principals of China

中国人民7,000万人を死に追いやった独裁者というコピーをどこかで読んでちょっと興味を持って購入した本。とはいえこの本を購入したのは2013年の8月2日。ほぼ4年かかってやっと読み切った。

というのも、とにかく上下巻まとめて分量がすごいので読み始めては途中でストップし、また読み始めては途中でストップしの連続。しかもかなり詳細に毛沢東の個人史が刻まれてるのでしばらく読むのを止めるとどこまで読んだか、自分の頭の再ロードがなかなかできずかなり前の部分から読み直さないと流れが把握できないところも多々でした。

ただし、読み始めると内容の面白さはピカイチです。こんなに面白い本はない。なんせ中国の世界に誇れるリソースは人口で人民の命なんて使い捨て、戦争でも人海戦術、いくら死んでもどんどん兵隊を出すぞ!というような人なのでページめくるたびに我々の常識が一息でどかーんと吹き飛ばされる勢いです。

以下ネタバレになるのでこれから本を読むという人は見ないほうがいいかも(とはいいつついくつかの部分は巻頭の写真のページで構成上ネタバレしたりするのですが)。

中国共産党が発足したほぼ当初から参加して、遠隔地の共産党本部との通信に電話やインターネットがない時代に勝手に偽りの司令をちらつかせながら人の軍隊を乗っ取ったりすぐにめちゃくちゃやりだして、まったく本部の言うことを聞かない毛沢東も、地方軍閥、国民党、日本、西欧勢力がうごめく広大な中国で頭角を表すにはなりふり構わない権力欲が大事と同じく強権嗜好なスターリンのお墨付きを得て共産党幹部まで恐怖のどん底に突き落としながら中国統一に突き進み、共産党国家成立後も衰えない暴走ぶりですぐに朝鮮戦争を始め朝鮮の国土を荒野にしたり、普通に農作物の生産があるのに、ソ連からの軍事技術移管の支払いとして農作物を輸出するとして国民から食料を尋常じゃないぐらい取り上げて国内に大飢饉を発生させたり、長年毛沢東の右腕として活躍してきた周恩来を自分より早く死なせるために癌が発覚しても治療を妨害したり、とにもかくにも今の御時世にはありえない傍若無人ぶりが不可思議なカタルシスを感じます。

いやー、これも読みましたし山本直樹著の「レッド」(連合赤軍のあさま山荘事件に向かうまでの軌跡を描く漫画)も読みましたがガンガン昔の共産主義に対して持っていたイメージが崩れていきます。。。

マオ―誰も知らなかった毛沢東 上
ユン チアン J・ハリデイ
講談社
売り上げランキング: 16,766
レッド 1969~1972(1) (イブニングコミックス)
講談社 (2012-11-05)
売り上げランキング: 3,761