タグ: regulation

じわじわとバンコクも住みにくい街に? 2018年09月16日

Bangkok

僕がバンコクに住み始めたのは2006年からで、2008年からホンダのWave100というスーパーカブの東南アジア版みたいなバイクに乗っております。で、先日のエントリにも書きましたがつい先日タイでは初めて125ccのスクーターを買いました。

が、バイクの登録でビザの提示とワークパーミットの提示が必要とのこと。少なくとも5年前にWave110を新調した際にはパスポートの顔写真のページは求められたけどビザまで求められなかった気が。。。ましてワークパーミットなんて全然必要ではなかった。

ワークパーミットが必要ということはタイでは外国人は働いている者以外はバイクは買えないということになる(友人や嫁さんの名義で買うというのは可能だが)。日本人感覚からいうとフラッとタイに来た外国人がバイク買って乗れるというのは意外な感覚かもしれないが、以前のタイはそんな感じでバイクの購入に関してはほぼノーチェック、簡単に買えた。

うーん、タイもなんだか普通の住みづらい街になってきているような気もしないでもないです。。。時間の経過というのは無情ですな。バンコクが普通の街になってしまっては何もおもしろくないぜ。

タイではドローンに続き3D Printerも海外からの輸入がダメらしい 2017年02月24日

Trio of hobbyist 3D printers.

ドローンのこまごました部品の作成に3D Printerを買おうかとおなじみのBang goodでいろいろ見比べていたのですが、タイ国内オンラインショッピングサイトのLazadaを見てみると格段にお値段がお高い。これは国内での購入はないなと思ってたのですが。。。

調べていくうちにこんな記事に出くわしました。。。

3ders.org – Thai government approves crippling import regulations on 3D printers due to gun fears | 3D Printer News & 3D Printing News

どうやらタイでは3D Printerの輸入に関しても規制がかかってるらしい。。今年の頭にBang goodからQX95というマイクロドローンとプロポのセットを購入しようとして関税でストップされてしまった嫌な思い出が湧き上がってきます。そう言えば昔3D Printerで銃を作ったやつが居たというニュースがありましたが、この輸入規制は勝手に銃を作ったりしないように輸入者は登録制になっている模様。めんどくせー。結局Lazadaで買うしかないのかなー。

一応買おうと思っていたReprap Prusa i3Xというモデルはハード自体もオープンソースなので自力でパーツを準備していけばkitを買わなくても作ることができるらしいが、みんなだいたい一台目はkitの3D Printerを買って、二台目はその一台目の3D Printerでプラスチックパーツを作成して組み上げている模様。何もない状態から3D Printerを組み上げるのはやはりつらそうな気がする。。。

うーん、中途半端に新しいものはこういう要らない規制がかかったりしますな。手を出すならもっと早くに出すべきか。2,3年前ならたぶんほとんどの人が知らず規制なんてまるでなかったでしょうから。。。

(タイの通例として完成品単体としてはストップがかかるが、部品ならオーケー、半分づつの不完全組み上げ品とかにして輸入するなら問題ないはず。。。しかし3D Printerはkitでの流通が多いから一台まるまる組み上げられるパーツとしての輸入は何か言われそうな気がします。。。)

HICTOP Reprap Prusa i3 3D プリンターキット DIY アクリル板 未組立 黒3dp-08bk
HIC Technology Company
売り上げランキング: 8,964

TOEICのテストでまたまた失敗 2013年10月19日

Exams Start... Now
“Exams Start… Now” photo by shinealight

半年に一回はTOEICか何かのテストを受けてとりあえず自分の英語力を数値化しておこう、こう今年の途中から考えていて仕事のカレンダーに半年ごとにリマインダを入れるようにしていた。

そしてそして試験の予約をして今日、朝8時に試験会場に向かった。前日の晩は会社の人と久しぶりにインド料理を食いに行ってたのだが、インド料理屋に入った途端、

「あ、TOEICってワークパーミットが必要じゃなかったかな??」

と思った。登録に際して試験前に写真入り身分証明書が必要、とあったのでパスポートは当然要るだろうと思って持ってきていたが、なんかウェブで調べていたところ(またタイのTOEICを実施している組織のウェブページがひどいぐらいわかりにくいページ構成なんですわ)、ワークパーミットって書いてあったような。。。いや、電話で受験予約した時に言われただけだったか??

どちらにせよインド料理屋に入った時点で19時は過ぎていて人事部の部屋の鍵はもう閉められているだろうから時すでに遅しなんだけど(ワークパーミットは会社預かり)。んで飯食いながらその話をすると「パスポートはわかるけど、ワークパーミットなんて英語の試験受けるのになんで必要なの?」と言われて、まあ確かにそれもそうだと考えていた。

そして次の日、土曜日のお休みの日に朝早く起きて試験会場まで行く。

「ワークパーミットないと試験を受けれませんよ、、、」
「なんで?」
「我々のポリシーで。。」
「そういうポリシーなのは知ってる。なんでそんなポリシーを設けてるの?」
「我々のポリシーで。。」
「だ・か・ら、ポリシーなのは知ってる。なんでそんなポリシーを設けてるの?」
「我々のポリシーで。。」

あ、なんかいつものパターンだ。押し問答。

「偉い人ちょっと呼んで」
「我々のポリシーです。ポリシー自体には意味はありません。」
「あ、そう意味もなくそういう制限を設けてるのね」
「ホントは意味がないわけじゃないんですけどね、内部処理の問題です」
「あ、そう。まあなんか処理が裏であるのね。。」

さっきの若い受付の兄ちゃんがあんまりにめんどくさそうな顔してるので

「あのね、生徒と先生じゃないっしょ?従業員と客でしょう、君と自分は。」

とだけ言って帰ってきた。。。休みの土曜日の朝、試験受けれず、必要書類ない場合試験受けれないだけでなく、空予約扱いになってペナルティ500THBが次回受験時に加算されるという、この情けない敗北感。。。正確にはどうもワークパーミットがない人は水曜日ともう一日何曜日かの週に2日しか受験できる日がないらしい。なんかもうウェブページがややこしくてちゃんと書いてるのか書いてないのかもわからない。。。

いやー、来週また受けに行くの癪だけど行くしかないか。。。いっそのことTOEFLかIELTSにすっか??いや定期的に受ける試験であんまり長いのは疲れるし。。。あぁ敗北感。。。