image

会社の同僚の方がおフランスのお土産で持ってきてくれたKusmi Teaというブランドの紅茶。Made in Franceです。コーヒー文化のフランスのクセに紅茶というのは面白いですな。

久住ティー?孤独のグルメ連携商品?フランスと連携?なんて最初くだらないことを考えてたんですがKusmi Teaというブランドがあったんですな。あまりフランス語的な語感でもないような感じなんでなんかの冗談かと思ってましたが、ウェブで調べて
見るとオフィシャルの日本語サイトなんかもあった。Kusmi、というのがフランス語っぽくないなと思ってたらもともとはクスミチョフというロシア人が始めた紅茶ブランドっぽい。

Kusmi Tea Japon

この紅茶、パッケージ開けて持ってきてもらった時から強烈にスパイシーな香りが漂っていてタダモノではない雰囲気だったが、実際に飲んでみるとこれがめっぽううまい。普通にスタンダードなEnglish Breakfastを選んだつもりだったがそれでもかなり独特な香りがする。日本人ならちょっと薄めに入れて飲むのがいいかもしれない。

香りが強いがだからと言って全然人工的な付け香の感じは全然しなくておいしい。ただ、お値段のほうもそれなりにするらしい。実際にもらった上の写真の缶も普通のサイズのビスケットが4,5枚入る程度の大きさの缶です。多分これで1000円とか1500円とかするんだろうな。

image

お茶っ葉を見ても、そこらへんのダストではなく写真のひじきみたいなお茶っ葉。これはお湯が入るとほころんで1cm四方程度の葉に広がるやつ。安物でこのタイプのものはないですな。

おいしくいただきます。ありがとう。他のフレイバーのKusmi Teaも飲んでみたくなった。。。