401k

12年日本に居てない期間があり、改めて戻ってきて浦島太郎になってる部分がいろいろとあるが、今回の転職で初めて確定拠出年金の設定を行いました。

自宅にめっちゃ分厚いスターターガイドが届き、開始するまでの流れを説明するマニュアル、金融商品の一覧と詳細、様々な手続きの際の手順を示すマニュアルと、読まないといけないものがいっぱい。土曜日のお昼間ずっと読み耽ってしまった。

しかし、タイに居てる間にそれなりに株やっててよかった。ざっくりとは金融商品のカテゴリとかリスクやメリットなどわかるからまだ手続きに時間かからずに済む。これ、金融商品を全然わかってなかったら、何選んだらいいかさっぱりわからんでしょうな。

自分でやってたから、短期でやるのと長期でやるのとの違いもわかるし、まとまった金額をドカッと買うのと、毎月定額で買っていく差もわかる。これは何も予備知識ない人にやらせるのは可哀想な気がするな。

投資信託にお金回すよりも自分でインデックスETFや特定の企業の株買うほうがやってて楽しいんだが、とりあえず加入者掛金は払った分そのまま所得税控除額となるし、多少は給与天引きで積立て。

そして、マイナンバーも今回初めて取得です。しかしマイナンバーカード受け取るまでが回りくどい。市役所行って手続きしてナンバーはすでにわかってるもののカード自身は「通知カード」なるものが一回来て、その後改めて本ちゃんのマイナンバーカードが来るが、郵送かと思ったら交付通知書が来て電話予約の上、市役所に取りに来いとのこと。

これって個人IDカードみたいなもんなんじゃないの??そんなん市役所行って1時間ぐらいで作ってすぐにくれよーって感じですな。なんで日本ってこんなめんどくさいんでしょう。

マイナンバーやるんだったら、公共サービスはすべてマイナンバーでなんでも出来るようにして欲しい。。。市役所のHPでマイナンバー入れたらすぐに自宅のプリンタで住民票印刷出来るとか、それぐらいのお手軽さにしてほしい。。。

エストニア行くかな。。。