タグ: ヤモリ

うちのヤモリさんをどうするか?? 2017年08月28日

image

さて困った。うちの家には爬虫類が二匹おります。Bearded Dragon(フトアゴヒゲトカゲ)のジャクーさんとLeopard Gecko(ヒョウモントカゲモドキ>ヤモリ)のヨーダさん。

フトアゴヒゲトカゲのジャクーさんは昼行性で人なつきもよく、飯はコオロギの生き餌と野菜、場合によっては人口餌と野菜でも生活できると思う。うちの彼女のお気に入りで、僕が東京に行っても飼い続ける、と言っている。一方ヤモリのヨーダさんは夜行性で食事もコオロギの生き餌のみ。ちょっと慣れた人でないと飼うのは難しいかも。彼女も思った通り

「ヨーダさんは私一人では飼えない。。。」

と弱音を吐いております。まー、それもしょーがないか、と思って帰国までになんとかしないといけません。

タイ人っぽく森に離してタンブンって手もあるかと思いますが、なにせヨーダさんはケージの中の人生しか経験したことないので野に放たれると1,2日で死ぬことは確実。カラスか猫にやられるね。

というわけでバンコクでLeopard Gecko飼いたい方大募集。

ヨーダさん本人は鳴くこともないし、匂いもないし、おとなしいもんです。難点は餌がコオロギの生き餌ということだけ。糞の処理は床材に砂か新聞紙ひいてるだけの状態なら7-11の弁当買った時についてくるスプーンの使い古しなどで糞すくってティッシュにくるんでゴミ箱行き。簡単。匂いもそれほど強くない。

ま、これで飼いたいって人が出てこなかったら、最善の策は買ったお店に再度持っていくということでしょうか。。。

一匹増えてる???うちのトカゲヤモリ連盟 2017年03月30日

image

こちら、うちのヤモリちゃんのお写真でございます。うちにお迎えしてからはや9ヶ月近くが経とうとしています。最近はケージの環境にも慣れてくれて夜間は(夜行性なので)アクティブにケージ内を練り歩いてくれます。

image

こちらはトカゲちゃん。これも前から何回も載せておりますな。

が、実は現在うちの爬虫類ペットにもう一匹新参者が居ります。上の写真にもしっかり写っております。

image

上の赤の囲みはヤモリちゃんですが、下の赤の囲みをよく見てみてください。ちいさなヤモリ、タイで言う「チンチョック」が流木に張り付いています。

最初見た時に「あ、これ、このままケージの中をウロウロしてたらうちのヤモリに食われるんじゃないか??ヤバイよ。」と思っていたが以外に中々このチンチョックがケージから出ていかない。

うちのヤモリ(ヒョウモントカゲモドキ)は手足に吸盤がないのでガラスの壁を登ることができずに脱出は不可能だが、チンチョックは吸盤ありで簡単にガラス壁に張り付いて登ることができる。だからいつでも脱走可なのだがずーっとケージ内に居る。しかも数日経ってもうちのヤモリに食われることもない。。。

以外にヤモリのケージの生活環境が心地いいのかもしれんね。さらにさすがに野生のチンチョックだけあって危機察知能力や回避能力が高く、うちのヤモリの鈍足で襲ってもまったく捕まえることが出来ないのかもしれない。いや、襲って危機感を察したらさすがにケージからは脱出するかな???ということは共存??

というわけでいつチンチョックが逃げ出してしまうかわからないトカゲヤモリ三匹体制で我々は生活しております。。。

トカゲ用に乾燥ワームを買った 2016年07月15日

すべての写真-1655

うちで今トカゲ2匹を飼っております。(正確にはトカゲとヤモリ1匹ずつ)

基本的にこいつらは昆虫食で、餌として生きたコオロギなどのストックが必要なのですが、切らした時に買いに行くのが面倒、大量にストックしておくと鳴き声や匂いが気になるので一週間分のストックを目安に毎週チャトゥチャックまで買いに行ってます。

その際に発見して、もし生き餌切れの際につなぎとして活躍できるかと思って乾燥ぶどう虫を買ってきた。Dried Wax Worms この1パックで70バーツ。結構お高いが、生き餌代わりにストックしておけるのは非常に便利だ。

家に帰って開けてみたけど、以外とその香りは香ばしくて美味しそう。その瞬間に「あ、食いたい。。」と思ってしまった。普通のコンビニで売ってるスナック菓子の香りとあまり変わらない。

すべての写真-1656

自分がつい食いたくなる衝動をぐっと抑えてトカゲたちにやってみる。。が、食いつきが悪いんだなこれが。せっかく買ってきたのに。。

とはいえよっぽど腹をすかせりゃ食うだろう。それまではキープしておけば良いだけのこと。。

しかし、この虫はホント香りが良くて口に入れたい衝動が沸き起こって大変です。。ワシ、タイの田舎の方の昆虫食も芋虫だけは抵抗なく食えたんでこれも全然食えると思います。

聞いてみると、この芋虫も普通にタイの北部の方では人の栄養源として食べられているのだとか。。

ヤモリのミイラ 2015年01月05日

image

Bitcoin用にPCを、と思って置きっぱなしのPCを掃除してたら中からぽろっと出て来た子ヤモリのミイラ。これだけ綺麗にヤモリの形を留めてミイラ化してるのでなんか嬉しくなってフィルムケースに入れて保管しているのであります。これって変な趣味なんかね?彼女がそれを見てなんでそんなもん取っておくんだという。ま、確かにそうなんだけどなんかこういうものに興味を覚える。

その他の保存品として、

抜歯した親知らず
ある日不意にぽろっと耳から落ちてきた超巨大耳くそ

など。他人からしたら汚いだけの保存品かもしれませんが、世の中全ての生命が生まれて必ず死ぬ運命にあり、全てが自然の循環のサイクルの中に取り込まれてその肉体もすぐに腐敗し世の中から消えて無くなる運命の中、その姿、形をこう言った形で残しているものに関してなんか愛着というか興味を覚えるのであります。

しかしこういうケッタイな形の生き物やミイラなんかに興味津々ってなんか中国人っぽい感じですな。。