タグ: 551

ルームロンダリング、池田エライザの巨乳は551の焼売で出来ている? 2018年07月08日

今日は午後から梅田のシネ・リーブル梅田にて「ルームロンダリング」を観にいく。前々からコミックビームで漫画の方の原作を読んでいたので観れるなら観ていきたいと思って鑑賞。

しかし、シネ・リーブル梅田、JRの梅田(大阪駅)からシネ・リーブルのある梅田スカイビルまでの間に大きな空き地のようなものが広がっていて、どうにも梅田からは行きにくい、、、と感じていたが、どうやらグランフロント大阪の背後からスカイビルに向けて一本東西に抜け道があった。あったのはいいんだが、あまり不慣れな梅田の土地、ちょっと迷ってしまった。

シネ・リーブル梅田 | 様々なジャンルの良質な映画を幅広い世代へ提供する映画館
https://ttcg.jp/cinelibre_umeda/

ルームロンダリングは、わかりやすい展開であまりひねった展開もなく、映画で観るよりもテレビドラマで観るような作品かなあと思っていたらその通りでどうやらテレビドラマ化するらしい。脚本がわかりやすいのでテレビドラマ化したら結構人気が出るんじゃないだろうか。あと、あまり体のラインの出ないワンピースをずっと来ている主演の池田エライザだが、1シーンだけ自宅で寝る前に服脱いで下着姿になったときにめっちゃ巨乳でびっくりした。そればっかりが印象として残ってしまった。

しかし、これ書いてる現在(2018年07月13日)、コミックビームの最新刊を読んだが原作が映画化された脚本を追いかけて漫画化している状態。。。

そして梅田の地下で大阪人の街に出た時の定番お土産である551の蓬莱の焼売を購入。551と言えば定番は豚まんなんだが、晩飯には家族みんなで食う予定だったので豚まんなんか食うと腹一杯になってビールも飲めないので焼売にした。が、以外に家族からは「551は焼売もいけるねー」と好評でした。確かにエビ焼売も豚の焼売もどちらもうまかった。酒のつまみにはぴったりです。

日本一時帰国を彩る食べ物 2014年12月15日

image

日本一時帰国、それも12月の冬となれば飲兵衛なら魚が旨い時期と喜ぶ時期ですな。ただ、個人的にもう今は死ぬまで禁煙、禁酒を掲げておりまして、特段今はもう不満もなく実行出来ております。

2012年に15kg落としたダイエットから体重維持にいろいろ食事制限を設けてみたり、ベジタリアン式でしばらく通してみたりとただの体重維持ではつまらないので自分の体で食事を偏らせて人体実験をしたりしている関係で、日本に一時帰国してもそれほど食いたいと思うようなものがなくなりました。これはバンコクで日本の有名な外食チェーンがそれなりに進出してきていてほとんど不満がないという現状も手助けをしていますが。。。

そんな中、今回試したもの。結局ジャンクなものばかり食ってます。

1. ノンアルコールビール

友人宅での飲み会で「ノンアルコールビールあるよ!」と言われて飲んでみた。むかーしむかし、まだ中学生ぐらいの頃にバービカンというノンアルコールビールが売っていて、それを飲んだことがあるがただの苦い炭酸飲料と言った風情でうまくもなんともなかった。しかし、それから比べると時間も経っていて需要も増えて味はかなりまともなビールっぽい味になっていた。最初の飲み口にはふっとアルコールっぽい香りも鼻先を漂っていて「おお!これはホントにビールっぽいね」とは思ったものの、やはり体から酒が抜けた人間には合わないのか、はたまたただ単にノンアルコールビールはやっぱり本物にはかなわないのか、一缶飲んだらあとは手が出ず、お茶かただの炭酸を飲んでおりました。単純に体験として飲めてよかったかな。

2. マックナゲット with マスタードソース

タイのマクドにはマスタードソースがない。なので久しぶりに日本を思い出すマックナゲットのマスタードソース。めちゃうまいというほどでもないけど久しぶりのマスタードソース。懐かしくて嬉しかった。

image

3. マックシェークバニラ

シェークもタイのマクドでは売っていない。マクドのシェークはバニラフレーバーが超濃くてうまいですな。昔はマクドでシェーク頼むとどでかい紙コップに入って出てきた記憶だが、今回スモールで頼んだらホットコーヒーかと思うような小さな紙コップで出てきた。健康志向?それとも低価格化への対策で一杯の量を減らしている?とにもかくにもタイのマクドでも販売希望。

image

4. 551蓬莱の豚まん

大阪の中華と言えば王将(メインは京都王将、次点で大阪王将)。肉まんと言えば551の蓬莱や!コンビニで売ってる井村屋の肉まんもいいんやけどやっぱり線が細いやね。551の豚まんは皮もゴツくてちょっと見掛け倒し感もあるが、肉の味も濃く、皮もコンビニで売ってる奴より数倍重い。重量級であります。僕らは小学生の頃からこれで育ってるんや。親が大阪にお出掛け言うたらおみやげはだいたいこれか、一番下に書いたヒロタのシュークリームや!とかくいつもと変わらん安定の味で美味かったのう。

5. イナバのタイカレー缶

コンビニで購入。とりあえずツナレッドカレーを食ってみたが、確かにタイ料理の味ですな。若干日本人向けにココナッツミルクの脂っこい部分をソフトにしてる感はありますが、僕らタイ在住者が昼飯などにぶっかけメシ屋で食ってるタイカレーもあんな感じ。再現率はいいと思います。ご飯にかけて食べたらさぞ旨いだろうな思います。下手なタイ料理屋行くよりもうまいかもね。

image

6. びっくりドンキー チーズバーグステーキ

タイにはココイチやペッパーランチ、大戸屋や一風堂など様々な日系外食チェーンが出てきているので食い物には全然困らない現実があるが、今もまだ進出しておらず、そして多分これからも出ては来ないだろう外食分野、「ハンバーグ」の王様、びっくりドンキー。最近は一時帰国する度に食いに行くようになってます。これもど真ん中のチーズハンバーグをがっつりと。もう昔のようにわらじのようなハンバーグは食えないけど、うまいんだかうまくないんだかよくわからないびくドンハンバーグを堪能。

image

大体一時帰国の思い出深い食べ物はこんな感じ。上にも書いたとおり、一つだけ心残りなのがヒロタのシュークリーム、エクレアが食えなかった事。大阪散策の際に天満橋の京阪百貨店入り口でヒロタの販売コーナーを見かけたがこれから大阪散策という時にシュークリーム持って行けずせっかく見かけたのに買わずじまい。結局タイに帰るまでに食えなかった。残念。

次回誰かバンコクに来られる方、大阪に寄ってヒロタのシュークリーム買ってきて!