タグ: Thai

Yasothon釣行・2日目 2011年06月12日


↑ 釣り場に行くまでの道はこんなのばかり。車、靴がすぐに砂だらけになる。

というわけで、Yasothon到着の日には休憩せずに釣りに出たが渇水のチー川、全く釣れずの1日でした。次の日も朝5時起床。まだ彼女の実家では誰も起きていなかったので、そろりと抜け出し、車で昨日見たチー川の細い支流に掛かる橋へ。

橋を通りかかっただけではわからなかったが、降りてよく見て見ると、渇水で川の流れが寸断されて池のようになっている。水が淀んでて汚い。。。でも、明け方なので魚が活発に動いている。至るところで魚がジャンプして虫でも食っている音が聞こえる。その波紋を追いかけるようにルアーを投げるんだが、これがまた無反応。魚は居るのにね。多分僕の釣りの腕が下手なんだろう。。。

いろんなルアーを試したが、最後にワームを遠投した際に電線に引っかかり、感電が怖いのであまり強く引っ張れず、リール近くで切断。ルアーの飛距離よりも短いラインになってしまったので朝釣りはココで断念。

彼女の実家に戻ると Continue Reading

Yasothon釣行・1日目 2011年06月11日

Jii River @ Yasothon, Thailand
↑ 大渇水のチー川。雨期の最後になると写ってる地面ほとんど全部水に浸かるぐらい増水するそうな。

彼女が2週間ほど実家に帰っていた。「迎えに来て」と電話が。めんどくさいなと思いつつ、彼女の実家の周りに川があるのでそこで釣りを楽しむ、というのを考えついた。釣りが付くなら行ってやろうと。しかし、Yasothonまで約550km、それなりの長距離運転である。なんで土日だけではやはりキツいので月曜に有給を取ってレッツ・ドライブ!

レンタカーを使っていた時分も含めてYasothonまではもう何回も自分で運転して行っているので道は大体わかっている。それに深夜に運転して、街灯もない真っ暗な国道を地元の車にパッシングされながら120km/hで走ったこともある。なんで今回も出発時刻は朝の明け方に設定。

道順はバンコクを高速道路で抜けて Continue Reading

シャワーカーテンがカビて大変 2011年06月10日

bath room
↑ ThaiはYasothon県のJ.P. Emerald Hotelのバスルーム

タイのトイレ・浴室は大体くっついている。それなりのアパートやコンドミニアムでないとバスタブはないが、シャワーのスペースとトイレのスペースは必ずある。その間に仕切りはないのでシャワーカーテンを引くことになる。シャワーカーテンがないとトイレのスペースまでビシャビシャに濡れる。

しかし、シャワーカーテンがクセもので、新しいものを買っても半年ほどで水アカというか、カビというか黒っぽいシミだらけになる。石けんで洗い流された古い角質とか脂質みたいなものが付着して乾かないまま放置されるとカビ菌が元気に増殖して行くのでしょう。

ネットを見ると、同じ悩みの人も居るみたいだが、「汚れたら買い替え」の人、「洗う」人、様々。しかし、風呂上がりにシャワーカーテンをざっと流すぐらいはいいけど、丁寧に洗う気にはならん。めんどくさい。で、そうやってたが、やっぱり流したぐらいではカビは増殖してくる。他には洗濯機で洗え!という意見も。しかし、Tesco Lotusで売ってた一番安いシャワーカーテン(確か100B-200Bぐらいだったと思う。)って洗濯機で洗えるんやろか?一回洗ったらビリビリに破れてしまいそう。。。製品にちゃんと洗濯可(こっちだとWashableって書いてあるのかな?)って書いてあるらしいが、既に汚いのであまり触りたくない。。。明日Tesco Lotusで確認してこよう。。。

しかし、めんどくさい。。毎日アルコールスプレーを適当に振りかけてもやっぱカビるかな。。。

スーパーサイズダイエット日記2010年12月24日

今日は、客先3社回りの日。朝飯は抜きで早めに出社。会社の車に乗ってバンプリへ向かう途中、高速を降りてすぐのガソリンスタンドでトイレ休憩。朝急いで出て来たので車中もよおしてココで朝便。

タイのトイレというのは、ご存知な人はご存知かもしれないが、洋式とアジア式がある。どちらにも共通して言えることは、詰まるせいなのかわからないが紙が流せない。洋式でも便器のそばにゴミ箱が置いてあり、拭いた後の紙はそこに投げ入れる。洋式でもアジア式でもどちらでも共通の方法は水で洗う、というやり方。洋式の場合は便器の水タンクの近くにホースがのびていて小さなシャワーが付いている。これを持って肛門めがけて水を発射して水圧、もしくは手で洗う。アジア式の場合は、そもそも紙の備え付けがほとんどなく、便器のそばに水の桶が用意されていてそれを救って右手でかけながら左手で洗ったりする。洋式はそれほどではないが、アジア式の場合はトイレの床は水で常時濡れている。タイ語でトイレはホンナム、水の部屋というだけあって水を大量に流して汚れも流す。便器、床ともに水をザバザバ流して掃除する。

img_1506273_20560776_3 hongnam タイのトイレ事情

前置きが長くなったが、ガソリンスタンドに入るとほとんどがアジア式のトイレ。床がビタビタに濡れているので大体、ズボンを全部脱いで扉の裏についているフックに引っ掛けて事を済ますんだが、古いトイレだとなぜかそのフックがなくなっていて引っ掛けるところがなかったりする。この時はズボンを脱いだ時に、腹がギュルギュルと鳴ったので、そのままパッと座りこんで第一便を出してしまった。「ちょっと腰を上げたらズボン引っ掛けるところあるやろ」と簡単に考えていたが上を見上げたらここもフックがなかった。それ以外にも扉の蝶番の出っ張りとか鍵の部分とか引っ掛けるのに使えそうなところが一見してまったくない個室だった。

さあ、どうしたもんか。。。

アジア式なんで事後に洗う際に両手がないと肛門を洗浄することが不可能なんである。ズボンは今左手に抱えているがビタビタに濡れている床に置く訳にはいかない。かと言って壁に引っ掛けるところもない。後で聞いたが、同僚の日本人は肩にかけてする場合があるというが、僕の場合はズボンのポケットに財布やら携帯やらいろいろ入れてるので落ちたらそれこそ大変だ。洗わずにズボン履くか?いやそれは大人がする事じゃない。。。

key散々考えたあげく、シャツの右ポケットに入っていた家の鍵のキーリングをズボンのベルトホールに通してそれを扉の鍵の棒の部分に通して扉に吊り下げた。トイレ内での思考の格闘。約10分間の孤独でした。タイの場合、こういうトイレに入る可能性がある旅行をする場合、金属のS字フックを持って行くと扉などの上から引っ掛けられて便利だと思います。

出したら落ち着いたのでガソリンスタンドのミニマートでちゃっちいチキンバーガーを一個食う。そして午前中はバンプリにて2社を回って時間が押す中またまた車でナワナコンに移動。もう一社に訪問。その後にナワナコンのBig Cに移動マクドナルドでダブルビッグマックのセットを食う。

晩飯はさすがにクリスマスイブなんでおとなしく帰宅。家に帰っても彼女がまだ仕事で出掛けたままで、Darlene LoveのChristmas (Baby Please Come Home)を聞きながら過ごす。彼女が帰宅後に近くのノンシーの通りのレストランでソムタムラープムートートをつまみながらビアリオを飲んでのホワイトクリスマス。なんともクリスマス間のないクリスマスでした。

※ 非在タイ者の方以外にもわかりやすいようにキーワードにリンクを入れています。そのキーワードに関するほかのウェブページの記載を読むことができます。。。リンク切れてる際はご連絡ください。

これでもまだ乗れる

2010-10-28 17.11.46

久々にこんなボコボコの車を見た。。。

写真をご覧頂ければわかりますが、この車、元がタクシーでボッコボコになっており、後ろの窓ガラスは全部抜けて黒のゴミ袋でカバーしてあるだけ。当然、雨降ると社内に水が侵入することは確実です。そしてぶつけられたのかバンパーも外れており、ブレーキランプは片目、トランクはちゃんと閉まらないようでゴムひもでとめております(この、トランクが閉まらなくなってゴムひもでとめるパターンはバンコク市内でもよく見る)。

これでも車検に通ってナンバーもある車、というところがタイのいいところなんだか悪いところなんだか。。。