タグ: ヒョウモントカゲモドキ

一匹増えてる???うちのトカゲヤモリ連盟 2017年03月30日

image

こちら、うちのヤモリちゃんのお写真でございます。うちにお迎えしてからはや9ヶ月近くが経とうとしています。最近はケージの環境にも慣れてくれて夜間は(夜行性なので)アクティブにケージ内を練り歩いてくれます。

image

こちらはトカゲちゃん。これも前から何回も載せておりますな。

が、実は現在うちの爬虫類ペットにもう一匹新参者が居ります。上の写真にもしっかり写っております。

image

上の赤の囲みはヤモリちゃんですが、下の赤の囲みをよく見てみてください。ちいさなヤモリ、タイで言う「チンチョック」が流木に張り付いています。

最初見た時に「あ、これ、このままケージの中をウロウロしてたらうちのヤモリに食われるんじゃないか??ヤバイよ。」と思っていたが以外に中々このチンチョックがケージから出ていかない。

うちのヤモリ(ヒョウモントカゲモドキ)は手足に吸盤がないのでガラスの壁を登ることができずに脱出は不可能だが、チンチョックは吸盤ありで簡単にガラス壁に張り付いて登ることができる。だからいつでも脱走可なのだがずーっとケージ内に居る。しかも数日経ってもうちのヤモリに食われることもない。。。

以外にヤモリのケージの生活環境が心地いいのかもしれんね。さらにさすがに野生のチンチョックだけあって危機察知能力や回避能力が高く、うちのヤモリの鈍足で襲ってもまったく捕まえることが出来ないのかもしれない。いや、襲って危機感を察したらさすがにケージからは脱出するかな???ということは共存??

というわけでいつチンチョックが逃げ出してしまうかわからないトカゲヤモリ三匹体制で我々は生活しております。。。

Repashy Grub Pie レパシー・グラブパイを入手 2016年10月16日

image

ちょくちょく覗くJJモール2階のペットショップに最近RepashyのGrub Pieという爬虫類用の人工餌が入荷していた。このレパシーのグラブパイってやつはちょっと前に日本の爬虫類好きの間で話題になった製品であります。

REPASHY GRUB PIE ( レパシー・グラブパイ )の作り方 | MATCH THE BAIT-マッチザベイト-

というのも昆虫食の爬虫類向け人工餌ということで、虫しか食わないトカゲやヤモリでも、この人工餌なら食いつきます!という触れ込みで実際かなり食いつきが良いらしく、「トカゲはいいんだけど、コオロギをストックしておくのに鳴き声がうるさくて、、、」とか、「トカゲはいいけど基本的に虫は嫌い」とかの人には救世主か?と取り沙汰されておりました。

ま、実際にはこのグラブパイ一本で飼ってます、というブログなどは見たことがないが、それでもコオロギストックが切れたときとか補助的には十分活躍する感じらしい。

image
↑ 使い方。結構面倒でグラブパイ1:2-3熱湯、で混ぜ合わせ、常温になるまで覚ましたらゲル状になる。それをぶつ切りにしてトカゲに与える。余ったものは生鮮食品と同じように冷蔵庫に入れて数日の間に使い切れ、とのこと。

で、実際に作ってみました。トカゲは問題ないですが、ヤモリのほうが最近ちょっと拒食気味で餌の食いつきが非常に悪い。ヤモリはなかなかセンシティブ。なのでこのグラブパイで食いつけばちょっと安心なんだが。

image

こんな感じ。マルチビタミンのビタミン剤と同じ香りがする。。。さて、うちの昆虫オンリーだったヤモリは食ってくれるでしょうか??

image

無視! がびーん、ちなみにトカゲのほうは??

image

これまた無視! がびーーん、ぜーんぜん食ってくれないじゃん。

がっくし。というわけでもうちょっと時間かけていろいろ試してみます。。。

↑ お値段も結構高いのです。。

トカゲ用に乾燥ワームを買った 2016年07月15日

すべての写真-1655

うちで今トカゲ2匹を飼っております。(正確にはトカゲとヤモリ1匹ずつ)

基本的にこいつらは昆虫食で、餌として生きたコオロギなどのストックが必要なのですが、切らした時に買いに行くのが面倒、大量にストックしておくと鳴き声や匂いが気になるので一週間分のストックを目安に毎週チャトゥチャックまで買いに行ってます。

その際に発見して、もし生き餌切れの際につなぎとして活躍できるかと思って乾燥ぶどう虫を買ってきた。Dried Wax Worms この1パックで70バーツ。結構お高いが、生き餌代わりにストックしておけるのは非常に便利だ。

家に帰って開けてみたけど、以外とその香りは香ばしくて美味しそう。その瞬間に「あ、食いたい。。」と思ってしまった。普通のコンビニで売ってるスナック菓子の香りとあまり変わらない。

すべての写真-1656

自分がつい食いたくなる衝動をぐっと抑えてトカゲたちにやってみる。。が、食いつきが悪いんだなこれが。せっかく買ってきたのに。。

とはいえよっぽど腹をすかせりゃ食うだろう。それまではキープしておけば良いだけのこと。。

しかし、この虫はホント香りが良くて口に入れたい衝動が沸き起こって大変です。。ワシ、タイの田舎の方の昆虫食も芋虫だけは抵抗なく食えたんでこれも全然食えると思います。

聞いてみると、この芋虫も普通にタイの北部の方では人の栄養源として食べられているのだとか。。

ドラゴンを家で飼う 2016年06月24日

すべての写真-1171

YouTubeで最近流行りの「トカゲを飼う」動画。動画で買っているのはニホントカゲだが、ちょっと興味をそそられていろいろ調べてみるとトカゲ飼育で一番ポピュラーなものはオーストラリア原産の「フトアゴヒゲトカゲ」とパキスタンやアフガニスタンあたりの西アジア原産の「ヒョウモントカゲモドキ(こちらはヤモリだが)」らしい。

フトアゴヒゲトカゲ – Wikipedia

ヒョウモントカゲモドキ – Wikipedia

ついでに土日にチャトゥチャックのウィークエンドマーケットの動物エリアに潜入。確か昔ここに来た時に、カメレオンや陸ガメ、蛇から蜘蛛まで、哺乳類と熱帯魚以外のペットも結構取り扱っていた記憶があったので訪れてみるといろんな店でちゃんとフトアゴもレオパ(ヒョウモントカゲモドキは英名:Leopard Gecko、レオパードゲッコー。これを短縮して「レオパ」と呼ぶのが日本ではポピュラーとか)も売っている。ぱっと見日本より高いが、ガンペンペット4の通りに近い生き物ディープエリアに行くとフトアゴの幼体など1,000バーツで売っている。レオパは成体で安いのは3,000バーツぐらいから。

で、結局うちに来ました。

すべての写真-1250

すべての写真-1240

フトアゴヒゲトカゲの幼体です。体長約20cmほど。これ1、2年で体長は40cmほどにぐんぐん成長するらしい。買ってみるとフトアゴは非常に可愛らしい。物怖じしないし、人が触ってもぜんぜん平気らしく落ち着いている。とりあえず入れてみたサボテンに登って夜間眠る姿は無防備の極みで自然環境下ならすぐに鳥に喰われておしまいだろう。

非常に可愛くてトカゲ愛好家の気持ちがわかるような気がする。もう自分の中では犬や猫と同じレベルのペットである。

すべての写真-1241

1種類のみ飼う予定だったが、ついつい両方欲しくなりヤモリのレオパも購入。両方とも昆虫食なので現在さらにコオロギも買って給餌している。こいつは夜行性で変温動物な爬虫類が通常必要とする体温調整用のバスキングライトやUVライトが不要でタイの場合ほぼレオパの自然生活環境と同じ気温なので保温システムが必要ない。隠れ家になるシェルターと水飲み場、餌ぐらいで飼えるので非常に簡単。見た目まさにヤモリな模様なので初めは慣れないがすぐに慣れてこいつも可愛く見えてくる。

というわけでフトアゴの英名は「Bearded Dragon」。まさに今家でドラゴンと一緒に暮らしてるわけです。