IMG_20130804_201614
↑ 屋台で買ってきたカノムパンサンカヤー。袋に食パンがみっちり入っていると魚の餌っぽく見えるが人様の食べ物です。

以前、シンガポールのカヤジャムを紹介したことがあったが、これのタイ版、ขนมปังสังขยา カノムパンサンカヤーをやっと食べることができた。このサンカヤー、いわゆるシンガポールのカヤジャムとほぼ同じ。シンガポールのカヤジャム with パンダンリーフだと緑色になると思いますが、タイの場合、緑色がデフォルト。同じようにパンダンリーフのタイ語、ใบเตย バイトゥーイが入ってて、ขนมปังสังขยาใบเตย カノムパンサンカヤーバイトゥーイとなります。

シンガポールのカヤジャムの場合、トーストしたパンに塗って、バターを載せてという作り方になるようですが、タイの場合は蒸したパンとサンカヤーが出てきてディップして食うスタイルが一般的みたい。

IMG_20130804_201807

IMG_20130804_201814

大体、ローカルの市場なんかで午前中によく売ってる。僕は自宅コンド前のコーヒー屋台で購入。これで25THB。パンが蒸してあるからなんか柔らかくてほっこりする感じ。しかもここのサンカヤーはとても甘さ控えめで食べやすかった。甘さとココナッツミルクの濃厚感とバイトゥーイの香りがとてもいい。個人的には油っぽさもなくカヤジャムよりこっちが好きかな。

セブン-イレブンで買う、サンカヤークリームパンも中のクリームがぼってりとかなり重いペースト状でそれほどうまくもないけど、こういう屋台で買うサンカヤーは暖かくてトロトロの食感がとてもうまい。朝食にとてもよさそうです。。。


↑ いつものFoodTravel.tvのレシピ動画