タグ: s&b

S&Bの赤缶で日本式カレー作り 2019年05月15日

LRM_EXPORT_380389865169383_20190518_093325927

ベジ仕様で日本式のカレーが食いたいと思って、どうしたものかと検討していたらふとバンコクのスーパーでもS&Bの赤缶のカレー粉が売ってることを思い出した。

早速近くのTopsで購入して日本式カレー作り。赤缶のカレー粉の作り方は、サラダ油と小麦粉をしばらく炒めて粉っぽさを無くした後、カレー粉を加えて練り物状にし、それを野菜を煮たスープに放り込んでとろみを出していくという方法。

これってグラタンとかのホワイトソースと同じ作りだと思う。ホワイトソースの場合は小麦粉とサラダ油を炒めてそれを牛乳で伸ばしていくが、カレーの場合はスープで薄めていく。その違いだけ。ただこの場合、少しもったりと食感が重くなりすぎるのでイマイチ好みではない。やはりここはとろみをつけるにはレンズ豆煮崩しを加える形の方が味も格段に良いと思ってやってみたが、それは味、香りが完全にインド式になってしまった。日本式カレーはやっぱり小麦カレールーのもったりしたものが醍醐味なのかもしれない。ただ、この方法なら他にも、コーンスターチやタピオカデンプンなど他の粉も使えるのでもうちょっといろいろ試してみたい。

またベジ仕様にするため肉の代わりに入れるものを何にするかというのも結構色々頭を使う。やっぱり個人的にはきのこ類かな。意外にきのこ類は味の濃いものとの相性がいい。日本式カレーでは肉代わりに豆腐では豆腐が弱すぎて頼りない。だから表面を結構しっかりめにあげた厚揚げ細切れの厚揚げあたりだとうまく行くかもしれない。

しかしこのS&Bのカレー粉で作ったカレーは 普通のカレールーで作るよりもかなり自分で味付けする部分が多くて自由度が広い。カレー粉は香りだけで味はないからスープのダシとか塩気は自分で調節。カレールーの場合はいろいろ他のものが入っててほぼ味が決まってしまっているので、面白くはないかな。そしてインド式を食い続けてると今となっては市販のルーとかレトルトのカレーの濃さに慣れない。ベジ仕様でもラクトベジタリアンならば精製バターであるギーを加えるとかなり味が豊かになる印象。いろいろやってみます。

S&B カレー400g
S&B カレー400g

posted with amazlet at 19.05.19
エスビー食品
売り上げランキング: 1,627

↑ S&B赤缶。

S&B ゴールデンカレー動物性原材料不使用 1kg
エスビー食品 (2019-02-05)
売り上げランキング: 3,587

↑動物性原材料不使用のカレールーも日本では売っている。が、1kgのパッケージのみ。使い切れるか?!

動物性原材料不使用ゴールデンカレー 2018年01月24日

IMG_0641

なんかアマゾンでレトルトのベジタリアンカレーを調べていたら偶然見つけたこのカレー。S&B というメジャーなカレー粉の会社から出ているゴールデンカレーだが、日本国内で主に流通しているものとは異なって「動物性原材料不使用」と謳っていて、つまりはベジ仕様。多分外国に流通させるカレールーとしてはイスラム圏 → 豚NG、ヒンドゥ圏 → 牛NG、南インド → 肉NG など色々制限がありそうだからとりあえずベースとしてはベジにしてマーケットの母体数は大きくしましたってものなのかも。

裏面のレシピ見たら普通に肉を入れるレシピになってたので、厳格にベジがどうこうではなく、誰でも食べられます、ということなんでしょう。

そして困るのはカレールーとして大箱の1kgしか売ってないこと。とりあえず買ったけど、裏面レシピには「カレー50皿分」だって。食えるかいな!なのでカレールーを10等分して2ブロックずつまとめて冷凍してます。ものとして珍しいからか、話をしていると「そのカレー食べてみたい」という人が多くておすそ分けで1kgのカレーが掃けていくのが救いです。

しかし、自炊インド料理が楽しくてなかなかこちらのゴールデンカレーを作るタイミングがない。。。

S&B ゴールデンカレー 動物性原材料不使用 1kg
エスビー食品
売り上げランキング: 5,114