Interrail Feelgoodness: Lonely Planet

さて、めでたく12月のタイの祝日、国王誕生日に中国は重慶に旅行することと相成りましたが、エアチケットをブッキングした後で12月05日のみならず12月10日も憲法記念日があることに気づき、07日、08日が土日なんで前後の06日と09日を有給取れば結構長く旅行する時間を取れることに今更ながら気づいた。。。インドのChennaiのみならずうまく乗り継げればアッサム州のGuwahatiなんかも行けてたかもしれない。。。これはうっかりだ。。

とはいえ中国も久しぶりなんで楽しみなのは間違いありません。YouTubeなんかでも中国制作の重慶の食を紹介するビデオなんかを見つけて見てたりします。

そして海外旅行となれば我々バックパッカー寄りの人間はガイドブックは当然地球の歩き方とLonely Planet。間違っても僕はるるぶとか買ったりはしません(重慶版るるぶがあるのかは別として)。興味範囲が多分まったく合わんでしょう。

しかし、最近はガイドブックも個人的に電子書籍化が進んでいるので以前買った地球の歩き方 中国の自炊PDFを巻頭の地図やらの部分と、巻末の旅の技術の部分、そして該当の重慶の街ガイドの部分だけMacのPerviewで編集して取り出し、Nexus4やiPadに転送。

しかし地球の歩き方、重慶はページ数すっごい少ない。日本人には人気のない街なのか?

じゃあLonely Planetも情報欲しいなあと思ってAmazon KindleなんかでLonely Planet Chinaを買おうかといろいろ見てみた。ちなみにいつも僕はLonely Planet買うときは英語版。そうすれば彼女も同じ情報ソース読めていろいろ話がしやすいため。

Lonely Planet Travel Guides and Travel Information

見てみるとまったく電書化が進んでいない地球の歩き方に対してLonely PlanetはKindleでもPDFでも紙本でも揃っている。例えば、中国版の場合、

Kindle版 China Travel Guide 1,697JPY
PDF版 China Travel Guide 22.39USD
紙本版 China Travel Guide 31.99USD
Kindle版 Chongqing & Cruising the Yangzi 761JPY
PDF版 Chongqing & Cruising the Yangzi 4.95USD

というようなお値段構成。どの版であれChina Travel Guideまるごとは少々お値段が張る。最低でKindle版の1697JPY。しかし見たいのは重慶の部分のみ。

Lonely Planetのいいところは電書版はチャプターごとに区切って販売してくれるところ。なので僕は重慶、Chongqingの章だけを購入。KindleでChinaまるごとの本を買うと1,697JPYでPDFより安い。これはKindleだとKindleプラットフォーム以外では読めないという制限を考慮して安めに設定し、PDFは汎用性があるのと、コピーできる点でお高くなってるのかと思いきや、チャプター単位ではKindle版が761JPY、PDF版が4.95USDとPDF版のほうが安い。こりゃPDF版を買うでしょう。

というのも旅行中は僕のiPadと彼女のiPadの両方で見れるようにしておきたいから。こういう使い方が違法コピーなんかどうなのかわからんけど、少なくとも紙本の時代でも2名で旅行するからと言ってLonely Planet2冊買ったりすることはなかったから一緒だと思うが、ガイドブックなんで旅行中は僕の端末でも彼女の端末でも同じく見れるようにしておきたい。だからPDF版のほうが便利かと思って購入した。(まあ、Kindle版でも旅行中だけ彼女のKindleアプリに自分のIDでログインしておけば見れるんだけど)

というわけで、中国やインドなどの分厚いLonely Planetの場合、お値段高くなるし、一部の情報だけ欲しい時はLonely Planetのチャプター買いがオススメです。地球の歩き方ももっとこういうふうに電書化対応すればいいのにね。

by カエレバ

by カエレバ