タグ: エイジング

iPad mini Smart Case と iPhone Leather Case 2014年10月23日

DSC01308-2.jpg

iPad mini 3 が発表になって値段がガクッと下がったiPad mini2 (旧 iPad mini with Retina Display。名前コロコロ変えたりするのやめて欲しい。。)、WiFi+Cellular 128GBが以前なら28,400THBもしてたのが今は21,400THB。一気に7,000THBの値下がり。職場の下のiStudioに行った時は欲しいモデルの在庫はなかったが、自宅近所のいStudioに行くとあった。しかもシルバーのモデル。ばっちり。買ってしまいましたがな。

んで、ケースはもうあまり考えずAppleオリジナルのSmartCaseを。次のiPad mini 3でも使えるはずなのに最近は各店舗在庫が少ないように感じる。iPhoneのレザーケースと同色で汚れやすそうなベージュを。

DSC01306-1.jpg

改めてiPhoneのケースと一緒に並べてみるとiPhoneのオリジナルケースのエイジング具合(=汚れ具合)がよくわかるな。iPhoneはほとんどの人が1年か2年で買い換えるであろうことを考えると通常の革製品のエイジングスピードではいい具合になりかけてきた頃に買い替えになるからわざと経年変化の早い材質で作っていると考えていたが、8月ぐらいにiPhone買って10月の終わり、この色の差である。やっぱりレザーケースは色濃いほうがいいと思いますよと。色が変わってくる部分が汚れにしか見えないもんなー。

でも地味に気に入ってたりします。かなり勝手な解釈ですが、エッジ部分の色がかなり濃く変わった部分から背面真ん中の色の変化の薄い部分に向けてGibsonのレスポールのサンバーストみたいなグラデーションがいいんです。

iPad miniのケースはどう育つのか。

iPhone5SのAppleオリジナルケース、3週間ほどのエイジングを経て 2014年09月12日

DSC01237-1.jpg

8月18日の週にiPhone5Sのオリジナルレザーケースを購入してしばらく使いました。革製品なんで使って時間が経っていけばどんどん見た目が変わっていきます。いわゆるエイジングという奴です。特にスマートフォンというもののケースということで他の何物よりも日々の生活の中で触っている時間が長いということと、iPhoneの製品発表サイクルを考えると発売時から約1年で新機種が発表となり、従順なアップルファンならその時点で新機種に買い替え、古いレザーケースはお蔵入り、ということになるはずなのでアップルが意図的にエイジングでの変化の速い処理を施したレザーを採用しているようなので、前々からネットではこのApple純正ケースは汚れやすいと評判でした。わざと手の脂や湿気などを吸いやすい表面処理のレザーで試用期間数ヶ月で使い古したレザーのいい雰囲気を出せるように設計したんじゃないかと思いますが、汚れやすいという評価はユーザーにはまったくデメリットとしてしか認識されてないと思われます。

まあ、そんな中で天邪鬼的に1番汚れが目立つというベージュのカラーを選択して3週間ほど使ってみた経過です。

DSC01241-4.jpg

DSC01239-2.jpg

DSC01240-3.jpg

全体的に色が黒ずんで来てます。それも背面、手に触れている部分のみ。そしてケースのエッジの部分、四隅の角とかはポケット内でも衣服と1番摩擦がある部分なんで結構黒ずみが乗ってきております。確かにレザーの経年変化の色ではあるんだが、確かに今の段階ではあまり綺麗なエイジング状態ではないな。。。もっと使い込んでいって全体的に色がダークに変化していけば様になってくるんだろうか??とりあえずもうちょっと使ってみます。ただ、まだ四隅のように摩擦と手の脂でレザーの表面が硬化してきていると問題ないと思うが、その途中経過の部分が肌触りがなんかペタペタしててイマイチ触り心地が悪い。これももうちょっとすればよくなるだろうか???