最近新しいイヤホン買って自分の手持ちの音源をいろいろ聞き直したりしているが、久しぶりにこれを聴いた。Palmyの「คิดมาก」という曲。
これだけいろいろ音楽のネタを書きつつほとんどタイの音楽を書いていない自分ですが、

基本的に、

欧米英の音楽のほうが面白い(日本を含めアジアの音楽はコピーに聞こえる)
でも日本の音楽は日本語という理解度が深い言葉で歌われているため、別の感動がある
なのでアジアの音楽ならその国独特のフレイバーがあるものでないとほとんど手を出さない

という感じであります(極端に言うとね)。

なのでタイの音楽ってあまり聴いてないし、書かないし、という中でこのアーティストのこのアルバム(というよりこの曲かな?このPVかな?)はかなり好きなんだ。

このPVの古臭いノスタルジックなタイのデパート、中華街の個人商店、床屋の醸し出す旧市街感覚がとても懐かしくて大好き。今のコンドには10年ほど住んでますが、それまではこういう雰囲気のお店や町並みの中で住んでました。

カオサンの2本か3本ほど北の通り、バンランプーの衣料品市場のあたりのデパートに入ってみるとこういう感じですよ。

で、久しぶりに聴いてみて愕然、なんとこのアルバムでリリース年が2011年とな。つい最近のように思うんだけどすでに8年も経っているのか。時の流れは早いもの。

最近中華街、チャルンクルンの通りにも地下鉄が開通して、バンコクの中華街ですらこういう古臭い風景は徐々に時の流れに埋もれていく傾向ですが、あと数年もすればこのPVに写ってるような景観は本当に珍しいものになってしまうのかもしれない。

そして自分も年を取っていて愕然です。

Palmy 5
Palmy 5

posted with amazlet at 19.09.08
Palmy パーミー
GMM
売り上げランキング: 699,749

↑ CDは中古で売ってる。。。