タグ: 温泉

ポン・アーン温泉 2018年08月31日

20180830-132214-5

チェンマイからソンテウチャーターして行ったドイ・アンカーンの途中で寄った地味な温泉。

ちょうどチェンマイとドイ・アンカーンの中間にある。しかしソンテウの運転手はこの道は初めて通ると行っていた。たぶんマイナーな温泉なんだろう。チェンマイだとすぐ近くにサンカムペーンという温泉があって、そこのほうがずっと人気があるっぽい。

しかもオフシーズンに行ったものだから本当に敷地内には人っ子一人居なかった。完全貸し切り。とは言っても嬉しさは何もこみ上げてこない。完全に無視された温泉としてひなびた感もあり。そうした侘しさを感じるために行くのはいいかもしれない。

20180830-133617-13

20180830-134011-14

吹き出している温泉は確か58度と51度だったはず。裸足になって足を浸すことはとりあえずできるけどかなり熱い。

20180830-133405-11

20180830-133402-9

その温泉水をちょっと下流に流して温度を下げた湯船?があった。足をつけてみるとちょうどいいぐらいの温度にはなっているが、全身で浸かりたいとはあまり思わない風景である。

20180830-132955-8

なんかの解説。。。読めない。。。最果て感を味わいたい方にはちょうどいい温泉地かと思います。ものの10分であとにしました。

ホテル三日月紀行 1日め 2018年07月01日

僕の溜まり場ごちの常連のみなさんと関東人のノスタルジー、伊東の「ハトヤ」に泊まりに行く予定が途中変更になり、これまたノスタルジー「ホテル三日月」に泊まりに行くことになりました。伊東のハトヤ同様関東ローカルで昔からテレビCMしていてそのCMソングが有名。大阪で言えば何だろう?

この辺かな?ローカルCMでCMソングが耳にこびりついていると言えば関西だとホテル系はこれかな。

で東京の新宿駅南口のバスタからバスで木更津の金田バスターミナルまで、そしてホテル三日月送迎バスに乗り換えて1時間ちょいぐらいでホテルまで到着。アクアラインのお膝元で天気がいい日は客室からも東京湾を挟んで富士山を見ることもできる竜宮城スパホテル三日月。確かに東京からアクセスがよくちょっとの時間で喧騒から離れてグダッとした温泉泊を楽しめる。

そして東京の初夏は暑い。来るまででもすでに自分はもう結構汗をかいていたのでホテルの客室についてエアコンを入れたのちは部屋の畳にケツが張り付いてしまった。他の人はプールだ、風呂だという中でグダグダ組の男二人でテレビに繋いだFire Stick TVでえんえんとyoutube合戦。80sポップなPVからFishmans+UAから夏の日差しが暑い中、青空を窓ガラス一枚挟んでエアコンガンガンに聞かせて脳から溶けていく日曜の昼下がり。最高ですなー。

「ビール何本開けてるんすか?!」と言われてふと気がついた。ビールがなくなっては館内の自販機に走って4本、5本とビールを買ってきたら20本分ぐらいテーブルの上にビールが空いてたらしい。自分ははっきりと覚えていない。

結局、露天風呂などが閉まる時間までボケーっとしていて、その後に重い腰をあげて風呂に行ったら流石に色々ある変わり種の風呂は閉まっていて、それどころかサウナまでしまっていた。大浴場の2つのお湯だけが使える状態でとりあえずそれに使って、100円のフットマッサージマシンで足をもんでもらって大満足。とは言え、風呂を楽しむ人は露天風呂が閉まるまでには風呂に入った方が良いでしょうな。

その後は、垣根 涼介「ワイルド・ソウル」を読み始めて自分ははるか遠きブラジルのアマゾンへと瞬間移動しておりました。襲い来る眠気と戦いながらkindleでワイルド・ソウルを読みながら夜は更けていく。。。

温泉アンビエント Naturally Gushing 2016年09月17日

サワサキヨシヒロ先生がやっておられる Naturally Gushingですが、これもまたちょっと懐かし目の音色のアンビエントじゃないですか。そしてサワサキ先生は温泉に向かってられたのでした!

以下、上の温泉映像の説明欄から転載です。

温泉復古の大号令!!

見なくてもいい、ただ流していればいい。

極上の”たいくつ”を味わう、極楽音泉温楽&映像かけ流し!

日本のテクノ・オリジネイターの一人として知られる奇才クリエイター、「温仙人」【サワサキヨシヒロ】が手がける、世界初の”温泉”オーディオ×ヴィジュアルBGV(Back Ground Visual)!

自然に湧き出すお湯の映像と、アンビエントサウンドのあまりの気持ち良さに爆睡者続出! ブライアン・イーノ「Music for Airport」ならぬ「Music for Onsen」な、究極の温泉アートフィルム。これさえあれば、自宅にいながらにして自然湧出温泉のNatural Gushing High!を仮想体験できる、全く新しいスタイルで鑑賞するヴィジュアル・インテリアの決定盤です!

「NATURALLY GUSHING」とは「自然に湧出する」という意味。自然湧出の温泉こそ、本来の本物の温泉であるという思いを音楽に込めて。NaturallyGushing DVD

とのことです。サワサキ先生の温泉アンビエントワークス!いやー、自分ももう41だからかこの映像見てると確かに体が弛緩してくるわ。久しぶりに温泉入りたくてしょうがなくなります。。。

こういう温泉映像とサワサキ先生のアンビエントワークスが合体したDVDが市販されているとのこと。

「見なくていいんだよ!流してればいい」
「爆睡者続出!」

爆睡者続出!そらそうや。家でも風呂上がりなんかにぼやっと見てれば安眠間違い無し。。。

確かに音も映像も単体で切り離しても非常に気持ちいいですな。これ、実際の温泉地で見たいなあ。なんか7月4,5日も兵庫県は湯村温泉でシンセ温泉というイベントがあったみたいで、(違った。多分これ2015年だ。。。)「温泉入って、風呂上がりアンビエント」なんて幸せな企画だ。。確実に、

爆睡者続出!

でしょうな。次回このイベントに合わせて日本帰国したいぐらいの素晴らしいイベント。とりあえず音はApple Musicでいくつか聴けるし、映像はYoutubeかな。コンプリートするにはDVDって感じになるのかな。

あー、温泉行きたいべー。

Naturally Gushing vol.1
Naturally Gushing vol.1

posted with amazlet at 16.09.16
NATURALLY GUSHING (2008-08-07)
NATURALLY GUSHING vol.1 [長野県] 渋温泉 - 地獄谷温泉 - 熊の湯温泉 [DVD]
OMEGA TRIIBE (2009-10-07)
売り上げランキング: 265,772