タグ: バンコク

dtacのtrinet、4G回線を開通させました 2014年09月18日

Signal
“Signal by John Taylor, on Flickr”

IPhone5s買って一ヶ月強。。契約してる電話回線は料金プランも何も変更せずそのままぼんやりやり過ごして来ました。

が、ふとせっかくLTE使える電話持ってんだからLTE使ってみようと思い、dtacのカウンターへ。LTEの有効化にはSIMカードの交換が必要みたいで、SIMの交換、新しいポストペイドパッケージの適用まで全部タダでやってくれました。

んで、とりあえずスピードテストのアプリを落としてテスト。接続先はバンコクのサーバー。

最後に追加した項目-311

1番下のレコードから。1番下はSIM交換後にオフィスのあるSilom Complex1階にてスピードテスト。下り約10Mbps、上り7.6Mbps。まあこんなもん?よく考えたら3G使ってた時の回線スピードをちゃんと計測してなかったからどんだけ早くなってるのかよくわからない。。。体感的には何も変わらない感じです。。。

下から2番目。会社の人と話をしながらSilom Complexにて社内からだったからIT関連企業ということもあってフロアのdtacのアンテナへの接続数は普通の会社のフロアより多いか?1階でのテストよりも若干落ちた。下り7.8Mbps、上り5.2Mbps。聞くとTrueのLTEだと上り下り40-50Mbpsも出ているという。凄い凄い。とは言っても羨ましいかと言うと別にという感じ。回線が速いおかげでYouTubeなんかの動画をバンバン気にせず見てしまってすぐにパッケージに含まれている通信データ量を使い果たしてしまうことが多いらしい。それも問題だなあ。

下から3番目、5番目は、自宅のWiFi経由でTrueのADSL経由でテスト。下り10Mbps、上り512Kbpsのプランなのでかなりきっちり数字が出てます。自宅インターネットについてはほとんど不満を抱えずの約5年間。

下から4番目は自宅で。自宅はLTE圏外だった。じゃあ3Gの早さ計れるなと思ってテスト。下り2.4Mbps、上り0.65Mbpsで1番遅い。遅いが個人的な経験上下りは2,3Mbpsあればほとんど不満を感じずネットできるのでまあ問題のないギリギリラインですな。

昔、2001年に千葉は南行徳の陰気なマンションに住んでいた時にワイヤレスインターネットというので上り下り1Mbpsの契約をしてた時を思い出すが、1Mbpsでも動画以外はほとんど問題はないんだよね。。。

というわけでTrueユーザーの方には「これだけしか出ないの?」と失笑の結果ではありましたが個人的には3Gでも問題ないというのが再認識された4G開通でした。

バンコク、チャイナタウン写真館 2014年09月15日

というわけで週末のチャイナタウンブラブラ歩きの残りの写真を上げておきたいと思います。

DSC01186-2.jpg

DSC01187-3.jpg
↑ 相変わらず渋滞のヤワラート。

DSC01188-4.jpg
↑ ソイテキサスを抜けると、、

DSC01194-9.jpg
↑ 絶賛大工事中のジャルンクルン。昔から渋滞がひどかったけど、この工事のおかげで車だけでなく人も渋滞してたり。近々、この界隈にも地下鉄が通ることになるらしい。

DSC01189-5.jpg
↑ 燕の巣、フカヒレスープ。

DSC01195-10.jpg
↑ ああ!これは!殭屍先生〜〜〜!

DSC01223-25.jpg

DSC01235-32.jpg

そしてヤワラートの南側は屑鉄商を営んでいる個人商店みたいなのが多くて街全体が煤けている。北側は北側でミットパン通りに入るといきなり立ちんぼ然としたおねえちゃんが街に溢れていてさらに煤けた雰囲気に。

今までヤワラート界隈はバイクで通り抜けることはあっても渋滞がひどいのでめんどくさく、バイクをどこかに停めて歩きまわるということもなかった。なので今回初めてじっくり歩いてみてだいたい街の雰囲気はわかった感じです。楽しけりゃどこかのゲストハウスに泊まって朝イチのヤワラートの風景も見てみようかと思ってましたが、半日ほど歩いてみるとさしてそれ以上に興味が出るものでもなく、疲れたので普通に家に帰りました。。。

ワット・トライミットとヤワラート歴史博物館 2014年09月14日

DSC01211-21.jpg
↑ 1850-1950年ぐらいのヤワラートの写真らしい。

さて、チャイナタウンに出向いていろいろ食って、とりあえず有名な黄金のブッダ、ワット・トライミットの仏さんを拝んでくるかとブラブラ腹ごなしに歩いて行ってまいりました。

なんか数年前にお寺がとても綺麗に建てなおされたみたいで、黄金で作られた仏像とこの界隈のチャイナタウン、ヤワラートの歴史をまとめた博物館が併設されているとのこと。

DSC01217-17.jpg

黄金仏寺院(ワット・トライミット) | วัดไตรมิตรวิทยาราม | Wat Trimit – Coolバンコク

そして黄金仏どーん!これが黄金のブッダです。上のリンクには純度60%と書かれていますが、他のサイト(どこのサイトだったか失念)には平均で60%で、体部分は最も金の割合が低く、次に顔の部分(80%だったかな?)、最後に髪の毛の部分は99%の純金になっているとのこと。黄金のパンチであります。なんか語呂がいいね、黄金のパンチ!

この仏像が3階部分に。そして2階部分はヤワラート歴史博物館になっております。

DSC01213-23.jpg

DSC01214-24.jpg
↑ 昔のヤワラートの町並みのミニチュア。

DSC01212-22.jpg
↑ 中国商人の象徴、デカそろばん。

DSC01205-18.jpg

DSC01207-19.jpg

DSC01210-20.jpg
↑ 当時の人々の生活を模型で再現。超生々しくて動き出しそう。。俺ここの夜警とか絶対やりたくないなあ。

いろいろ展示品ありますが、正直この模型と町並みのミニチュアぐらいしか印象に残らなかった。。。タイ人は入場無料ですが、外国人は100THB。免許証見せてもタダにはならなかった。。タイ人の連れが居る方はその方について黙って入場してしまうのが吉です。

บะหมี่จับกัง バミーチャップカンの超大盛りバミー 2014年09月11日

DSC01193-1.jpg

週末、バンコクに居付いて8年になりますが、改めてチャイナタウンであるヤワラートに遊びに行こうかと思った。土曜日にいろいろ回ってみて楽しかったらどこかのホテルかゲストハウスに泊まって早朝のヤワラートの様子も見てみようかと思っていた。

んで行く前にいろいろ調べてたらバンコクナビにおいしそうなバミー屋が載っていたので、ローカーブ/ノーカーブダイエット中だけどあまり深く考えずに行ってみた。

バミー ジャップガン[Bami Japgang ] | バンコクナビ

上のバンコクナビに載っているこの御店の場所は非常に正確。スマートフォンの地図アプリとにらめっこしながら昼間のお日さんがギラギラ照りつける中歩きましたわ。

バミー・ナーム/ヘン それぞれ通常が35THB、大盛りが45THB。

DSC01191-7.jpg

DSC01192-8.jpg

僕は並を注文。んでバンコクナビに書いてる通り麺の量が凄い。普通の屋台で頼むバミーの3倍ぐらいの量だと思う。。これは育ち盛りには嬉しいでしょう。普段は米・麺を抑えて食事してる僕は食後から胃が持たれまくるほどの量でした。しかしお味は油のくどさや味の素どっさりということもなくおいしい。焼豚も肉厚のものがゴロゴロ入っていて食いごたえあり。オーソドックスなバミーで非常に満足感あり。いやあこれは誰か知り合いを連れて行きたくなるな。うまいんだけど自分では食いきれんから。。。

中華街の未踏のゲストハウス River View Guest Houseに行ってまいりました 2014年09月10日

DSC01225-27.jpg

チャオプラヤのボートに乗っているとパッククローン市場、サパーンプットから少しサパーンタクシン寄りに行った所に、River View Guest Houseという謎のゲストハウスがある。ちょうどジャルンクルンや、ヤワラートの近くのはずでその周りに他にホテルやゲストハウスは見えず、ただこのゲストハウスだけがポツンとチャイナタウンの比較的低いタウンハウスの群れから頭を出している。

ちょっと周辺の雰囲気が伺いしれないが、チャオプラヤからすぐ近くだからかなり景色はよいはずだと思って前から一度行ってみたかった。しかしWebを検索してても想像通りとてもややこしい場所にあり、チャイナタウンの細くて薄暗いソイを進んでいかなければならず、誰もその正確な道順を書いてる人が居ない。

今日頑張ってこのゲストハウスに向かったんだが、見事に道に迷った。しかも周りは屑鉄で商売をしてるのかタウンハウスの軒先に分解された車の鋳造部品を山のように積み上げて、地面はそのオイルで真っ黒に固まったような地面が続く狭いソイ。昼間だからまだ歩けたけど、日が暮れてからここをゲストハウス探して彷徨うなんて男でも気が引ける雰囲気であります。

ここで約一時間ほど迷いながらなんとかゲストハウスに到着。行き方をちゃんと書いておきます。

カメラロール-610
↑ フアランポーンからはまずこう行く。そしてGoogle MapでもちゃんとRiver View Guest Houseと出ているんだがこのマークの方向に行くとエライ暗いソイに入るのでビビる。

カメラロール-611
↑ 実際にはこう入らないといけない。

いやー、しかしわかりにくい。

DSC01226-28.jpg

ちなみにゲストハウスの入り口の前の通りはこんなトコである。まあ海外の場合、安いホテルやゲストハウスの入り口はホントの裏路地にあったりすることも多いがここは超奥まった場所。

念のためロビーで泊まる場合の値段を聞いてみたが1200THBからとのこと。ちなみにこの値段はLow FloorでリバービューのHigh Floorだともうちょっと値段が高くなるとのこと。部屋も見たがやっぱり老朽化が進んでいて上の値段だと十分に割高感を感じられる。

泊まることは考えからはずして最上階8階のレストランへ。ここがオープンエアのレストランで見晴らしが非常にいいとの評判。

DSC01228-26.jpg

DSC01227-29.jpg

DSC01230-31.jpg

DSC01231-30.jpg

大きなソファ完備で日曜日のお昼間、みな豪快に寝ておりました。確かにここ気持ちいいね。ちなみにいろんなウェブで見る限り飯はびっくりするほどまずいと評判なのでアイスコーヒーとアイスクリームだけ取って小一時間ほど休憩。130THBなり。

ここのレストランにはたまには友達連れて来るのもいいかもしれない。知らない人はなかなかたどり着けないから。

River View Guest House Bangkok, River Vibe Restaurant & Bar