Macbook Pro 13インチ Late2016 がめっちゃ快適 2017年04月23日

MacBook Pro (Late 2016)

2015のMacbook(無印)12インチ(以下MB12)はなんだったんだ??と思ってしまう快適さ。Macbook Pro 13インチ Late 2016(以下MBP13)がめっちゃ快適でいろんな作業がぐっと楽になった。めちゃくちゃ早いというほどではないけど、快適に作業できるぐらいには早い。買ったのはTouch BarなしのMBP13の一番スペックが下のやつなので。とりあえずTouch Barなんてなくても全然作業はできます。

MBP13はキーボードのタッチも非常によくできてる。これと比べるとMB12はキータッチもイマイチだし、軽いのはいいがどうにもペラペラで僕のタイピングはビシバシ打つ方で時々その荷重に耐えられないんじゃないだろうかと不安になる軽さと薄さ。ディスプレイの厚さも非常に薄くてカバンの中で液晶部が荷物の圧力で折れたりしないか心配だった(折れたことはないですが)。MBPはしっかりした本体の厚みと1.37kgというそこそこの重量があって受け答えがしっかりしてます。

MB12の非力さというと、とかくブラウザ開いてテキストエディタで文章打ってるときに画面描画の遅延が出たりとかちょっとキツすぎる。基本的にスマホの買い替えを「メモ帳で日本語入力してるときに入力がもっさりするようだとパフォーマンス不足、買い替え時期」と昔は考えていたが、それに準じると要買い替えってことだったんだなあ。

2016年のMBPは改善されてるとは思うけど、MB12で2年ほど使用してキートップの塗装が禿げてしまったりしたのがあったので汚れ防止も兼ねて今回のMBP13のキーボードにはシリコンのキーボードカバーを浸けてます。これもぼちぼちいい感じで、トータルとしてMBP13には今んとこほとんど文句がありません。

USB-Cが2つしかついてないという点も、MB12だとUSB-Cが1つだけだったのでここも大きい進化に思える。ひとつはACアダプタ繋いでひとつはiPhoneにっていう当たり前のことが可能だ。

スピーカーの音はMB12は悪くなかったけど、MBP13はもうちょっと広がりがある感じでこれもよい。トラックパッドもさらに巨大化した。びっくりするぐらいMBP13のトラックパッドの範囲はでかい。ひとつ残念なのはMBP13ではMacの起動音がならないこと。テック系サイトなどでCLIのコマンド一発でbootサウンドを復活させる方法が乗っているが、出荷ロットでNVRAMの
仕様が異なるのか僕のMBPでは音がならない。ここは未だに研究中。

ということでめちゃ散文に書きましたが今現行で売っている2016年モデルのMB12がどうだか不明だけど、とりあえずMB12を買おうとしてる人は、「iPhoneやiPadでだいたい事足りてるけど、パソコンも勉強するとか、パソコンもちょっと触りたい」とか言うレベルならいいと思いますが、普通にオフィス仕事やらデザイン関係やる人ならMB12買うよりもうちょっとだけお金足せばMBP13の最下位モデルが手に入るのでがんばってそっち買ったほうがいいです。全然快適。 

なんでタイにはiPhone7用のアップル純正バッテリーケースがないんだろう?? 2017年04月22日

image
↑ iPhone6/6s用のみ。。。

日本では普通に売ってるし、タイでなぜ売らないかの理由がよくわからん商品が、これ。アップル純正のiPhone7のバッテリーケース。タイのアップルの販売店であるiStudioやiBeatなどに行ってもiPhone6s用はあるが、7用がない。オンラインのアップルストアにもない。なんで???価格とかデザインとかいろいろ言われてるけどとりあえず純正バッテリーケース欲しいんだけどなあ。。。日本に帰ったときに買いに行くしかないかな。。。

「恋する惑星」をやっと観た 2017年04月21日

つい先日初めて香港映画の「恋する惑星」を観た。

ツイッターかなんかで「恋する惑星」というキーワードが流れてきたので「あー、そういやそういう映画あったなあ」と思い出してiTunesやAmazonでオンラインで観れるか検索してみたらなんとAmazonプライムの見放題で鑑賞可能でした。いやー、Amazonプライムの見放題のサービスには結構お世話になってるなあ。

1994年公開の香港映画で僕はその頃高校3年生だったわけで、映画もよく観ていたし、この「恋する惑星」も公開当時から知っていた。でも公開当時も観に行かなかったし、あとからレンタルビデオなどで観ることもなかった。

たぶん「恋する惑星」っていう邦題でなく原題通りに「Chungking Express」とかのタイトルなら観ていたんじゃないかと。「恋する惑星」なんてタイトルはメタルばっかり聞いてたり、通学中にストーンズのSympathy for the Devilを1曲だけリピートにして延々聞いてる野暮天高校生には敷居が高かったんでしょう。でも今なら観れる。とりあえず小洒落た感じの映画もバンコクに居てると絶対数が少なくて進んで観る気になります。

さて所感。

この映画前半戦と後半戦に別れますが前半戦はストーリーは個人的に何にも引っかからないけど、映像の出来が非常にいいですなー。久しぶりに観ましたわこんな映画らしい緑がかったフィルムの色。アジアらしい夜の街の闇と明かりの対照がきれいで画面の色に見惚れてしまう。とにかく飯をドカ食いする金城武も若くて男前でゲイにもモテそうですなー。

後半戦、こちらもやっぱり絵が綺麗ですなー。音楽もいいし。フェイ・ウォンも確かにかわいい。全然色気のないのもいいですな。トニー・レオンのほうは印象に残るのはブリーフ姿とペタッとした七三。。

いやー、後半戦もストーリー自体は自分にはほとんど引っかからないが、映像がきれいで時間おいてまた観たいなと思える作品でした。もうちょとだけ早く観ておいても良かったかなとも思いました。

恋する惑星 [Blu-ray]
恋する惑星 [Blu-ray]

posted with amazlet at 17.04.22
KADOKAWA / 角川書店 (2014-11-28)
売り上げランキング: 5,932

田舎のカオニャオはなんでこんなにうまいのか 2017年04月20日

Sticky rice

毎回毎回イサーンの田舎に行くと思うのがホント ข้าวเหนียว カオニャオ、もち米がうまいってこと。

田舎のカオニャオはバンコクのイサーン屋台で食うカオニャオよりも若干色が黄色い。穀物なんだからそんなもんだろうと思うけど、バンコクの屋台などで出て来るカオニャオは純白。そしてもち米の香りも薄い。

味はなかなか説明し難い。どちらももち米。それはそうなんだけど、イサーンで食うカオニャオの方が穀物らしい雑味がします。玄米のような穀物らしい香ばしい香りも田舎の方が若干強いような気がします。

どちらもバンコクとイサーン比べてわずかな差なんですが、なぜか田舎のカオニャオはうまくてうまくてなかなか手が止まらない感じです。一晩置いて再度蒸し直したカオニャオも臭くもなく同じく美味いのがいいところですな。

手が止まらず毎回食いすぎてしまい、よく食うからうちの彼女の実家の人も「それそれ、食え!もっと食え!」と喜んで勧めてきてさらに食いすぎます。

高級タイもち米(もちタイ米-カオニャオ) 5kg
吉字屋穀店
売り上げランキング: 50,619

แกงกาแฟ ปตท PTTのコーヒーカレー 2017年04月19日

image

タイの国道をしばらく走ると必ず見かける ปตท PTTというガソリンスタンド。ほとんどのPTTでアマゾンというカフェが併設されていて給油のついでにコーヒー一杯一休みが出来る。

「アイスカフェオレ持ち帰りで。あ、氷溶けて薄ーくなるから氷とコーヒー分けておいて」

とうちの彼女が注文したらこんな感じで出て来た。

タイの文化というか通例で言うとこれは至極真っ当なんだろうけど、コーヒーがどう見てもタイカレーに見える。「こりゃ、แกงกาแฟ ゲーンカーフェー(タイ式コーヒーカレー)だね」と言ったら彼女も555(数字の5はハーと読む。555で、ハハハ、笑い声の意味)と笑ってた。

カップの中の氷の溶けた水をざっと捨てて、袋のコーヒーをカップに開けて飲む。心成しかコーヒーが塩っぽい気がする。。。しないか。

tweets

search??