IMG_20130721_032800

2007年にスタンダード・チャータードのバンコクマラソンに出場して以来そのしんどさに懲りてしまい、まったく見向きもしなかったマラソン。ダイエットが終わってその後始めた運動でランニングを取り入れて以来再戦を決意しておりました。そして7月21日にパタヤにてパタヤマラソンが実施されるというので勇んで登録。7月の20日からパタヤ入りして参戦となりました。

7月20日の12時過ぎに先に書いたLK Mansionにチェックインして荷物を置いたらすぐにCentralFestibal Pattaya Beachまで歩いて行ってゼッケンの受け取り。CentralFestivalに行っても案内が出ておらずどこへ行ったらいいのかまったくわからず。入り口の受付で聞くと「地下ですよ」と教えてくれたので行ってみると、もう人がぐっちゃぐっちゃに入り乱れてる混乱ぶり。ゼッケン受け取りの会場でも何にも説明がなされておらず何をどうしたらいいのかまったくわからない。。。

バタバタと動き回っている係員を捕まえて「予約してEntry Feeもインターネットバンキングで振り込んだけど、オンラインで済ませているから書類が何もない」と伝えてなんとか並ぶ場所がわかった。もうちょい説明をちゃんと書いてほしいなあ。

その後前祝いに一人でSizzlerでステーキ食ってホテルへ戻り、晩21時に早々に就寝。で、朝4:30の出走時間に間に合うように着替えて出かける。フルマラソンは出走04:30、ハーフが05:00だった。この現場でもほとんど説明なしで、なんか出走前のお祭り騒ぎを適当にワイワイやってるだけでボケーッと待ってたらいきなり、「フル出場の皆さんはスタートラインへどうぞ。」みたいなアナウンス。いきなりかい。

んで、同僚のフルマラソンスタートを見送った後、スタートラインに並んでハーフマラソンスタート。

先頭に並んでたせいもあるかもしれないけど、みんな早い早い。よくよく考えたら21kmのハーフマラソンって、勢いで参加する人も少ないだろうし、割りとちゃんと走れる人しかエントリしてないかな?10kmのランニングを週2,3本走るという練習を2,3ヶ月やって参加した割に、周りにどんどん追い抜かれていく。

しかも、毎回走り慣れたルンピニ公園と違って、パタヤヌア通りのビーチからスクムヴィットまでの上り坂が緩いとはいえ慣れてないからかなり足に来る。。。もうスクムヴィット到達と同時に気が抜けてしまい早くも歩いてしまう。

その後もスクムヴィットの通りがまた登ったり下ったりの坂道。そして10km地点を超えてすぐに膝がガクガク来出した。わかりやすい。。。10kmばかりで練習してたらやっぱ足が10km向きになってしまうのか??こんなわかりやすく膝の限界が来るとは思ってなかった。

その後はスクムヴィットからジョムティエンのビーチへ降りて行き、パタヤタワーのある岬を登って下るというコースだが、もう足が痛くてほとんど歩いてしまった。それでも、15kmを超えたところで供給してたスイカがめちゃくちゃうまかったなあ。足が痛くて疲労してたけど、スイカ食って俄然やる気になったもんな。最近素直に当たり前のものに当たり前に感動することが多い。今までほとんど食ってなかったけどスイカってこんなにうまかったのね。

IMG_20130721_062654

そしてもう足ガクガクになりながらなんとかパタヤ側まで戻ってきて朝の薄汚いWalking Streetを抜けてビーチロードへ出てそのままセントラル前のゴールへ。歩きながらのグダグダゴールイン。トータル2時間40分35秒、平均7分30秒/kmと全然さっぱりな記録ですがなんとか完走。20kmを舐めてました。かなりきつかった。なんとか休みの日に時間を見つけ出して月に一回ぐらいは20km走らないとイケないかな。。。

Nike+ Running での記録

そして完走後の楽しみで何が出されるのかずっとワクワクしてた飯ですが、なんと会場にはフリーで完走者に提供してるメシがなく、気落ちして一人とぼとぼとホテルに戻りましたとさ。。帰り道に食ったカオムーデーンがとてもうまかったです。。

次回も20km頑張ります。バンコクマラソンの前にもう一度ぐらいは20km走りたいですなあ。。