Blogタイトルの日付は1月ですが、もう更新が遅れまくっていて実際の更新日と日付の時間がずれているので気にしないでください。。。

さて、Netflixオリジナルの映画でなんとモトリークルーの自伝映画がやってきたのであります。さっそく今週ちょっと時間が取れたタイミングで見てしまいましたがな。

いろいろロックバンドのバイオグラフィー的な映画は観ておりますが、その中でもなかなか出来がいいほうではないかと思います。このバンドは若いうちはかなりめちゃくちゃだったんですな。そしてギタリストという花形のポジションをしめながら全然目立たなかったミック・マーズがなぜおとなしいのかもよくわかりました。

そしてそして、何にも増してこの映画で印象に残るのは劇中に出てくるオジーオズボーン。こいつは強烈です。鳩を食いちぎったとかいろんな逸話がありますが、普段からこんなことしてるやつなんだったら確かにたわむれに鳩を食いちぎったりしそうと妙になっとくしてしまう展開でした。このシーンだけでもNetflix入って見てみる価値ありかと。