タグ: バンコク

CROPWELL BISHOP BLUE STILTON。こってりうまい。 2014年10月17日

DSC01298.jpg

最近地味にチーズにハマっております。タイには西欧人の駐在員も多いのでバンコクのスーパーなら色んな種類のチーズを簡単に手に入れられます。んで何の気なしにたまに買ってつまんだりしてたんですが、スイスのエメンタールなんかがうまくてうまくてブロックでまるごと食べてしまったりしてました。

んで、くっさいチーズの代表格であるウォッシュタイプチーズを食ってみたいと思いバンコク内のスーパーを探すのですがこれがまたどこにも置いていない。残念に思いながらも今日スーパーのチーズの棚を眺めているとブルーチーズで外皮がもうガビガビになっていてもうこれは「超臭そう」という佇まいのチーズがあったのでうっかり購入。それが上の写真であります。

んで再度調べてみるとStiltonのチーズってブルーチーズの中では有名な奴ですな。ゴルゴンゾーラ・ロックフォール・スティルトンと言われる中で僕はスティルトンだけまだ食べたことがなかった。外皮のガビガビ具合がまさに腐ってる!と思わせるいい風体で実に期待できる。

DSC01299.jpg

ちょっとまた久しぶりにブログ用の写真の練習も兼ねて一眼レフで写真撮ってます。でもこれは失敗。ボケはしっかり出てますが、伝えたい肝心の外皮の具合がイマイチわかりにくい。白い背景で撮ったのも間違いだな。チーズも白系だからチーズが目立ちにくい。

DSC01300.jpg

断面。しっかり青カビのまだら模様。これ、撮った写真の彩度を下げてわざと写真をタンパクな印象にしてますが、彩度を上げて黄色が前に出てくるとホントに”腐った食べ物”然としててちょっとリアルすぎるのです。

ま、見た目は以上になりまして久しぶりに食ったブルーチーズ、このスティルトンはめちゃうまかった。今まで食ったゴルゴンゾーラもロックフォールも青カビの発酵臭が鼻にツンと来すぎてチーズだけだと全然食えなくて野菜やフランスパンに塗って食わないとダメだったけど、このスティルトンは同じぐらいに十分塩っぱくいんだけど舌触りねっとり、味も穏やか。飲み込んだ後に喉から鼻に強めの発酵臭が抜けてしつこくはない。こりゃうまいわ。

というわけでブルーチーズの中では個人的に一番好きになったスティルトンでした。しかし、バンコクでぜひ一度リバロとかのウォッシュタイプチーズが食いたいがどこか売ってるんだろうか?知ってる人が居たら教えて下さい。。。

日本への一時帰国 2014年10月09日

Into the Airport Light
“Into the Airport Light by Alan Levine, on Flickr”

12月の第二週に日本一時帰国を決めました。ちょうどこの時期タイは12月5日にワンポー(父の日、国王誕生日です。)があり、10日も祝日で休みやすい感じだったのでこのあたりに決定。航空券もAirAsiaで取って8,970THB(約30,260円)。ただし、AirAsiaなんでこの費用の中には機内食や席のブッキング料金、預け荷物の料金は入ってません。席のブッキングもろもろ含めジャスト10,000THBぐらいとなりました。

これでバンコクから日本(大阪、関空)まで直行便で帰れる嬉しい時代。一番最初バンコクから日本へ飛んで帰った2006年当時スワンナプーム空港には日本へビーマンバングラディシュ航空が成田までの便を飛ばしていてそれを12,000THBだったか13,000THBだったかで乗った記憶がある。23:00ぐらいの出発時間だったが6時間、7時間とディレイしてずっと空港のベンチで文庫本を読んでいた記憶がある。今はそのビーマンバングラディシュよりもまだ安いんだもんねえ。

しかし、発着時間に癖があり要注意。バンコク発関空着は15:20-22:40となっていて関空のイミグレ抜けて到着ロビーまで出てきたら軽く23:00は回るでしょうから、空港からの足が限られる。一応バスが梅田、なんばまでは出ているらしいが、どうがんばっても公共交通機関で移動するにはその日はそのあたりが限界でしょう。僕は妹夫婦にお願いして車でピックアップしてもらえることになりました。

関空着バンコク着は00:10-04:00。まあ22:00頃から関空に入っていれば交通の便は気にすることないし、バンコク着が04:00となるが、深夜とはいえバンコク在住者で慣れた人ならちゃんと空港からタクシーがあるから問題はないでしょう。

たぶんバンコクー関空直行便はこれ以外の時間には飛んでないんじゃないかな?でもまあ非常に嬉しいお値打ち価格。

今回は大阪のみの帰省なので滞在中もほとんど金を使わないだろうなあ。ネットやKindleがあるので日本に帰って調達したい品というのもかなり少なくなって、実家の様子を見に帰る、家族会議、地元の友人に会う、以外は何も予定がない。冬なので鍋が食べたいなあ、ぐらいかな。それも高級なものでなく適当な鶏ちゃんこぐらいでオーケー。あとおでん食いたい。

最近は毎回買い込んでいた胃薬も買わなくなったしなあ。。

多分今年最後になるドリアンを 2014年10月08日

image

もう完全にシーズンを過ぎてしまいましたが、いつもよくドリアンを買っていたお店の前を通りかかるとなんとまだドリアンが売っていた!単価でキロ110THB。しかも大きな玉しか売ってない。5kgだと550THBもする。しかもやっぱりシーズンオフだからか皮が厚くて可食部の少ないものしか入荷してない模様。

うん、それでも買う。ドリアン食いたい。まあ、変な高い砂糖菓子買うよりいいだろと自分に言い聞かせて多分今年最後になるだろうドリアンをお買い上げ。

ドリアンを小脇に抱えて隣のイサーン料理の屋台で晩飯。なんか今回買ったドリアンは匂いが強烈。個人的には好きな匂いなんで問題ないですが周りの人も「あのドリアン、匂いキツイな」と思ってたでしょう。

さて、帰宅後ひとっ風呂浴びて飲み物(水ですが)を用意して食する!皮が厚いと言っていた割には実は結構でかくて嬉しい限りですが、やっぱりちょっと熟れにムラがありますなあ。値段の安いドリアンとか、シーズンからずれたドリアンってのはこういう一部柔らかく熟れてるけど一部は未熟で結構硬い、みたいなのが多い気がする。

まあ、それはそれとしてまた来年の5月以降の旬真っ盛りにトロ熟のうまーいドリアンを食えることを願いましてドリアンの食い納めを行いました。ごちそうさま。

iPhone5S用保護ガラス 2014年10月06日

写真-773

またiPhone5S用の保護ガラスを買いました。彼女のiPhone5S用。自宅近くのセントラルラマ3のiStudioにて590THBで購入。販売しているのはHiShieldというブランド名でパッケージの裏にはタイ語で解説が書いていたのでタイの会社かな?ただ、保護ガラスの製品自体は日本のものを輸入して販売している模様(パッケージにそう書いてあります。嘘かもしんないけど)。

エンポリアムとかで保護ガラスでは有名なブランドのSpigenの保護ガラスとかは売ってるんだけど1600THBぐらいしていて高い。日本円換算だと4500円超えで、Amazonなんかで見てみると今は1000円台とかの保護ガラスがゴロゴロしてる。Spigenとかの名前の通ったブランド以外はコピーものが溢れてきていてお値段がこなれてしまっているんですな。

と思ったらiPhone5sはもう型落ちだからかSpigenの保護ガラスでも値段は1000円台。。タイは高いねえ。で、とりえあずお値段重視で購入したHiShield。

写真-774

特段ガラスのクオリティ的にも付属品的にもなんら品質的には問題なしでした。

しかし、iPhone5/iPhone5Sと保護ガラスって相性がよく、裸持ちでなく、ケース付けて持ち歩いている人にもいいと思う。ポケットの中で弄っている時にもホームボタンが裸持ちの時よりへっこんでいて触感でホームボタンの位置がわかりやすく、ポケットから引っ張りだす時に親指でワンクリックしてそのまま指を添えておけば顔の前まで引っ張り出してきた時にはホーム画面が表示されている。

iPhone5S アニリン革ブラウン 経年劣化 2014/05/04 | ガジェットオン
↑ こちらの方のiPhone5S+保護ガラス+ブラウン純正レザーケースが奇跡的なかっこよさ。

iPhone 6用保護ガラスは買ってはいけなかった – 週アスPLUS
↑ 対して何だこのiPhone6の保護ガラスの中途半端さは?

いくらスマートフォンのディスプレイガラスは表面強化されていて強いとは言え長く使ってると傷がつくからきれいな画面で使いたい人には向いている。使い心地も標準のガラスの触感から何も損なわれないからいい感じで、これはまた次のiPhoneに乗り換えた時も使おうと思っていたが、iPhone6はディスプレイのエッジがラウンドガラスになっているので保護ガラスが中途半端な形になっていてカッコ悪いことこの上ない。この保護ガラスという製品はなかなかいいもんだな、と思っていましたがAppleのラウンドガラス採用で多分イッキに需要が冷え込んで息絶える運命にある製品カテゴリだと思います。。。少なくともiPhone5Sを使っている間は愛用しようと思います。

伊藤園のティーバッグほうじ茶がうまい 2014年10月05日

写真-779

この伊藤園のティーバッグのほうじ茶、スーパーのTopsで260THBもするかなり高いお茶だけど、これがうまいんだわ。

スタバの紅茶のティーバッグみたいに三角のメッシュのティーバッグに入っていて20袋入り。260/20= ひとつ13THB、日本円にすると大体3掛けだから40円もする。

写真-780

バンコクで売ってる他の日本茶のティーバッグよりも全然うまくて、アルミパックの個別包装を開けた際に袋に残っているダストのような茶っぱの香りがまた素晴らしくてずっとシンナー吸ってるがごとくこの香りを吸ったりして怪しまれている。てか、お茶飲まなくてもこの香りで満足じゃ。

残念なのは高いのと、そのおかげなのかあまり売れないんだろうな、Topsも一回品切れすると中々入荷しない。欲しい時に中々手に入らないジレンマがあります。

でもまあこんな完全に日本人向き商品が普通に町のスーパーで手に入るバンコクが好きです。

↑ やっぱりバンコクで買うと値段が倍近くになってしまうのね。