タグ: タイカレー

そしてタイカレーの老舗 メーヤウへ行く 2017年09月24日

image

ムルギーに行ったらやはり個人的にはメーヤウの激辛タイカレーも食いたい。同じカレーと呼ばれはするが結構ジャンルの違うカレーだと思うがなぜか自分の中ではムルギーとメーヤウが結びついている。

こちらも久しぶりの再会 渋谷のムルギーカレー 2017年09月20日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

だが残念なことに以前に行ったことのある早稲田のムルギーはどうも閉店しているよう。なので四谷三丁目の駅から信濃町のメーヤウに向かうことにしました。

お店は早稲田店の時と同じようなビルの地下。この雰囲気が懐かしい。

image

どどーん。タイグリーンカレー。780円。よくよく考えてみたらメーヤウのカレーはタイに足を踏み入れる前にしか食べたことがない。11年のタイ生活の後にどう感じるか??

「あ、これうまいわ。これもまたタイと同じカレー。」という印象。すごい現地のゲーンキャオワーンと同じ香り、味です。個人的には塩気が足らなかったので大量にナンプラー入れましたが、辛さもなかなか本格的、というかタイでもゲーンキャオワーンで気合入れて辛いところも少ないし。

シンプルにカレーとご飯だけですが、がっつり食ってきました(タイのぶっかけ飯の場合、ご飯の上にゲーンキャオワーンとさらにおかずのっけたりするからちょっとさびしいといえばさびしい)。

うーん、メーヤウもまたリピートですな。

今回のエアアジア機内食 2017年05月19日

image

今回の日本一時帰国もエアアジアを使用しました。なんと言っても安い。大人一人往復で20kgの預入荷物を往復で付けても12,000Tバーツ程度のお値段。そしていつものQuietSeatの予約と機内食の予約も忘れない。

LCCと言えど機内食のレベルは他の普通の航空会社の機内食とそうそう遜色はないです。(ただ普通の航空会社の機内食はメインデッシュのお弁当以外にもパンやらフルーツやらついてますが。。)LCCの場合事前に好きなメニュー選んで予約しておけるので何が食べれるかがわかるのでいいです。

image

行きはベジタリアンペナンカレーを注文。確か210バーツ。味は当然のことながらベジタリアンであれどジャンクなのですが、思ったよりかは多少多めに野菜が取れるのでまだいいほうかな?味はもろ冷食のタイカレー。

そして帰りの飛行機では食事は予約してなかったが、ちょうど腹が減ったので機内食サービス時に注文。またベジタリアンメニューを試そうとしたが、「今日はそれはない」の返答ばかりで結局在庫があったのはチキングリーンカレー。

image

image

開けてみると。。。「色、悪っ!」なんか食欲を失う系の色合いです。まあ所詮LCCやエコノミーの機内食なんで期待するほうが馬鹿ですが、それでも結構これは衝撃でした。お味のほうはまあ普通かな。当然ながら冷食グリーンカレー。

というわけでやはり食事は事前に予約。でないと機上では全然選択肢がないという状況になります。。。

แกงกาแฟ ปตท PTTのコーヒーカレー 2017年04月19日

image

タイの国道をしばらく走ると必ず見かける ปตท PTTというガソリンスタンド。ほとんどのPTTでアマゾンというカフェが併設されていて給油のついでにコーヒー一杯一休みが出来る。

「アイスカフェオレ持ち帰りで。あ、氷溶けて薄ーくなるから氷とコーヒー分けておいて」

とうちの彼女が注文したらこんな感じで出て来た。

タイの文化というか通例で言うとこれは至極真っ当なんだろうけど、コーヒーがどう見てもタイカレーに見える。「こりゃ、แกงกาแฟ ゲーンカーフェー(タイ式コーヒーカレー)だね」と言ったら彼女も555(数字の5はハーと読む。555で、ハハハ、笑い声の意味)と笑ってた。

カップの中の氷の溶けた水をざっと捨てて、袋のコーヒーをカップに開けて飲む。心成しかコーヒーが塩っぽい気がする。。。しないか。