LIDOのGrilled Vegetableが美味だった 2021年02月17日

Yy

知ってる限りではシーロムサウナとニューサトーンサウナしか身の回りでサウナ店が開いてない今日この頃ですが、とある日に同僚と一緒にニューサトーンサウナに行き、帰りにすぐ近くのイタリアンのお店、LIDOに立ち寄った際の写真。

このGrilled Vegetableがなかなかの美味でした。自分はベジタリアンで、かつここんところ断糖ケトン式ダイエットやってるので糖質も取れないんだがこれなら大丈夫。ちょっと糖多めの野菜(にんじんとかたまねぎとか)あるけど、まあこれぐらいならセーフでしょ。ほぼほぼ素焼きってのも変な調味料が入ってなくてよしです。200バーツぐらいだったかな?ケトン式のダイエットしてる人はこのメニューかチーズ食べるぐらいにしておかないと糖を取っちゃうことになります。

なぜか店の空気感がゆるゆるで非常に居心地のいいお店です。もう10年来ぐらい、思い出したように行ってます。前職を退職した日の晩もここで一人でビール飲んでたなあ。。。

バンコクの7-11にもほぼアーモンドミルクが常時置かれるようになった 2021年02月11日

IMG_20210213_110338

最近はバンコクの7-11もアーモンドミルクの品揃えがどこの店を見てもちゃんと置いてあるようになった印象。アーモンドミルクは糖質がゼロのものもあって、断糖には非常に便利。たぶんこういう糖質ゼロのものを昼間に摂って、朝飯は抜き、晩飯はとにかく糖質の入っていない肉、豆腐、キノコ類などを食って断糖生活すれば2,3日ですぐに尿にケトン体が出てくるんじゃないかな。

キツいのが2,3日のみ、と考えておけば最初のしんどいところも乗り越えられるかと。ちゃんと尿チェックでケトン体出だしてきたらグッとモチベーションがあがるから、あとは1週間、体がなれるまで続ければいいだけのこと。後はだいぶ楽になるのでそのまま続ければいい感じですな。日本のコンビニの状況がどうなのかわからないけど、タイでは意外にこういうところが便利だ。

IMG_20210213_110343

↑ こういう糖質ほぼゼロのものを選べばいいのかと。

New Sathorn Saunaは元気に営業中 2021年02月02日

Sauna

またまたCOVID19のおかげでカーネーションサウナも湯の森も閉店中で、サウナ好きには寂しい昨今ですが、2月からニューサトーンサウナは営業中です。ついでにシーロムサウナも営業中らしい。自分は今週末シーロムサウナにトライしてみるかな。ちなみにカーネーションサウナはまだ営業再開の予定はぜんぜん未定とのこと。

Beyond Sausage を喰らう 2021年01月23日

IMG_20210123_191128

ベジタリアン用のフェイクミートを作る話題のメーカー、Beyond Meat。アメリカのフェイクミート、プラントベースミートを製造するメーカーで代表的なのがImpossible FoodsとこのBeyond Meatか。タイにはImpossible Foodsの製品は入ってきていないのかな。一度もスーパーなどで見たことがない。

以前Beyond MeatのハンバーガーパティとなるBeyond Burgerを食べてみたが、ちゃんと製品の味を引き出す調理が結構難しいもののかなり肉の味、食感に近くてびっくりしたものですが、ソーセージ版が出ていたので買ってみた。

IMG_20210123_191134

IMG_20210123_191139

改めて気づきましたが、Nutrition Fact見たら糖質が0なんですな。今結構厳格に断糖食を実施してるので加工食品だけどこれなら食べれる。

IMG_20210123_194054

焼いてみました。が、これも非常に焼き方が難しい。ソーセージの皮の部分がフライパンの底にくっつくし、相当太さのあるソーセージで、冷凍状態からちゃんと中心まで火を通すのが難しい。自分はフライパンにソーセージを放り込んだら水を少し入れて蓋をした状態で水がなくなるまで蒸し焼き。その後は中心に火が通るまで普通に焼く。中火ぐらいにしておかないと皮の部分が焼けすぎますな。あと、長々焼いていてもソーセージの中から肉汁もどきが流れ出てきて結構パサパサになってしまうかもしれない。パサパサにならないようにちゃんと中心まで火を通す加減が非常に難しいと思う。このへんは修練が必要です。

で、味は。。。割とイケてるとは思うけど、バーガーのほうがいいかな。

自宅コンドのセブンイレブン自販機にハイネケンアルコールフリーが 2020年11月29日

IMG_20201128_200543

やっぱ、ちょこちょこは更新せんといかんですな。。。さて、

タイのコンドミニアムは1階の入り口にミニマートがあったり、コンドの中に住人向けの飯屋があったりといろいろ至れり尽くせりなところがあるが、つい最近うちのコンドの入り口にセブンイレブンの自販機が設置された。基本その自販機ではお酒は売っていないのだがハイネケンのロゴに目が引かれたのでよく見てみたらああ、これはノンアルコールビール。

IMG_20201128_200546

よく見るとこちらに”0.0″と大きく書かれている。そして下側にも、

IMG_20201128_200550

小さな文字で “ALCOHOL FREE” 明確にノンアルコールですよー、と明記してありますな。

このハイネケンのノンアルコールビール、今年の3月にうちの会社の慰安旅行でプーケットに行った際に見つけて飲んでいたが

「?」
「?」
「なんか味違うね。」
「違いますね。」
「なんだろう?ラベルデザインもバンコクで売ってるハイネケンと違ってるし、南タイはバンコクとは生産が別なのかな?」
「マレーシアとかシンガポールとかから輸入してるとかなんすかね。」
「でも全然味違うね。」
「そうすね。」

などと酔っ払ってもないのに普通のビールと思い込んでいてぜんぜんノンアルコールビールだと気づかずに恥ずかしい思いをしたものです。まあ別にセブンイレブンの冷蔵庫の中にはちょっと前からもよく見かけていたが自分ところのコンドミニアムの自販機にもやってきたので、久しぶりに飲んでみた感じです。

タイは日本ほど飲酒運転に神経質ではない(いや、これは書き方違うな。飲酒運転はダメ!なんだけど、ひっかかる基準値も日本より寛容だし、日本ほど大犯罪人みたいに見られない、いやこれも違うな事故らなければ、の話か。いや話がまとまらなくなるので、とりあえずタイでも飲酒運転はダメです。)からか、日本ほどノンアルコールビールの種類も見ないが、昔と違って少しこのハイネケンのノンアルコールビールもうまく感じました。