タグ: サードパーティ

ブラザーのインクジェットプリンタ DCP-J567NとLC211インク互換インクタンク 2017年10月13日

image

日本でスキャナ・プリンタを部屋に買うべきかどうか結構考えておりました。というのも僕がタイに行っている11年の間、コンビニのプリントサービスやスキャンのサービスもかなり進歩しており、スキャナ・プリンタがなくてもコンビニが自宅近くにあるのであればそれほど苦労しない感じだったのでどうしようかしばし悩んでおりました。

が、やはり印刷も大事だけど公共料金の請求書、領収書なども基本的にはスキャンしてデジタル化、スキャンしたデータはデフォルトでOneDriveやiCloudのようなクラウドストレージに保存、そして原本の紙は廃棄するという方法を取りたかったので、そうなると結構な量を毎月スキャンすることになるなあ、と考えた段階でヨドバシでプリンタを買ってしまいました。

で、せっかく使うならインクは互換品、いや、タイに居てた時のようにCISSなビッグタンクを使いたい。いろいろ検索した結果。日本では

ブラザーのDCP-J567N(約8,000円)そしてアマゾンマーケットプレイスで買えるゼクーカラーのLC211(DCP-J567Nのインクの型番)互換のビッグタンク

がベストと考えました。他のCISS方式だとタンクから長ーいチューブでのインク供給なので最初のインク装填時に注射器で減圧したり加圧したりでプリントヘッドまでインクを送り込んでやらないといけないし、だいたいその時にインクこぼして床とか手とかが色に染まるのであります。結構めんどくさい。

だが、ブラザーのこのタイプのカートリッジはカートリッジ自体が巨大化していてインクをチューブに送り込む必要がなくて簡単装填。

image

そしてブラザーのものだとこのビッグタンクに純正品のカートリッジチップを載せ替えて、時々チップリセッターでチップの残インク情報をリセットしてやらないといけない。これも面倒。ただ、日本に出回っているビッグタンクの中でも永久チップと言ってリセッターなしでもプリンタから引き抜いた瞬間にチップが自動的にリセットするサードパーティのチップもあり、そのチップなら一回引き抜いて、再度刺し直すだけで再度使えるようになる。

image
↑ 問題なく一発認識。

また、これらのビッグタンクとチップをAliexpressなどで海外から安価に買う方法もあるが、チップやタンクを別々に買わないといけない上に、もし不良品が来たりした場合にはまた時間がかかる。その辺を考慮した上で日本の代理店からテスト済みのものを8,000円で購入。たぶんこれぐらいのお値段が最安値。

image

というわけで約16,000円でビッグタンクプリンタを入手しました。インクの切れよりもプリンタヘッドが詰まる現象が起こらないかがホントは心配です。今までどんなに頻繁に使っててもだいたい1年ぐらいでインクジェットプリンタって4色の色のうちどれかが出なくなって残念な結果になるんよねー。

↑ なんだか今見たら永久チップのビッグタンクが売ってなかった。。。これはチップリセッター付きのやつ。

Apple WatchのHidden Port 2015年07月03日

image

多分Apple Watchを持ってる人は知ってる、Apple Watchを持ってない人は知らないApple Watchの隠された拡張ポート。実はApple Watchのバンドの取り付け位置に小さなポートが付いていてどうやらそこからデータのやりとりやバッテリの充電が可能になるようだ。

Apple Watchの隠された6ピンポートを使って充電できるバッテリーバンド「Reserve Strap」 – GIGAZINE

ここにはバッテリの充電や故障時のトラブルシュートに使われると書かれているがこのサードパーティバンドのように拡張ポートして使われるんじゃないかと思っている。そうすれば新たにバンドに組み込むことでセンサーを追加するようなこともできるし、好きな機能を追加できる。

そういうようなことを考えると、Apple Watch Editionみたいなバカ高いApple Watchでも2年で製品寿命がつきてApple Watch2への買い替えを余儀なくされる、ということもなくもうちょっと長く使えるんじゃないのかな?

最初Apple WatchはPebbleの画面表示が綺麗なバージョンぐらいにしか感じてなかったけど、ハードの作りは素晴らしいし、こんな小さなデバイスに拡張ポートまでつけるというところを考えるとやっぱりAppleって面白いもの作ってくるなあとは思います。

ただ、まだまだソフト側がダメなんで面白い止まりで、「凄いなあ」と思えるところがほとんどないのが残念ですなー。