タグ: アイフォン

タイの3大キャリアにてiPhone7が予約開始 2016年10月07日

an106040093apple-inc-ceo-ti

2016年10月07日にてタイの3大携帯キャリア、AIS、dtac、true move hにてiPhone7の販売の発表があって、Pre-registが開始されている。

このPre-regist、予約、ではなく単に買いたいかどうかの調査のためのエントリで一応客側は登録しておけばキャリアから販売に関してのアップデートがあれば情報を受け取れるというもの。のちに本予約が始まるのだと思う。

とりあえずキャリア側がiPhone7の仕入れ数を探るためのものだと思われます。

で、前回、前々回ぐらいからiPhone買う際にはこういうステップになったと思うけど、いつも通りこの段階でも価格が提示されていない。各キャリアとアップルで販売数を予測しながら談合的に最終的な価格調整してんじゃないのか??

で、先日までiPhone7はスルーかな、と考えていましたが日本でiPhone7の実機に触れて俄然買う気満々になってしまってます。病気は治りませんな。

で、タイでの価格をいろいろ想定してみます。

まず、日本のiPhone7/7Plusの価格。それをここ数日のレートでタイバーツに切り替えてみます。

7
72,800JPY > 24,650THB
83,800JPY > 28,380THB
94,800JPY > 32,100THB

7+
85,800JPY > 29,050THB
96,800JPY > 32,775THB
107,800JPY > 36,500THB

さらにiPhone6s/6s Plus の価格も同じようにまとめてみます。

6s
61,800JPY > 20,820THB
72,800JPY > 24,530THB

6s+
72,800JPY > 24,530THB
83,800JPY > 28,235THB

これらが日本の価格で、次にタイでの現状の iPhone6s/6s Plus の販売価格を見てみます。

6s
22,500THB
26,500THB

6s+
26,500THB
30,500THB

というわけで、現状比較可能な iPhone6s/6s Plus を見るとだいたいどれも日本の価格に2,000THBを上乗せした価格になる感じ。為替のバッファなのかプラスで60USDも取られるってのもちょっとどうかって気がしますが、とりあえず事実は事実。なので、

iPhone7/7Plus も同じように日本価格に2,000THBぐらい上乗せした金額がタイでのオフィシャルのiPhone7/7Plus の販売価格になるんじゃないかと想像しています。

タイでの iPhone7/7Plus 私的想像販売金額

7
26,650THB
30,380THB
34,100THB

7+
31,050THB
34,775THB
38,500THB

ちなみにウェブを見てみるとどういう根拠なのか全く説明がないものの同じように販売価格を記載してるサイトが。

Apple iPhone 7 Price in Thailand

Price of 32GB model: THB22,923
Price of 128GB model: THB26,455
Price of 256GB model: THB29,987
Price of iPhone 7 Plus 32GB:THB27,161
Price of iPhone 7 Plus 128GB: THB30,693
Price of iPhone 7 Plus 256GB: THB34,225
http://www.mobile57.com/th/phones/apple-iphone-7-4081

↑ 蓋開けて実際にはこれぐらいの価格になってくれたら嬉しいが。

Apple iPhone 7 Price in Thailand

Price of 32GB model: THB26,000
Price of 128GB model: THB30,000
Price of 256GB model: THB34,000
Price of iPhone 7 Plus 32GB:THB30,700
Price of iPhone 7 Plus 128GB: THB34,700
Price of iPhone 7 Plus 256GB: THB38,700
https://specphone.com/web/wp-content/uploads/2016/09/iPhone-7-iPhone-7-Plus-Price-cover.jpg

↑ こちらだと僕の想定とほぼ変わらず。

で、このタイでiPhone7/7Plus発売の発表を受けてタイのスマホの殿堂MBKでもiPhone7/7Plusの自由価格相場に影響が。

MBK iPhone7/7Plus価格
Treemobileのサイトから

Apple iPhone7
ip7 32 black 31,000THB
ip7 32 silver 29,000THB
ip7 32 gold 29,000THB
ip7 32 rose 29,000THB

ip7 128 bk 33,500THB
ip7 128 silver 31,500THB coming
ip7 128 gold 31,500THB
ip7 128 rose 31,500THB‎ coming
ip7 128 jet bk 36,000THB

ip7 256 black 35,500THB
ip7 256 silver 34,000THB
ip7 256 gold 34,000THB
ip7 256 pink 34,000THB
ip7 256 jet black 38,000THB

Apple iPhone7 Plus
ip7+ 32 black 38,000THB
ip7+ 32 silver 36,500THB
ip7+ 32 gold 36,500THB
ip7+ 32 rose 36,500THB

ip7+ 128 black 43,000THB
ip7+ 128 silver 40,000THB‎ coming
ip7+ 128 rose 40,000THB
ip7+ 128 jet black 49,000THB

ip7+ 256 black 45,000‎THB
ip7+ 256 silver 43,000THB‎ coming
ip7+ 256 gold 43,000THB‎ coming
ip7+ 256 pink 43,000‎THB coming
ip7+ 256 jet black 51,000‎THB

MBKでは並行輸入の完全自由価格なので人気のある色の価格が他のものよりも上がります。モノは香港から持ってきたものになるらしい。

現状のMBK価格をみるとiPhone7の不人気色、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの128GB、256GBあたりはタイオフィシャルの想定価格と変わらずの値段になってきた。なのでこのあたりで買うのもアリかと思います。ただ、オフィシャル販売が開始されたらMBKの現状の在庫は海外版iPhoneになるわけで、国内版よりも1,000-2,000THBぐらいは安くなるかと思います。iPhone7は6sともそれほど見た目と仕様が変わらないのであんまり買う価値ないよね、とMBKの店の姉ちゃんに言われつつもランニングなどに使用して汗や不意の雨なんかに対して安心したい、それも今!って人はもう買いだと思います。

逆にiPhone7PlusはまだMBK価格が高く、オフィシャル販売をもう少し待つのが賢明かと。と言いつつ、まだこれだけプレミア価格が付いているということはオフィシャル販売が開始されても全然流通量が少なく、なかなか手に入らないのが現状なのかもしれません。。

とりあえず、後は自分のiPhone6s Plusを下取りしてもらうんですが、iPhone6s Plus、256GBのシルバーで買取が18,000THBとのこと。最近わかりましたが、MBKでの買取の際、本体がやはり重要で、外箱や付属のヘッドフォン、充電ケーブルなど、綺麗に取っておいたものがあってもほとんど買取価格には影響しないので、売っぱらう際でも外箱持って行かず、使ってるまんまのiPhone差し出せばオーケーです。

以上、iPhone7探検隊レポートでした。

↑ 個人的には次もiPhoneのケース買うならこれと決めている。おもちゃみたいな見た目だけど超頑丈。

iPhone6/6Plusの箱 2014年11月03日

image

11月31日からタイでもiPhone6/6Plusが正式発売したようで会社でも約2名の方が新しいiPhoneを持って来ていた。

それで改めてiPhone6とiPhone6Plusの両方を触ることが出来た。やっぱりどちらもでかい。んで5Sから画面がでかい以上にほとんどできることは変わらない。

そして改めてiPhone6Plusの箱を見せてもらった。それが上の写真。

今回のiPhone6/6Plusの発売で何が一番衝撃だったかというとこの箱。今までのAppleの製品の箱もシンプルの極みでAppleという企業名や製品名はまったく記載されておらず、製品の写真だけがその特徴を見せるように配置されていた(薄さであるとか、大きさであるとか)。ただ、今回のパッケージはそのシンプルさ(というかもうシンプルさという意味を超えると思うけど)のさらに上を行くもので、箱の表紙は「真っ白」。よく見るとエンボス加工でiPhone6/6Plusのシルエットが真っ白の中に浮かびあがるという仕掛けになっている。

これだけ売れている商品のパッケージが「真っ白」ってのも中々並みの神経では出来ないと思う。確かにiPodしかりiPadしかりでApple製品は昔から四角と丸の線画で商品を表すことができるぐらいものづくりに対してはシンプルを至上としてきたところもあって今回もこのエンボスでちゃんと商品を表すことが出来ている。こんなことができるのはうちだけだよ、と商品のシンプルさに箱の表面を真っ白にして極限的なシンプルイズムを表現してたのだろうか??

日本などでの先行で発売していた地域のニュースなどで、実物を手にしたユーザの脇に置いてある箱を見ると、トップが真っ白。まるでファンサイトで作成されたアップルの新製品予想モックの未完成の箱のようだ。

でも今回は違いますな。パチモノのように見えるトップが真っ白な箱が本物で、予想モックやパチモノの箱はその製品の姿がちゃんとトップに描かれていてこちらが本物のように見えるけどまったくその逆、という摩訶不思議な現象が起きていたiPhone6/6Plus。

発売当時、「なんだこりゃ?」という感じで多少Twitterで話題になった真っ白パッケージ、個人的には何をやろうとしてたのか気になっていろいろ考えるのだが、その後全然話題にされず黙殺されているのが不思議でならない。みんな気にならんのかね??

↑ まだ値段高いねえ。。