また濃ゆい映画を見た。園子温監督の2011年発表「恋の罪」。タイトルだけ聞くとそこら辺の恋愛映画のように聞こえるが、そんな印象を軽く吹き飛ばす怪作。そして出演者全員が怪演。濡れ場シーンのオンパレードだがしんどい濡れ場ばかり。

作品のテーマとしては1997年の東電OL殺人事件がテーマとなっていて、その裏側にはこんなとてつもないドラマが、ってな流れなんですが後々この事件について調べてみたら、事件の詳細をちゃんと多くの点でなぞっていてびっくり。

この園子温監督の映画は以前に「冷たい熱帯魚」を見たことあるが、これは埼玉愛犬家連続殺人事件がテーマ。まあこの事件自体がそこらへんの映画なんかを軽く通り越してショッキングな逸話だらけなんだが(その辺に興味を持って事件関連の本を読んでいてこの映画に出くわした)、ちゃんとその辺を拾いつつさらにネタを被すサービス精神とエログロのオンパレードにクラクラ来ました。このご時世にこういうパワーを持った監督はそうそう居ないでしょうに。

「冷たい熱帯魚」のでんでんの「俺も幸せに、なりた〜い!」みたいな、エログロてんこ盛りの世界の中で時折、力が抜けるようなギャグが(ギャグじゃないのかもしれないが)これまた小気味よくて楽しかった。

今回の「恋の罪」の笑えるところは大方斐紗子演じる尾沢志津登場のところですな。これは腹抱えて笑いましたわ。

映画の最後もなかなか素晴らしく、途中のエピソードがここで出てくるのかと感心してたら、そのエピソードで導かれる先は、、、とその最後の最後まで楽しい作品でした。

とりあえず園子温監督作品は今まで2作品しか見てないもののどちらも強力でハズレなし。素晴らしい出来でした。エログロてんこ盛りなんで子供と一緒に見れないし他の人と見てても止められたり、いつの間にか脱落されたりする可能性大で、最後まで見るのに結構体力が要る映画ですがまさにエログロのエンターテイメントという感じで楽しめます。ちょっと歪んだものが好きな人たちはぜひ。

冷たい熱帯魚
冷たい熱帯魚

posted with amazlet at 16.12.06
(2013-12-26)
売り上げランキング: 16,805
恋の罪
恋の罪

posted with amazlet at 16.12.06
(2013-11-26)
売り上げランキング: 20,862

↑ どちらもアマゾンプライム会員なら無料で見放題ですな。