mac drive

MacBook Air 13インチにはSDカードスロットがついております。これは11インチのMacBook Airにはない13インチのみのちょっとしたおまけ。

で、MacBook AirはストレージがすべてSSDで構成されているので基本的にディスク容量が少ない。じゃあSDカードスロットに今販売されているSDカードの最大サイズのものをさして使おう、ということになりますが、残念なことにMacBook Airの場合SDカードスロットの差し込みが非常に浅く取られており、頭がはみ出るため、常時挿しっぱなしができないのです。これはせっかくSDカードスロットがついているのにもったいないなあ、と思っていたところタイのApple製品の代理店であるiBeatで上の写真のようなものを発見。

mac drive
↑ はい、そうですよ!マイクロSDでキッチリのサイズのアダプタ作ればよかっただけのことじゃないですか。

mac drive
↑ 奇妙な付属品が、、、ちなみに下の2GBのSDカードは標準でついてくるやつです。僕はSDXCの64GBに交換して挿してます。

この奇妙な金具はなんだろうと思ってたら、実際に製品をMacBook Airに取り付けてみてよくわかった。

mac drive
↑ こんだけサイズきっちりにハマる。

mac drive
↑ そして取り出しはこうだ。

このSDカードのアダプタ、普通にプラスチック製なのでちょっと強度が心配。このひっかけのところが割れちゃったりしたらどうしたらいいんだろう。。。ちょっと不安になりますが、とりあえずこれでドライブの容量を拡大できます。僕のMacBook Airは128GBだったのでこれで64GB足して186GB、1.5倍となりました。別ドライブになるのでシステム領域と同じドライブを拡張したい場合はシンボリックリンクを張るなどの対応をしましょう。

Macのシンボリックリンクとエイリアス | それなりブログ

たったこれだけのものでiBeatで1090THB。ちなみにKingstonのクラス10の64GBマイクロSDが1890THB。結局3000THB近くかかっているから決してお安くはないですが、でも仕事なんかでMacBook Air使っていてもうディスクが足らないなんて時にはこれが一番いい対策なんじゃないでしょうか。