image

バンコクはジャルンナコーンという通りにあるSutanthipというお店に久しぶりにベジタリアン飯を食いに行きました。

สุธัญทิพย์​ Sutanthip Vegetarian Restaurant 2013年01月19日 | 野暮天ワールドワイド・YABOTEN the Worldwide

タイでは菜食を表す言葉は เจ 「ジェー」しか知らなんだけど มังสวิรัติ 「マンサウィラット」という言葉もあるんですな。ジェーのほうは菜食かつにんにくなどの匂いの強い野菜もダメらしいが、マンサウィラットのほうは卵もラクト(乳製品)もオーケーなちょいゆるい菜食らしい。といいつつSutanthipの出してる料理は乳製品も卵もまったく使ってる様子がなかったが。。。

日曜日の11時ぐらいに行ってみたけど、席の8割が埋まっている人気ぶり。とりあえずご飯とガパオタオフー(豆腐のガパオ)とムーサテ(豚肉のサテという意味だけど当然ながら豚肉風のものは大豆のソイミートです)

image

image

うーん、以前ほどおいしく感じない。。。ソイ系の限界だろうか??やはりどうしても豆腐とソイミートのような大豆系の素材だけでは味が似たり寄ったりになる。。。一応ここの名物らしいサラパオ(肉まん)を購入。持ち帰りで。一応オーツ麦のベジ肉まんらしいけど。。。

image

image

オーツ麦の粉砕したやつが饅頭に練り込んであるけど、この饅頭の生地自体は普通の精製小麦粉の饅頭ですわな。オーツ麦を練り込んであるので食物繊維は取れるだろうけど、グルテンフリーというわけではないと思います。食ってみるとそれなりにうまいけど、甘い。個人的には次点で、「ホントにこれが人気あるの???」ってな感じ。

菜食で行くのなら菜食で行く!と自分でルールを決めると飯屋選びもまたまた新しい基準が自分の中に出来て楽しいですな。久々にもうちょっと菜食飯屋めぐりをしよう。