One of the cleaner Asian squat toilets
↑ 紙、水桶付き、ケツシャワーなし。

タイで約10年住んでいるので最近は「えー!」と驚くようなことに遭遇することは稀であります。ただ、まだまだ解せない、というような事は数多くありまして、今回のタイトルもそのひとつ。

よくセントラルなどのショッピングセンターや仕事のお客さんのオフィスが入っているビルなどにあるトイレ、こういう商業施設のトイレはだいたい今はトイレットペーパーが付いていてアジア式のケツシャワー、いわゆる「手動ウォシュレット」が付いているところは少なくなった。

対して他県のお客さんの工場なんかに行く時に立ち寄る国道沿いのPTTなどのガソリンスタンドなどに併設されている公衆トイレ、こちらはローカル式で紙が置いてあることはほとんどなくて代わりにケツシャワーや便壺の横に水槽があって、手桶がぷかぷか浮いていたりする。シャワーや手桶で肛門に水をかけて手でザバザバ洗う。紙が置いてないので尻が濡れたままズボン履かないといけないんだが、空気が乾いているタイなので割とすぐに乾いてしまう。

個人的には水洗いに慣れてしまい、タイでも日本でも紙拭きすると気持ち悪くてしょうがない。紙しかない個室に入ったときも「あー、やっぱり水で洗いたいなあ」と思うことは多々であります。

さて、ここまでが前置きでして、そういう紙拭きするしかないトイレに入ったときも稀に

「まるでケツシャワーを使うかのように床に水が撒かれていてビシャビシャなトイレ」

とか

「脱糞してると隣の個室からなぜか水で洗っているようなパシャパシャと水しぶき音が聞こえるトイレ」

にあたることがある。これってケツシャワーのないオフィストイレで肛門水洗いしてる音じゃないのか??と自分的には思っていて、しかしどうやっているのかが非常に不思議なのです。

便壺を流すときしか水が流れて出て来るところがないので、便壺の水をすくって肛門を洗っているのか?衛生的にかなり問題ありそう。。。しかし事後の個室の水の飛び散り方を考えるとそういう方法でやっていたとしても驚きはしない。

もしくは個室に入る前に500mlのペットボトルなどに手洗いのところで水を詰めて、脱糞後そのボトルから水を流して肛門を洗ったりするんだろうか?それなら事後の個室はあれほど水が飛び散っていることもなかろうに。。。さらにはトイレでペットボトルに水を詰めてるようなシーンを一度たりとも目撃したことがないので個人的にはイマイチ確信できない。。。

うーん、10年経っても謎だ。トイレの不思議。

Asian-Toilet
↑ 親切なHOW TO USE。。。

地球の歩き方 D17 タイ 2017-2018
ダイヤモンド社 (2017-02-20)
売り上げランキング: 7,838