タグ: バナナリーフ

Banana Leafの แกงจืดลูกรอก ゲンチュールークロークって何?? 2016年03月08日

IMG_20160309_124242

実に久しぶりにBanana Leafなんてところで昼飯を食いました。

Banana Leafはショッピングモールなどに入っているタイ飯レストランでお値段は若干高めだけど、華美でもなく、かと言って安っぽいわけでもない割とすっきりとしたミニマルな内装のお店。

お味は平均点ぐらいでまずくないんだけど、かと言って特段印象に強く残るようなものもない。なのでしばらく行ってなかったわけです。

久しぶりにここで飯食った中でちょっとめずらしいなーと思ったものを。

IMG_20160309_125239

こんなタイ飯レストランなのにご飯頼もうとしたら白米と玄米があった。できるだけカーボン(炭水化物)を食わないようにしてるが、白米と玄米があるなら基本玄米を注文する。こういうチョイスが地味に増えてるのはいいですな。

IMG_20160309_125118

そしてタイのあっさりスープ、ゲンチュー แกงจืด。メニューにはゲンチュールークローク แกงจืดลูกรอก と書かれていた。

「ルークロークって何??」
「いや、私もわかんない。。」

ということで出てきてからのお楽しみ。。。それが上の写真なんですが、実際に食ってみてもこれがなんなのかがわからずじまい。個人的な印象は超巨大な魚の白子とかなんか内蔵??でも脂はまったくなく、ぷりぷりしたタンパク質。。。たぶん海鮮。。

ところが

ทดลองทำ “ลูกรอก” – Pantip

タイ語のサイトだけど、写真を見て頂くだけでご理解いただけるでしょう。これ実は卵の腸詰め。。。。しょうもない!卵の腸詰めて!真剣に海鮮か?何だ?と悩んだ自分が情けない。鶏卵かよ。。ただ自分が食べたものは多分卵白のみの ลูกรอก ですな。なんかいやーなぷりぷり感があったので。。。

しかし、まだまだいろんな知らない料理がありますな。。今回はあまりにしょうもなくてちょっと気落ちしましたがめげずにいろんなものを食いたいと思います。というかこんなのはつい最近出来た食材でしょうけど。。。

Banana Leafのเมี่ยงค่ำ ミヤンカム 2014年08月31日

カメラロール-434

会社の同僚と珍しくSilom Complexの中にあるBanana Leafというタイ料理レストランに晩飯に。メニューを見ていると珍しいメニューが。เมี่ยงค่ำ ミヤンカムという東南アジアらしい香草スパイスなどのちょっとした軽食らしい。

チャップルーという葉っぱにピーナッツや唐辛子、ホームデーン(赤たまねぎ)、マナオ(ライム)、キン(生姜)、干しエビなどを乗せて、ナンプラーワーンというナンプラーベースの甘ダレ(日本にあるもので近いのはみたらし団子のタレみたいなもんか??)をちょっと乗せてバクリと食べる。

唐辛子の辛さやら、生姜の香りやら、干しエビの旨味やら、玉ねぎのしゃっきり感やら、いろんな味と歯ごたえが混然と口の中で踊る。このチャップルーという葉っぱも独特の香りがしてなかなか面白い味の初体験。タイに丸々8年居るけどこれは今回初めて食べた。田舎の市場なんかを歩いているとミヤンカムと書かれた袋に葉っぱやら上に書いたようないろんな薬味をまとめたものが結構売られていて興味があったが中々手が出なかったのであります。

米やら麺が入っていないので腹が不必要に膨れなくていいですな。こういうハーブ系というとベトナム料理が筆頭に出てくるかもしれないけど、ベトナム料理とはちょっと異なる感じのタイの独特な食べ物。またBanana Leaf行った時には頼もう。。。。