タグ: パタヤ

パタヤのイケてるタイ中華 BETONG FISHING PARK 2017年09月05日

image

日本に戻るのでいろいろな人に挨拶に回る日々ですが、パタヤで連れて行ってもらったレストランで「บ่อตกปลา เบตง BETONG FISHING PARK」名前のとおり釣り堀なんですが、だいたいタイの釣り堀というのは飯も食えて酒も飲めるようになっております。なので今回は釣り堀で飲んだということになるんですが、このレストランがなんとも飯がうまい。(別に釣りをしなくとも飯だけ食いに来ても全然オーケー)

image

ไก่เบตง ガイベートンという蒸鶏みたいな料理。これがまた醤油とにんにくベースのタレがかかっていていかにも中華な雰囲気。ベートンというのはタイの深南部三県のさらにマレーシアよりにある町でだいぶ前にタイでも映画のテーマとなった町。ガイベートンというのはベートン式の鳥料理っていうことになるんかな?これが非常にうまい。

オーケー・ベートン! 2015年05月29日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

image

หอยมะระ ซาซิมิ ホイマラという種類の貝の刺し身。醤油とワサビ出してくれるのでそれで食べる。ちなみに写真の身の下は氷でちゃんと冷やしてくれてます。これが臭みなくなかなか淡白でおいしい。だいたいタイに来て日本料理屋でも刺し身なんて「まーだいたいこんな感じかなー」程度のものしか食ったことなかったけど、これはなかなかに高得点。タイでは貝は食わないことにしている自分もパクパク食ってしまった。

image

หมูเกาหยุก ムーカオユックというお料理。豚の三枚肉と芋をスライスしたものをタオチアオや醤油みたいなもので絡めて炒めてあるのかな?豚バラ煮込みの変化球バージョンみたいでおいしい。芋と三枚肉という珍しい組み合わせも悪くない。

image

ผัดฉ่าทะเล パッチャータレー。これは割りとどこの飯屋でもあるタイ料理でパッチャーやパッキーマオと言われて「酔っ払い炒め」、酒飲みが好きそうな辛くてタイハーブいっぱいのスパイシーな炒め料理。このパッチャーは調味料の味付けが薄く、辛さとタイハーブの香りだけで勝負してるような味付けで、他のお店ではなかなかない味構成。ただ単純にオイスターソース入れ忘れたとか、そういう事故かもしれない(まだ1回しか食ったことないし)が、しかしこの味の抜けの良さとハーブの効きの良さは最高でした。

だいたいパタヤでタイ飯食ったってそれほどうまいところは珍しいと思うのでちょっと変わったところ、うまいタイ飯を食いたいということでしたらここに言ってみるのもいいかもしれません。

場所はノースパタヤの通りに近い場所。割りとこの辺は町並みがうるさくなくて落ち着いてていいです。目印は一番上の画像の看板ですな。

Grand Palazzo Pattaya にてGrand Suiteの部屋を取る 2017年09月04日

image

さてさて知り合いの人に会うためにパタヤに出向いていったんですが晩に酒を飲むため必然的にその日は泊まり。どこか宿を押さえないとな~ってことでちょっと今回はお金かけていい部屋を取ってみました。

5-Star Hotel In Central Pattaya – Grand Palazzo Hotel

Agodaで当日に予約しようとしたら安い部屋はフルになっていてとりあえずGrand Suiteの60平米の部屋を。一泊4,148バーツ。そしてチェックイン時にデポジットで1,000バーツ(当然これはチェックアウトの際に返ってきます)。

場所はノースパタヤにほど近い場所ですな。

所感、

良い点

  • 建物が新しくてよい
  • ロビーも部屋もめちゃ広い
  • バスルームから海が見える
  • バルコニーも広くてよい
  • ホテルの出口に7-11がある
  • ホテルの道路挟んで向かいにはBig-CとCentral Marina。フードコートあり、スタバあり
  • パタヤのホントの中心地からはちょっと離れているので割りと静か。ゴミゴミしくない

残念な店

  • 冷蔵庫にはドリンクなし。わざわざルームサービスを呼ぶのがめんどくさいのでコーラとかビールとか最初から冷蔵庫に飲み物入れててくれればいいのに
  • ちょっと海から遠い
  • ファシリティは最低限。シンプルでいいが、もうちょっといろいろあってもいいかも
  • お値段はそれなりに高い 4,148バーツ
  • パタヤ中心地からちょっと離れているのでウォーキングストリートとかで遊びたい人とかには少し不便かも

こんな感じか?個人的には

  • 高層階
  • 広めのバルコニー付き
  • 広い部屋
  • ゴロゴロするのに適したソファー

この辺がカバーされてれば得点は高い。今回はなかなかよかった。ただもし以降パタヤに泊まることがあるとしてもこのお値段ではちょっとつらいのでもう少しお値段安い部屋を取って行くかな。ホテル自体はいいと思います。以下はホテルの写真。

image

image

image

image

image

image

image

image

パタヤの古参メキシカン Tequila Reef Cantina 2016年11月01日

image

何回も書いてますが先月はチョンブリでの現地作業で数日泊りがけという状況だったので久しぶりにパタヤで知り合いの方と会食。懐かしのメキシカン屋、Tequila Reef Cantinaへ。

と言いつつ、実はこの店は長いこと来てなくて、待ち合わせの際に店の名前すら思い出せなかったレベル。

「あー、あの、セントラルパタヤのすぐ近くの、ソイ7?ソイ8?あのへんにあったメキシカンのお店っすよ。」

ってな感じ。

改めて思い出してみると前回このお店に来たのは2010年の赤服の騒乱の時でした。赤服軍団が政府側と揉めている時には家にこもって状況をTwitterやテレビなどで見ていたが、赤服幹部が投降して、その残党がセントラルワールドに火を付けたり、アヌサワリのセンターワンもとばっちりを受けて全焼したり、でバンコク各所から火の手が上がりだした。

image

暴力集団が指導者を失って行き先とまとまりを失うと、本能のままに略奪と破壊を繰り広げると安易に想像がついて本格的に「こりゃヤバイ」と思い始めた。今まで近所の7-11ぐらいは問題なく行けたが、そういう略奪と破壊の混乱状態が続くとそういうことも出来なくなる可能性があるし、現に目の前で7-11がウィンドウ全面に新聞を貼り付けて中を見えないようにしていきなり閉店したりしたもんだからより危機感をあおられ、「どこかへ避難しなくては」と思ったものでした。

image

で、会社の上司も避難していたパタヤへ。そこで上司と合流して「とりあえず飯でも」と向かった先がこのメキシカン屋。美味かったのを覚えている。そこへ。久しぶりに6年ぶりに来てみたのです。

というわけで前置きが長いですな。パタヤのメキシカン屋。ここメシもうまいし、お値段もそこそこで、店内が明るめであんまり飲み屋雰囲気じゃないのがいい(個人的にバンコクのメキシカン屋って飲み屋の雰囲気が強くて店内も暗いイメージが強い)。飲まなくなった僕でも落ち着いて飯食って話がしやすい店でなかなかよろしい。

image

6年たってもちゃんと営業しているなと思ってたら、やっぱりこのメキシカン屋は結構老舗でそれなりに有名なお店のようです。

落ち着いて話に夢中になってて、店のことをブログで書く割に料理の写真もわけのわからないビーフのナチョの超アップしか撮ってなかったり全然ダメダメですが、とりあえず落ち着くいいお店です。

image

↑ 場所はこちら。車で来るときはセントラルに停めて徒歩かな。