25日(今日)の朝のメールをチェック。今日の晩はばんばんダウンロードですな。これは嬉しい。買っといて邪魔にならないのがeBookのいいところですな。

Lonely Planet Travel Guides and Travel Information
↑ 27日晩まで。

プッシュメールの仕組み?

iPhoneでプッシュ通知をTurnOffすることを忘れて、GPRSの高額な請求が来てしまったことがやはりまだ心配になり、GPRSの使い放題で安いプランがないかと探していると、タイのtrueという(本来、タイではこのtrueがオフィシャルにiPhoneを販売している)キャリアのGPRS/EDGE使い放題のプランが月250Bであることを知る。新規に番号を取得するためのSIMカードの購入もプリペイドで49Bで買える。

というわけで早速SIM購入&GPRS使い放題もActivation。

trueはバンコクのビジネスエリアであれば今は大概3Gをキャッチできるので下手な無線LANに接続するよりも高速で携帯からネットへの常時接続環境をゲットできるわけでございます。

というわけで晴れてプッシュメールをOn。

うわー、と引いてしまうぐらいバッテリ消費が早い。どんどんゲージが減っていって、昨日の晩は酔っ払ってたので寝る前にACにつなげるを忘れたら、起きたときにはLowバッテリーで電源が落ちてました。とりあえずフェッチの間隔は15分ごとから1時間ごとに変更したけど変化あるだろうか。。。

ちなみにプッシュメールですが、以前からこの機能はどのようにして実現されているのか非常に気になっていた。日本では携帯電話にEmailアドレスがあり、メール着信とともにリアルタイムに電話まで配信される。しかし、海外ではこのような機能は標準ではなく、基本的には皆リアルタイムのメッセージのやりとりはSMSを使用している。Emailは基本的に自分が能動的にメールボックスをチェックしないと着信があるかどうかはわからない。

そういう状況でBlackBerryやiPhoneのプッシュメール機能が重宝されるわけですが、Emailの基本的な仕組みを知っている人間なら、どういう風にプッシュを実現するのかが非常に疑問に思うはず。

で調べてみると、結構いろいろある。。。
1. SMSを使うパターン(mopera U)
2. IMAP IDLEを使うパターン(NOKIAなど)
3. HTTPSを使うパターン(Microsoft Direct Push)
4. その他(BlackBerry、Push-IMAPなど)

mopera UのEmail通知はSMSを利用して行われているらしい。mopera Uのメールボックスにメールが届くとすぐに携帯電話にSMSで通知が送信されてそのSMSをトリガーに携帯電話側からメールサーバへアクセスする仕組みとのこと。この場合、後述するが、GPRS/EDGEや無線LAN越しに常時接続を行う必要がなく、バッテリーの持ちはかなりよくなるはず。

参考:mopera wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/Mopera

IMAPを使う場合は、IMAP4のIDLEという機能を使うとのこと。携帯電話はIMAPサーバとの接続を維持したままアイドル(待機)状態に入り、定期的にKeepAliveのやり取りを行う。なので携帯電話が定期的にパケットのやりとりを行うため、GPRS/EDGEの回線をつなぎっ放しもしくは定期的にオープンする必要があるためGPRS/EDGEのつなぎ放題プランが必要なのと、バッテリー消費が著しいことは容易に想像がつきます。

参考:Utilz: Nokia E61 IMAP IDLE http://www.utilz.jp/wiki/E61Imap4Idle

ただし、この仕様はSMSなど携帯電話のネットワークにしか存在しない機能を使用しないので携帯電話に限らず、IPネットワークで接続ができる機器すべてに対して実装できるはず。Appleの場合iPhoneは問題ないが、iPod touchは携帯電話の機能がないのでSMS式のプッシュメールは使えなくなる。。。

iPhoneでYahoo!のプッシュメールを設定するときに、認証エラーが出た際などにサーバ名が表示されるが、サーバ名の一部にimapという単語が使われているため、yahoo!やMobileMeのプッシュメールはこの方式と思う。ちなみにIMAPではさらにPush-IMAP(P-IMAP)という形式もあるが、調べてみるとPush-IMAPこそ、プッシュでメールデータを携帯電話まで届けることを考慮した規格のようで、IMAP IDLEはその一部、という記述がWikipediaにある。

参考:Push-IMAP – Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Push-IMAP
参考:Push e-mail – Wikipedia http://en.wikipedia.org/wiki/Push_e-mail

ちなみに僕の場合、Yahoo!のプッシュメールを設定しても全然プッシュ通知してくれない。いろいろテストを行っているが今のところ完全にフェッチ式でしかメールが読めない。うーん。

そして職場のメールサーバはExchangeで構築されているんですが、こちらのプッシュはしっかり動いている。ExchangeはHTTP/HTTPSの通信を使ってプッシュの機能を実現している。サーバと携帯電話の間の通信をHTTPSを使って暗号化し、メールのコンテンツの傍受を防ぐことができる。そういえばIMAPの場合は通知を受け取って、メールの内容を確認するときの通信は暗号化されていないんじゃなかろうか。企業ユースの場合は暗号化は必須だろうから、IMAPよりもこのMicrosoftのDirect Pushが
好まれるでしょうな。

参考:Utilz: Nokia E61 IMAP IDLE http://www.utilz.jp/wiki/E61Imap4Idle

しかし、もう、職場のメールはプッシュでなくてもいいんです。仕事を押し付けられるような感覚があってこのメールはフェッチでいい。。。しかもがんがんスパムがプッシュされてきております。

で、あとBlackBerryのBESの仕組みは結局わからず。

以上がプッシュに関して調べた結果。つまるところ、iPhoneではExchangeサーバであれ、Yahoo!メール、MobileMeであれ、バッテリ消費の激しさとGPRS/EDGEつなぎ放題が必須ということは変わらずです。GPRS/EDGEの契約は気をつけないと卒倒してしまうような金額が請求されるの本当に注意。。。

あ、あと僕の記述に間違い等あるようでしたら教えてくださーい。