Running Styles
Running Styles taken by Chris Hunkeler in Flickr

ランニング、マラソンを始めて2年ほど。自分にしたらよく続いている方だと思うんですが1回ランニングについてまとめてみようと思います。

体を鍛えるとかダイエットなどの理由でみんな手軽にランニングを始めると思います。でも結構きつくて、モチベーションの高い初回はいいけど、2回目以降続かないというような人がほとんどじゃないかと。

そんな中で自分でやってみたいくつかの対策を。そして最終的にフルマラソンまで走りきった実績ある方法をご紹介。

ランニング始める前は「どう考えても無理!スーパーアスリートだけだよ」と思っていたフルマラソンを走りきった達成感は言葉に尽くせないものがあります。フルを走りきった後も、(最初の完走は歩いた距離が大きかったでしょうから)次は歩かずに完走を、とか5時間を切ろうとかやること考えることいっぱいで次の日もまた前向きに走れるはず。

さて本題。最初のランニングの走り方ですけど、ホントは毎日走るのがいいんだけど、さすがにしんどくてできないってことなら平日週に2回を走るべきですな。距離は多分10kmがベスト。僕の場合、週2〜3回で毎回10kmを続けて来ました。10kmだと慣れてくると1時間でちょうど走りきれる距離で、遅くても1時間半ぐらいだし、社会人としては走りやすい。

最初は10kmでもかなりきついが、走ろうと思わないこと。とにかく10km歩く。特に太ってる人はいきなり走ると膝やかかと、腰を痛めるので注意。歩いて徐々に慣らします。

歩いてる中で「ちょっとは走ってみたい」と思えば走ってみる。ただし脚が痛くなったり、辛くなってきたら頑張りすぎず、すぐに歩きに戻る。でも立ち止まったらダメ。歩いてでも10kmは完走することを必ず肝に銘じる。途中で辞めずにちゃんと10kmを走ること。

そうすると人間の気持ちは「出来れば10kmは歩かず走り切りたい」と思うようになってくるのでやってるうちに少しづつ無理なく走る距離が増えてくる。

あまり急がずこれをしばらくやってると早い遅いは関係なくとりあえず10kmが完走出来るようになります。10kmミニマラソンにエントリしましょう。

最初は10kmのミニマラソン、次にハーフ、最終的にフルマラソンと体が慣れていくに従って距離を伸ばせばいい。自分の場合だいたい二回目づつぐらい出て脚を慣らして最終的にフルを走った。(距離を伸ばしていく間にも週2回ぐらいのペースで10kmを走っていた。練習で20kmとか42kmとか走るのは時間取るのが難しいのでたまに20kmは走ったがほぼ10kmランしてました)

始める前はどう考えても42.195kmなんか走れるわけないじゃんと思っても人間の体ってよく出来ていてある程度負荷をかけてるとちゃんと順応してくれます。とにかく急がずで距離を伸ばしていけば脚を傷めず時間をかけて (途中歩いてでも) 42.195kmを完走できます。

フルマラソン完走を目標に、42.195kmのゴールをくぐる自分の姿を想像しましょう。

とりあえずはこれでなんとか42.195kmのテープは切れると思います。。。フルマラソン走りたい人は試してみてください。