タグ: Thai

会社紹介ムービー on facebook 2011年10月25日

うちの会社が7月のミッドイヤーセミナー(平たく言うと会社の合宿。中長期計画などを説明するセミナーとその後の宴会がセット。タイの会社のほとんどがこういうイベントにはかなり力を入れている)で流していた会社のイメージビデオをfacebookで公開していた。

タイの会社はどこの会社も年に1回か2回はこういう合宿を催していて、その中でいろいろなイベントを企画する。会社から社員への教育のためという以上の力の入れ方で、社員のモチベーションアップという意味合いが強いらしい。社員全員が一同に介して目的を共有するということでしょうな。その後の宴会などもスタッフの力の入れ方が凄い。一応そのパーティのテーマなどが設定されているのだが、それに沿ってみんなチームごとでTシャツ作ったりで僕にはついて行けないほどハイボルテージ。こういう事を言うとまた怒られるかもしれんがちょっと学芸会的なノリも敬遠してしまうところがあってどうも斜に構えてしまう。普通に皆と一緒に飲むのは楽しい。 Continue Reading

タイランドのトイレは 2011年10月19日

先日自宅近くのイサーン料理屋にメシを食いに行った際にiPhoneでなぜか便所の写真を撮っていた模様。

典型的なアジアンスタイルトイレット。タイローカルのメシ屋でトイレ借りるとこのパターンが多い。んで見ていて思い出した。これ、右のお尻洗い用の貯水槽の仕切りが高すぎて洗浄時に座ったまま水をすくうのがかなりの難易度だ。と思いながら撮ったと思う(僕は酒を飲むとかなり記憶がかなりフラッシュアウトします)。

タイのトイレはちゃんとしたオフィスのトイレやホテルなどのトイレ以外は用足し後の処理を紙拭きと水洗いの両方に対応するよう作ってる場合が多い。当然紙はついてないことが多いので持参することになるが、その使用後に捨てるゴミ箱がちゃんと備え付けられている。水洗いに関してはこのような貯水槽式とホースが伸びていてその先にミニシャワーみたいなのがついているタイプと2つ。僕的にはこの写真のような形式のトイレは機能的に過不足がなく非常によくまとまっていると思う(貯水槽がもうちょとだけ低ければ)。 Continue Reading

食べるラー油かナムプリックパオ น้ำพริกเผา か 2011年10月17日

桃屋

今日会社のオフィスが入っているSilom Complexの5階のフードコートで飯を食った。カオパット・ガパオ・ムー・クロープという豚のカリカリ揚げを入れたバジル炒め風のチャーハン。これが甘くなく(タイの料理は甘い味付けが多い)、結構辛くてうまい。んで、そのカオパットを注文して作ってる間に他の客を見てたら店先に置いてあるタレを小皿に取って持って行くのだが、あら?こんなもの置いていたっけ?というものがあった。ナムプリックパオ น้ำพริกเผา。

タイの食べるラー油!? ナムプリックパオを使いこなそう♪ – ショッピングソムリエ・白石路以のお買い物ブログ – 楽天ブログ(Blog)

このページの一番上の写真で写っている小瓶、これがメーパノームというブランドのナムプリックパオでスーパーのみならずセブンイレブンでも見かける。しかしこれはちょっと甘みがあるのと固形物はミキサーか何かで粉末状、というぐらいまでに細かく粉砕されているので、感覚的にはチリペースト。料理の味付けに入れるのが良さそうと普通に思わせてくれる。

フードコートで味見してみたナムプリックパオは甘みはなく、ニンニク、タマネギ、唐辛子の香りが強く塩味も強いものだった。てかこれってラー油やんね。実際ちょこちょこつまみながら白飯が食いたかった。チャーハンと食うものじゃないですよ。

というわけでタイ語でググっていたらこのページを見つけた。 Continue Reading

タイランド洪水! 2011年10月09日

先週からバンコク周辺の洪水の状況が深刻さを増している。月曜日にアユタヤの北にあるサハララタナコンという工業団地のお客さん先に訪問した。工業団地までの風景が以下の写真。

Flood 2 around  Ayutthaya

Flood 1 around Ayutthaya

道路の右側に土を盛って水の侵入の時間稼ぎ。でも向こうはもう土の堤防を超えようかという勢いでたぷたぷ状態。客先に入る前にも同僚が「まさか行って、帰れないってことないよね?」みたいなことを言っていた。 Continue Reading

Google Adsenseからの支払いをWestern Union経由で受け取る -タイの場合 2011年10月03日

Western Union

8月末にGoogle Adsenseの支払額が$100を超えた。Google Adsenseの場合アフィリエイトの実際の支払いは金額が$100になるまでは行われない。それがやっと支払いの段階となりました。以前にGoogleからの支払いは小切手のみという事をネットで読んでいたが、最近はWestern Unionでの海外送金にも対応しているとのこと。小切手は銀行に持って行って現金化までに一ヶ月近くもかかるし、手数料が馬鹿高いというので、Western Unionでの支払いをためしてみることに。

そして、9月の26日に待望の支払いが行われたとメールでGoogleから連絡が。事前にチェックして置いた情報から

パスポート
送金者の氏名 (今回の場合 Google Inc. でよい)
送金者住所 (と言ってもCA, USA程度書くだけでよい)
送金額
MTCN (これは支払い番号。Googleの支払い通知とともに通知される)
受取人氏名
受取人住所
受取人電話番号

こちらを控えてWestern unionへRun!

実際に窓口で言われるままに受け取りの申請用紙を記入。しかし、実際Googleから送金したという額はAdsenseでこれまで獲得した額と同額。送金手数料がそこから引かれるはずだが。。。とはいえその情報しかないのでとりあえずしばらく待ってみるとその額をWestern UnionのUSD->THBレートで換算してお支払い!なんと手数料無料!すごい!しかし、これGoogleで送金手数料一括支払いみたいなことしてるんかな?前回Western Unionで送金手数料は送金者側にかかって、$100を送ろうと思ったら$115ぐらいはかかるということを言われていたのだが。。。小切手みたいに高い手数料もかからず、振込の翌日に現金をゲットできるWestern Union支払いはタイ在住のアフィリエイターにはオススメです。