image

先週コーヒーを注文して家で飲んでみたら全然美味しかったので今週は自分が職場で消費する分のドリップバッグ入りのコーヒー豆と自宅に日本米「ランナノヒカリ」の白米と玄米を1つずつ購入。

ローカーブダイエットやってますが、玄米はGI値が低くて血糖上昇がおだやかなので割りと食うようにしてる。だいぶ前に行ったペチャブン県のカオコーという山岳地帯の道端のおみやげ屋で売ってた玄米が非常においしくて食い切った後も何度も食いたいと思っていた。その米が大粒のジャポニカ米、いわゆる日本の米と同じ形のものだった。タイはタイ米が当然有名ですが、チェンマイなどの北部では短粒米のジャポニカ米で取れるというのを何かで読んで知っていた。カオコーもタイの北部の入り口ぐらいに位置する山々なので短粒米も取れるんでしょう。んでORIENTAL FA’sさんとこの日本米も玄米だと同じようにうまいんじゃないかと思ってトライ。

เขาค้อ カオコーに行って参りました 2014年06月03日

確か午前中に注文してもう次の日に届いていた。。お米はバンコクにある程度ストックがあるのかな。いずれにせよコーヒーの時と同じくすぐ届く配送が非常に嬉しい。

ORIENTAL FA's Rice LANNA NO HIKARI - BROWN RICE

ORIENTAL FA's Rice LANNA NO HIKARI 2

お米は割りと小粒で綺麗にパックしてある。カオコーの米はオーガニックと言っていてその証拠に米の袋の中にはコクゾウムシがぞろぞろいた。それを退けながら水洗いし、炊いて食ったんだけど、まあ流石に日本人向け商品でそれはないですな。ランナノヒカリのほうは虫は居ません。しかし、年に何回も彼女の実家(ど田舎)に行っているせいもあってか、そういう虫に対する拒否反応ってのがかなりレベル下がった気がしますな。食べ物の中に虫が居ても、日本に居た時とかはもうその野菜とか丸ごと捨ててたけど、今はその虫食い部分だけ手でちぎって捨ててそのまま食う。ゴキブリは未だに嫌いだが。。そういえばゴキブリは田舎ではあまり見たことがないな。都市部でしか見かけないような気がするが、自分の周りだけだろうか??

さて、虫の話はさておき、実際に玄米炊いてみると、「おお、おお、この味」てな感じでかなり近い。やっぱりタイで玄米食うなら短粒米ですかね。いいのに当たってないだけかもしれないが、長粒米のいわゆるタイ米でいくつか玄米を食ったがうまいのにあたった試しがない。この短粒米の玄米は糠の表皮の部分がプチプチしたいい歯ごたえで穀物らしい香ばしいいい香りして、さらにはその中の白米部分がもっちりとしててバランスがいいんだな。多分タイ米の玄米だと含水量が少なくてバサバサに感じて水々しさを感じないんだと思う。

白米のほうは今手持ちのタイの炊飯釜ではちょっと炊くのが難しい感じがあるが、それでも懐かしい日本米の香りであります。バンコクの日本人向け歓楽街タニヤのど真ん前のビルの会社で働いていて、タニヤに行けばいくらでも日本食屋があるが、こんな香り、ずいぶん長いこと嗅いだことがないなあという感覚だった。日本のお米の香りじゃー。漬物と煮魚が欲しくなりました。ちょっと炊き方練習しよう。

チェンライコーヒー 日本米 ご自宅まで直送 ORIENTAL FA’S
↑ 白米は2kg180THBと5kg420THB、玄米は2kg袋のみで180THBとのこと。