タグ: フォーマット

やっぱりParagonのIMAXは凄かった 2019年12月25日

Krungsri Imax

Star Wars ep9、一回目はICONSIAMのIMAXで観て、二回目はCentral Worldの普通のデジタルシネマで観て、三回目にしてやっとSiam ParagonのKrungsri IMAXシアターで観てきました。

直前にチケットをブッキングしたので後方列の良い席が取れず、前から四列目のちょっと首が疲れそうな位置で観て来たんですが、さすがIMAX。

前から四列目、H19の席で観ましたが、ここ音響および画面の距離、視野角的に最高でした。場所のせいなのかわからないが今回が今までここで観た映画の中で最高の音質音圧、そして目の可視範囲ギリギリに広がるスクリーン。三回目のep9ですが、今回が一番良かった!それぐらいやっぱIMAXいいですな。

さらにはちゃんとIMAXの予告でTENETもやっていた。「Shot on IMAX」と画面にデカデカと明示されていて、予告編の間は始終1.44:1のIMAXスクリーンを100%活かせるアスペクト比。今までここで映画観て来たけど、ちゃんとIMAXで撮ったスクリーン観ると違いますな。やっぱこれだけデカイスクリーンを1.44:1で使えるフォーマットで撮ったやつで観ないと宝の持ち腐れになってしまう。今回TENETでちゃんとそれが観れたのもよかった。

TENETはParagonで観ようと思いました。

Frsky Taranis Plus、なぜか単純なファームウェアアップデートでまた一時文鎮化、マルチプロトコルモジュールは永眠 2017年02月26日

image

Bang goodからFS-TH9XやFrsky Taranis Plus X9Dなどの背面にあるモジュールスロットに挿して様々なメーカーが採用している無線プロトコルを使える4-in-1 Multiprotocol Moduleが届いた。

2.4G CC2500 A7105 Flysky Frsky Devo DSM2 Multiprotocol TX Module With Antenna Sale – Banggood.com

image
↑ ここに挿して使います。

使用するには対応したファームウェアをプロポにインストールする必要があるので早速セットアップしようと、TaranisのSD引っこ抜いてWindowsマシンでMultiprotocol Module に対応したファームウェアをSDにコピーし、YawとRollのトリムを本体中心に向けて押し込んだ状態でスイッチオン、BOOTLOADERが立ち上がり、”Write Firmware”を選択、さっきSDにコピーしたFirmwareを選択、適用!

プログレスバーが100%まで行って完了。今回はなんの問題もなかったなと思いきや、再起動しても音もしないし、画面にも全く何も映らない。バックライトも光らない。。がびーん!!なんでここでつまづくかなあ。。。

悩んで悩んで2、3時間。たぶんSDにファイルコピーする時にBOOTLOADER状態でPCにつないで外部USBメディアとして認識させた時になんだか不整合が起きてファイルシステムが壊れてたのかも。。。その後、同じファームウェアをフラッシュしようとしても、Invalid Fileと出たりイマイチ動作がおかしい。

WindowsマシンでSDをFAT32で再フォーマットして/SOUNDSや/BMPのフォルダを再配置、DLしたfirmwareをコピー、そしてTaranisにMultiprotocol Module を挿した状態で(ここがポイントかもしれないが)Write Firmware!

。。成功!!!。。!!!

ドローン周りのツールはめんどくさいです。。Arduinoがめんどくさいのか??

その後、1,300バーツほどしたMultiprotocol Moduleですがセットアップは完了しつつも実際にドローンとBind出来ないのでいろいろトライしてたら、基盤のはんだでブリッジしてた箇所をいじり過ぎて、熱で米粒の4分の1ほどのサイズの抵抗が取れてしまいお亡くなりに。。

あーもう!イライラする!