タグ: 電波

Air Pods第一世代、左側だけつながらんようになってしまった 2019年11月27日

Air Pods

今、メインのイヤホンはKZの有線のものに切り替えているんだけど、日本に一時帰国するにあたって空港内とかで無線のほうが便利かもしれないと思って一応AppleのAir Pods(第一世代)も持って行ったが、使ってみると左のイヤホンだけ音がしない。

以前に2、3回だけ経験があって、その時は一旦充電ケースに戻して取り出し直す、スマホとのペアリングをし直すなどで回避出来てたんだが、今回はiPad再起動しようが、Bluetoothのペアリング解除から再度ぺエアリングしようが、とにかく長時間充電しようが、何も変わらない。

やっぱ壊れちゃったんかね?しかし、左側のイヤホンが充電されててちゃんと起動してるのかどうかもイマイチ判断がつかない。一応iPad側の表示では左右合わせて充電100%とは出ているものの、ホントに左側が正常起動しているのかを確認する手段がなくて不安。

もしくは充電端子の接触が悪いなどでまったく充電されておらず、左側だけ起動してないとか?イヤホン本体や充電ケースに画面もステータスLEDもないからこういう時面倒ですな。

そして先の記事でも書いたがiPad Proは今までの単純なUSB-C <-> 3.5mm オーディオジャックの変換ケーブルでは音楽が聴けない仕様でなかなかに困りました。

Air Pods Pro?買う?でもスマホはAndroidだからなあ。。KZをBT化させるか。。。

先日完全ワイヤレスなBluetoothヘッドホンEARINなど買ってみたら今度はAppleが同じようなヘッドホンを作ってきた 2016年09月06日

image

先日左右のイヤーピースを結ぶケーブルすらないBluetoothキーボード EARINを買ってデザインや音質はなかなかいいがどうにも外出時に音の途切れがひどいなんてことを書きました。

EARIN WIRELESS IN-EAR HEADPHONE 2016年08月09日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

一旦バッテリの電気を完全に抜き、ヘッドホンの状態を完全リセットした状態にして、ちょっと安定したかなと思いましたが、やはりすぐに音の途切れが再発。

EARINの音声途切れがひどくて。。。 2016年08月12日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

うまく使えない日々が続いたので何回かスウェーデンのメーカーのユーザーサポートにメールで問い合わせしたりしてました。EARINはスマホからBluetoothで飛んできた音楽データを一旦左のイヤーピースで受け取り左のイヤーピースが右のイヤーピースにさらに音声データを飛ばしステレオ再生するんですが、ある日聞いてる時に左のイヤーピースを手ですっぽりと覆ってしまうと右のイヤーピースの音声が途切れてしまうことを発見。

この程度で影響を受けてしまう電波感度って個人的には仕様というには弱すぎでもしかしたら不具合なんじゃないかと思ってもう一回メールでといあわせしましたが、結局返答は「仕様」とのこと。

しかし、これが仕様だと言われても「ホントに?」「それでだいじょうぶなの?」とちょっと疑問が拭えない感じ。

EARIN使用を諦めようかな。。10,000バーツもしたのにちょっと残念な感じですが外では使えないなあ。多分干渉電波が強すぎるんでしょう。ヨーロッパのとかだとだいじょうぶなんかなあ。。。いや、にわかにこれでだいじょうぶだというのは信じがたい感じではあるんですけど。。。

そこへ来てまた今回Appleが完全ワイヤレスなヘッドホンAir PodsをリリースしてきたのでiPhone7は見送りしつつAir Podsは買ってしまいそうな雰囲気が満々です。

たぶんAir Podsは白い棒の部分にアンテナ仕込んでるでしょうからああいう設計なら電波受信感度はEARINよりかはだいぶ安定するんじゃないかな?と思います。。。うん、買うな。

Bluetoothの電波状況が供給電源で左右される?? 2016年04月01日

Custom iPhone 3GS Car Mount

最近またiPhone族に戻りましたが、つい先日まではAndroid族でNexus6を使ってました。基本的に車の運転中はシガーライターのソケットにUSBカーチャージャーを刺して、Nexus6につなぐ。これで充電しながら音楽再生し、Bluetoothでレシーバーに音声飛ばしてカーステから流しているんですが、再生後1時間ぐらい経つとBluetoothがNexus6とレシーバー間でぶつぶつ切れて結構ストレスになっていた。そもそもはレシーバーがiPhone前提で設計されてるっぽいので、Androidとはうまくいかんのかな?とも思っていた。

この時使っていたシガライターに刺す充電器がAnkerの2口のもので、これがNexus6では充電が遅く、せっかくQC2.0対応のNexus6なんだから充電器もQC2.0のものにしよう、と別の充電器を買ってきた。AnkerのものだとiPhoneへの充電は十分な速度あるんだがNexus6はGoogle Mapと音楽再生をしてるとその時の充電のパーセンテージをキープするのがギリギリぐらいの充電速度。外出時にこれではちょっとつらい。で、タイの携帯の殿堂MBKのA.O.B. Mobileで仕入れてきたAukeyのQC2.0対応充電器に変えてみるとさすがに家で充電してる時よりかは遅いが、それでもちゃんと1時間で数十パーセントも充電できるレベルだったので満足していた。

で、3月の中旬に彼女のお父さんがなくなってバンコクからヤソトンまでの550kmを往復した際に気づいたんですが「Bluetoothが切れない」

えー、電源だったんか。。。とちょっとした驚き。

Low Powerな電源だとBluetoothも電波の安定性に影響が出るもんなんですな。。とはいえAnkerのやつも5V2.4Aまでは出る12Wタイプのもので、AukeyのQC2.0は最大18W。そんなに大きくは変わらん気がするんだけど変えた途端にBluetoothの途切れはなくなったのでそういうことなんでしょう。

で、そんな体験も虚しく、今はiPhone族という相変わらずのふらふらした性分です。

↑ 買ったAukeyはこれでQC3.0となってるけど下位互換はあるのでQC2.0充電になる。

↑ 買ったAnkerのほうはこちら。なぜかNexus6と相性が悪かった。