タグ: Traffic jam

バンコク道選び 2016年05月06日

Bangkok traffic

バンコクにてバイクで通勤するなら、複数車線あって大きな道路より細い裏道のほうが出退勤の時短に繋がる。

特に渋滞時は信号が自動運転よりも手動切替になって、一旦赤になったら15分は切り替わらないというようなこともあるし、信号にひっかかったら1,2分という単位で足止めを食らう。

信号のない裏道だと車は大概大渋滞を起こしているがバイクが通れないほどの渋滞はまれである。(インドに行った時、人が歩いて抜けるスペースもないほど道路にぎっちりと車が詰まった渋滞を見て腰を抜かしたことがあるが)

なので路地でもバイクで対向車線などからガンガン抜けていって大通りの半分ぐらいの時間で抜けることが出来たりする。

以前の会社では約6年間同じ住まいから同じ会社に通い続けていて自然に最時短経路を選択してたみたいだが、今回新しい場所にしばらく通う仕事が発生し、改めてよく考えてみたら通勤の際に道を選ぶ基準はこうしたほうがいちばん時間が短くて済むという結論。

カオサンまで運転していくには 2013年03月30日

日本語読める人で、自分で車運転する人で、カオサンに行く用事がある人、このフィルタをかけて何人がこんな情報を必要としているのか非常に微妙なところがありますが、ここ最近自走してカオサンに行くことがたびたびあり、多分一番渋滞を避けたルートってのがこれだろうなというのがありましたので一応書いておきます。


View Road to Khaosan in a larger map

カオサン(“i”のマークを打ったところ)のある王宮エリア、中華街エリアはコ・ラッタナーコーシンと言われる現王朝が以前に城下町を形成していたチャオプラヤー川と水路で囲った島状のエリアにあり、個人的にバンコクの渋滞が引き起こされる第一の要因、一方通行が多すぎる環境なのであります。

大体、シーロムやスクムヴィットなどのダウンタウン、繁華街エリアから車でアクセスするルートは地図に示した赤の線、すなわちタノンヤワラートか、泥棒市場周辺ウォラチャックを通るタノンルアン、もしくはタノンランルアンの大体どれかになるかと思います。これら以外の東西に走る道路は基本一方通行で西から東にしか走れない状況。ちょっと話は逸れるが、緑の線で示したタノンジャルンクルン、これは今言ったように西から東にしか走れないが、個人的にはここの渋滞がバンコクで一番過酷じゃないかと思う。それぐらい混む。死ぬほど混む。バンコクの道路で一番最初に舗装された道路で今でも1番バスが走る中々歴史ありな道路だが、とにかく過酷。日常生活の中でこの道路にだけは踏み入れないように気を付けている。

んで、カオサンへのアクセスですが、赤線の3つが大渋滞するので、青線のルートをオススメ致します。僕の場合は大体いつも高速道路を使って อุรุพงษ์ ウルポンの降り口からラマ6へ入り、左折してタノンペッブリに入ります。スクムヴィットから来る人ならペッブリを通ってきてもいいのかもしれないが、Pantip Plazaなどがあったりで結局ペッブリも混むので高速で来るのがいいんじゃないかと。

また、ラマ6からペッブリに入った直後に微妙な分岐があります。


View Road to Khaosan in a larger map

これ。これは青線ルートで行くなら右を通りましょう。左から行っても後の線路と交差点があるあたりで方向修正できるんだが、交差点と踏切、線路が重なっていてわかりにくい上に左にボーベーの市場があり渋滞しやすい。渋滞してた場合、みんなイライラしてかなり運転マナーが悪くなってるのでめんどくさい。ここを素直に右に行っておけば苦労しないのであります。これでタノンピサヌロークを突き当たりまで直進、左折してタノンサムセンを2回橋を越えるまで直進。その後は左折するとバンランプーの駐車場があります。だいたい僕はいつもこれで行ってます。。。

※ ただし、以前の赤服や黄服のデモの時のように政治運動、デモなどがある場合、まっさきにこのルートが交差するラチャダムヌンクラン、国会議事堂前が占拠されて封鎖されたりするのでこのルートも激混みになります。とはいえ、他のルートも同じく混むのかもしれないっすけど。。。

Uターンラッシュ大渋滞 2012年01月04日

Workshop Pics - Traffic

さて、カオプラウィハーンの参拝が済んで(と言っても中には入れなかったが)、どこに行くべか?と考えているうちにカンタララックから24号線に入るとすでにバンコク方面にむけて大渋滞が。

往復1車線ずつの国道をバンコク方面行きの車が左の路肩、中央線から左のレーン、中央線から右のレーンまで勝手に3車線にしてノロノロノロノロと走る。バンコク方面から来る車は一番右側の路肩を申し訳なさそうに走らざるを得ない状況。たまにその右側の路肩まで走行する車が居て対向車が来て右往左往してたり。


↑ こう道路があって。。。

Continue Reading