image

セブンイレブンでこんなものを見つけた。インスタントラーメンの”チーズとチキンボローニャ”とのこと。見るからに不味そうな商品なんだけど、こんな明らかに不味そうなもの見かけるとついつい買ってしまうじゃないですか。

image

で、この商品はラーメンじゃなくて、湯切りしてチーズのソースを絡めて食べるスパゲッティみたいなものらしく、上の写真のようなちゃっちい湯切りカバーが付いてます。

日本の場合だとインスタントラーメン業界の進化はすごいので日清のUFOのフタなんかも信じられないぐらい凝った意匠が施されているのですが、このフタは見てるとなんだか脱力しますな。。。このフタを見てるだけでも味のほうは「これは絶対不味いぞ」と想像力をかきたててくれるので期待大なんです。

image
↑ お湯投入、ふやかし中。

完成の状態を見ても不味そうだ。。。

image

完成したものを見ながら「あー、これは不味そうだ。全部食えるかな?まあ全部食う必要もないか。。」なんぞと独り言を言いながら眺めてました。

でも意外と食ってみるとこれはこれで食える。。もっともっと臭くてきつい味を覚悟してましたが思ったより大丈夫でした。インスタントラーメンの麺がそれほど特有の油臭さを主張してなかったのでジャンクな味ではありますがそれなりに食える味でした。

久しぶりに強力な一撃を放つ逸品を見つけられたかと思ったものの、これでは「バンコク不味いもの振興会」としてはあまり推薦できない中途半端な味です。普通に食えます。ただ、わざわざラーメンの麺でこんなスパゲティみたいな味は食わないかな。いずれにせよ中途半端ですー。