image

iPhone7のホームボタン。。。

MBKで香港版のiPhone7を購入した際に、ショップのほうで貼ってくれたiPhone7のガラスフィルム。まあサービスなんだしそれほどいいモノを貼ってくれてるわけではないでしょうが、それでもなんかガラスフィルムが分厚くて使いにくかった。

iPhone7は今までのiPhoneと違いホームボタンが機械式ではなくなり、タッチ式になっていてボタンを押す感触が今までのものと異なります。それに対して分厚いガラスフィルムつけて使っているとどうにも違和感が多くてある日取っ払ってしまいました。

そうするとやっぱり幾分か使いやすくなったので良かった良かったと思ってましたが、やっぱりガラス表面に細かい傷や画面ガラス上のコーティングが経年劣化で剥がれてくると次回の買い替え時に買い取りのお値段が下がってしまう。。

普通の保護フィルムは画面の発色や指のすべりを犠牲にしてしまうので好かんですし、普通のガラスフィルムだと分厚くてiPhone7だと使いにくい。ということで出来る限りの薄型ガラスフィルムを探してみました。

image

OZAKI on iPhone7

で、買ってみたのはこれ。OZAKIというふざけた名前のスマホアクセサリーメーカー(台湾の会社らしい)。O!coat U-Glazという製品でiStudioにて990THB。これのいいところは薄さ0.15mm。普通のガラスフィルムだと0.30mmか0.33mmぐらいは厚みがあるからこれだと半分ぐらい。実際に使ってみるとたしかに前のガラスフィルムよりも違和感がない。圧倒的にこっちのほうがいいですな。こちらのガラスフィルムはガラス表面上のコーティング処理も上出来で指のすべりも非常によろしいです。もし彼女がiPhone7買ったらガラスフィルムはこれ買えばいいよという感じですな。

image
↑ Foldable???ホント?

ついでにMacbook Pro 13inch

しかしこのときにiStudioで見た2016年版のMacbook Pro 13inch、非常にいい出来でした。Touch Bar非搭載モデルしかまだ来ていないらしいですが、Touch Barでないものでもハードウェアデザインは現行モデルの延長線上でキーボードのタッチやトラックパッドの大型化、薄さと重さのバランスがうまく詰まってきてる印象でした。ただお値段は50,000THBぐらいからなんで簡単には手が出ません。。。今のMacbook 12 inchがもし壊れたとしたら頑張って買いたいな、という感じでしょうか。