↑ ホントにこのサイズが釣れる。しかし、ここの魚、ちょっと弱ってるような気が。。

午前中から、会社の同僚とミンブリのブンサムランに行ってきた。以前からトライしているイカのエギングのエギが自宅近くの釣り具屋では安い中国製のエギしかなく、ちょっと日本製のものなどが欲しくなって釣り好きなお客さんに教えてもらったところだ。

同僚の車でピックアップしてもらって高速に乗り、バンナートラート(バンコク東部)方面に向かう途中の、クロントゥーイ、タールアを越えたあたりで左に入ってラムイントラ(バンコク東北)方面の高速に入る。そしてナワミン通りで高速を下りて、バンカピ方面に走る。ナワミンのソイ42を突き当たるまで進むとブンサムランがある。どうでもいいが、同僚の車がMAZDA3。なんかタイの5ドア車ってどれも後部座席スペースが狭いような気がする。。。社用車のWISHなんかもそうだし。。。97,98年頃乗っていた実家のクラウンワゴンは後部座席も広かった。いい車だったなあ。タイでもし中古車があれば買いたいところだ。

Bunsamrang Fishing park

ここは簡単に言えば釣り堀なんだが、ただの釣り堀ではなく、釣り堀と貸し竿などとともにバンガローみたいな宿泊施設があり、そのバンガローから竿を出すことができる。レストランも併設されていて、ビールやコーラ、お菓子やら細々したものを揃えるミニマート(コンビニみたいなもの)が宿泊の客向けに24時間で開いてて、釣り具屋も2軒ある。釣りのテーマパークみたいなもんですな。

僕は今んところ淡水魚の釣りは興味ないのでアレだが、バンガローで4、5人とかで泊まりにきてみんなでワイワイ酒を飲みながら釣りをしたりすることができる。しかも24時間。

ほんでもってここの釣り堀の魚、ハンパなく大きい。入り口に大物釣ってご満悦の写真がいっぱいあるのだが、見てる横から目の前でホントに同じぐらいデカイのを釣り上げてた。。。デカイのはいいんだが、どれを見てもうまそうじゃないのがポイントですな。ま、淡水の魚だからどうやったって泥臭いだろうけど。。。ほんでもってこの釣り堀の魚は基本すべて釣り上げたらリリースするようです。ま、持って帰れないわな。。。

しかし、ここ、入場料が高い。入場料で竿一本が1000B!しかもタイ人は入場料400Bとアジアでよくある外国人価格。微妙に納得できかねる値段設定。とりあえず僕らはこの日は釣り具屋をのぞき、タイ飯を釣り堀のレストランで食って帰ってきました。またこのレストランが高かった。。。