jump rope routine

先日彼女の実家に行った時に、甥っ子の縄跳びが部屋の隅にかけてあった。懐かしさもあって暇な時間にちょっと遊んでみたんだけど、小学生の頃に平気でピョンピョン飛んでた縄跳びって、40にもなったおっさんがやるとこうもしんどいものなのかと、想像と現実のあまりの開きに愕然となりました。

やり始めると1分もしないうちにすぐに息が上がり出し、膝にかかる衝撃も相当。だんだんと縄を回す腕も筋肉が硬くなって来る。。これはかなり運動強度が高いです。実際にネットで検索しても縄跳びの運動強度はかなり高く、ランニングと同じ程度と書かれていたりですな。(縄跳び1時間とか今の段階では考えられない条件ですが)

しかし改めて考えると、これはバンコクみたいな都会の在住者にとてもマッチしたいい運動法じゃないかと思います。

理由として、

省スペースで運動が可能
駐車場でも出来る
なんなら家の中だって可能
雨でも困らない(屋根の下でやればいい)
ジムに行かなくていい(どこでも可能)
備品が安い(タイでも高いやつで250バーツぐらい)

など。今までランニングに関しては雨季になると雨がザザ降りで家/会社から出れない、公園などランニング場所が家/会社から遠いなどでいろいろと阻害要素がありました、家/会社の近くの道路を走ればいいじゃんと思うかもしれないが、日本なら可能ですがやはりバンコクは道路を走るのは車バイクを避けるのが大変で危険で、現実的でない。

それがジムもなく、移動もなく、これだけの強度の有酸素運動が出来るというのはかなり画期的じゃなかろうか??

これはバンコクのスポーツブームにもそのうち縄跳びが来るなと思いましたわ。Nikeやadidasみたいなスポーツウェアメーカーが小綺麗なAD作って煽ればすぐに街中で縄跳びも流行りだすかも知れないですな。

と思いつつも、

個人のスポーツで他人とほとんど交わらない > ということは自分の買ったウェアを他人に見せびらかす事がない

と言うことは個人で黙々とやるのであれば着るものにお金かける必要もないかと言う考えになってウェアは売れない、以外にウェアを中心にしたブーム作りはうまくいかなかったり。。。そう言う理由で現在も縄跳びは流行ってないのかも知れません。そしてこれからも。スポーツなんてのはファッション性の占める部分が大きいですからね。

話逸れましたが、今雨季でジメジメしっぱなしのバンコクなのでちょっと自宅で縄跳びにトライしてみたいと思います。数週間ぐらい続けて感想がどうなのか??ちょっと楽しみ。