タグ: 暗号通貨

仮想通貨401K年金 2018年07月25日

Litecoin IMG_3351

彼女の家族とヤソトンから郊外へお出かけ中、また子猫を轢いてしまった。前の車に跳ね飛ばされた体長30cmもいかない子猫が目の前の道路にコロコロ転がって来て「あ!」と思ってハンドル切ってみたが、うっかりガコッ!と轢いてしまった。運転してる視点と走行してるタイヤの位置を正確に把握してるぐらいの運転技術を持ってたら轢くことももなかったかなあと考える。こういう時にとっさに猫を轢かずに済むかも知れないのできっちりした運転技術を練習して身につけておくべきかと考える。でもまあ、すでに前の車に轢かれて、跳ね飛ばされてたから助からなかっただろうし。。とかく四つ足を轢くのは暗い気持ちを引きずってしまう。幽霊ってのは人間だけにある概念でしょうな。自分の殺生に対する自責の念などが幽霊という存在を作るんでしょう。そもそも動物ってのは命のやり取りをするのが本質だと思うから、殺生は当然。猫が小動物を楽しそうになぶり殺しにしたって何も感じないでしょうしね。そんなことを考えながら残りの距離をドライブ。

さて、以前「泡沫」仮想通貨と称して全く気にしてなかったモノも、放置してた間にハードフォークして勝手に配布されてた新しい仮想通貨も改めてどのように配布されているか確認し、どうすれば自分の手元に持って来れるようになるのか確認完了。

しかしこれから保管していくにあたって秘密鍵の保管ってどうすればいい?ネットではハードウェアウォレットを使えって説明が多いけどこれは何が安全なんだろう?オフラインで秘密鍵を保管できるということだけ?なんか解説を読んでいると他のデバイスでも復元パスフレーズがあれば復元出来るということはそれが人に知れたら一貫の終わりじゃなかろうか?

個人的には仮想通貨の仕組み上一番わかりやすく管理しやすいペーパーウォレットが好きなんだが、これとてインクジェットで印刷しておいたものが水に濡れてインクが流れて秘密鍵判読不明とか、感熱紙が色あせて判読不明とかいろいろ検討の余地あり。個人的には石板に秘密鍵を彫ってガムテープでグルグル巻きにし、保存場所を忘れてしまわないような場所に保管しておく、という感じかな。

改めて考えると、今の仮想通貨の価値を対法定通貨で考えず、毎月定額でいろんな仮想通貨を満遍なく積み立てて、年金がわりにしておけばほかのどんな金融消費よりもリターンがいいんじゃないだろうか?というか、仮想通貨のインデックスETFとかもあるのかな?いや、ETFで買うよりも仮想通貨で持っておくことがこれから先にかなり価値が出て来るはずだからやはり仮想通貨積立が一番じゃないのかな。

ビットコインで外貨両替? 2018年07月23日

Bitcoin Pile Stock Image

手持ちのタイバーツの現金が少ないので、ビットコインを介して日本円をタイバーツに換金しようかと思ったが、とりあえず試してみたDMMの取引所アカウント開設手続きでは日本の携帯電話番号を登録してSMS認証を受けねばならず、「しまった、日本でアカウントのアクティベーションだけでもしてくればよかった」と嘆いた。

そのほかクレジットカードで簡単にビットコインが買えるサービスもあるんだけど(たぶんクレジットカードが身元確認になってるんだろう)、1,000USD分のビットコイン買うのに手数料100USDって1割も取るの??普通に銀行で海外送金した方が安そう。。

手数料が安いなら日本の銀行口座のデビットカードからビットコイン買って、すぐにタイの取引所でタイバーツ支払いで売ってしまえば簡単に両替できるかなと思ってましたが。。

結局、昨年ビットコインは全て売っぱらったが、ほかのアルトコインは手元に残して放置してたらそれがまた数十万円ぐらいの価値になってたんでそれを手仕舞いしてもいいんだが、仮想通貨はこれからさらに少なくとも数百倍は価値が上がるだろうし、それこそ法定通貨でいくらという価値だけでなく、仮想通貨を持っていること自体に価値があることになるだろうから、今手離す事はもったいない。手持ちの仮想通貨の量を減らす事はしたくないですな。

あ!よく考えたら自分の持ってる楽天のキャッシュカードはPLUS対応だからこっちのATMで普通にバーツでお金引き出せるか。忘れてた。。。

靴が崩壊したり、ホリエモンの「これからを稼ごう」を読んだり 2018年07月16日

20180716-094804-5

1年前に買った靴を久し振りに履いて出たら、30分ほどしてソールとトップが泣き別れ。これだからタイの靴は。。って思うのだが、気候のせい?日本の靴もタイに持って来てしばらく置いておくとすぐ壊れたりする?とりあえずサンダルを近くの雑貨屋で買ったら80THB(約300円)でこの安っぽいゴムのサンダルも、この価格もタイだなあと大汗かきながらぼんやり。

20180716-105450-1

ホリエモンの「これからを稼ごう」を読む。久し振りに暗号通貨の今を追いかけてみようと思った。以前に東京の友人がLINEが暗号通貨サポートして何たらかんたら、といろいろ動きがあるようなのでイーサリアムが出てきた時以来アップデートしていなかった暗号通貨のおさらいを。2年ほどのうちにいろんな仮想通貨やトークンが出てきているのですな。僕がよく遊んでたときで2014年暮れから2015年頭までなんでイーサリアムが出てきた直後ぐらいだろうか。すごい早さで進化してる。そしてまたこの本が非常によくできていて、今の仮想通貨やシェアエコノミーの現状や存在意義などをわかりやすく説明してくれていて、読んでて非常にワクワクする。しばらくホリエモンの本を読んでなかったけど、ホリエモンの著作の中では今まで読んだ本の中で1、2を争うほど面白い。間が開いて読んでなかった本も読んでみようかと思うぐらい。素晴らしいです。

改めて自分のウォレットに残ってたLITECOINをチェックしたら確か数十円分〜数百円ぐらいしかなかったものが今は20万円近くになっていた。うーん、バブルですなあ。

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話
徳間書店 (2018-06-30)
売り上げランキング: 81

Bitcoinの手仕舞い 2017年09月03日

Modern cash 3

タイから日本に帰国するにあたって、タイでは自分で立てた会社の閉鎖処理、日本では東京で新しく借りる部屋の初期費用が必要でそれなりにお金を準備しておかなければならない。ちょっと不安があったのでこの際手持ちの暗号通貨を手仕舞いして現金化しようかと思った。

2014年の後半に暗号通貨の仕組みやマイニングの仕組みに興味を持ってBitcoinをいくらか購入。当時投資目的で買ったわけではなかったので正確にいくらで買ったのか覚えていない。確か日本の換金所で数万円ぐらい。。それも1〜5万円の範囲ぐらいで買っていたはず。。。で、いろいろ昔のメモを探ると「Bitcoin 20,000円 購入」という記載を発見。たぶん2万円前後で購入したんだろう。

それからBitcoinでオンラインサービスの支払いをしてみたり、他の暗号通貨に換金してみたりといろいろやって手元に残ってたのが0.649 Bitcoinほど。タイのBitcoin換金所にて売却。めでたく約300,000円になりました。

THB to BTC Trading | Buy Sell Bitcoin at BX | Thailand Bitcoin Exchange
↑ タイのBitcoin換金所

タイだとこちらの換金所がメジャーなようです。自分もしばらくBitcoinのやりとりをしてなかったのもあり、どこで換金すればいいのかわからなかったので知り合いの使っている換金所を聞いてそれを使うことに。僕が使った際も特段銀行振込までソツなく終了。

そしてふと見ると2014年ぐらいは大した金額ではなかったLitecoinもそこそこ値上がりをしている。「そういやLitecoinもいくつか持っていたな。。。」ビンゴ!なんと20Litecoinも持っていた。これで約150,000円。というわけで、最終的に

2014年に20,000円で買った暗号通貨(Bitcoin)から2017年には約450,000円+未だに二束三文の泡沫暗号通貨

が残りました。ありがとう暗号通貨。当時単純に遊びでやっていて、熱が下がった後はほったらかしにしてましたが非常に嬉しい結果に。引っ越しに際しての諸処の支払いにあてます。非常に助かる。

いやー、これからも興味のあることにはガンガンお金使って試してみよう。

未来の車とお金と。。。 2015年08月26日

Little things add up

GoogleやAppleの車の自動運転の記事を見ていて考えたこと。。

自動車の自動運転合法化を皮切りに人の判断が必要と思われていた作業の大半がロボットに置き換わる(自動車も適当な頃合で電気自動車に完全淘汰)。一般の人がロボット化も安全だと認識が行き渡れば一気に普及すると思う。 車の運転という単純で給料も安いけど誰でもできる裾野の広い仕事が人間から奪われるととにかく失業者が溢れて仕事あぶれ金なし状態。多分人間の仕事を奪うロボット排斥みたいな暴動もあったりで自動運転タクシー車焼き討ち、タクシー会社焼き討ち、みたいな事も頻発。せっかく登場した便利なテクノロジーを利用しようにも結構な割合でタクシー代もキツイ家計の人が増大する。お金がなくちゃどうしようもない。

当然ながらロボット化が進んで人のやる仕事、作業の余地が無くされていって世の中の金の流通量自体が減っていく。サービスとか商品の値段がどんどん下がってGoogleやAppleみたいな大ボスのところには単価安いけど自動的に膨大な客からお金が流れこむけど、その圏外の人らには圧倒的に数十年前と比べてお金が動く量が少なくなる。

今のお金の流通量が少なくなって利用者や利用量が減るから、既存の貨幣、インターネット上の貨幣、さらに今みたいなホントの一握りの人だけじゃなく一般の人でもツイッターのフォロワーの数などいわゆるSNS影響度とかでサービスをお金がなくても受けられるようになって複数の価値がお金と同じぐらいまで台頭してくる。要は人の関心を引いて人を動かす事のできる要素を持ってればその価値と交換でモノを手に入れたり、サービス受けたりすることが出来る。

相対的に既存貨幣の価値が下がった後はしばらくは何を持ってれば何が手に入るのかわかりにくい世の中になるが、結局次第に全世界共通のなんらかのポイントみたいなものにまた価値が集中してくる。んで、それではわかりにくいからまた自然発生的に全世界共通で現実社会でもインターネットでもシームレスに使える共通通貨みたいなモノが現れる。エスペラントじゃないけれど世界の共通の通貨。

でもその頃にはお金の概念自体がなくなってるかもしれないなあ。今はシームレスな世界共通通貨って言葉使ってるけどその頃はお金ではないような気もする。このへんの変化自体は自分の生きてるうちに起こりそうな気がするなあ。

考えれば考えるほどこれから自分は何をしたらいいのかわからんようになってくるわ。。。考えずにドリアンでも食ってたほうがいいかな。。。