梶芽衣子が怖い曽根崎心中を観る 2019年12月22日

「お初」「徳兵衛」 - 露天神社

岡田斗司夫の「本当は10倍怖い火垂るの墓」を観て、なるほど心中モノかと思ったんだが、ふと自分は今まで日本の心中ものなんて観たことがなかったなと思ってとりあえず第一の名作から。

近松門左衛門の「曽根崎心中」。これ日本の古典ですな。中学だったか、高校だったかの教科書に出てくる名前ですな。

とりあえず80年代に映画化されていて、しかも大好きな梶芽衣子がヒロイン役であります。

で、これをiPadにダウンロードしてバンコクから東京に移動する飛行機の中で見てたんだが、はっきり言ってこの映画はこんな状況で見る映画ではないな。周りの人間も(ほとんどがタイ人と中国人)「なんかえげつないもん観てるなー」と思っていたことでしょう。

曽根崎心中 – Wikipedia

ストーリーはここのあらすじにあるとおり。映画でもほぼそのまま描いている。

まあこの主人公徳兵衛、世渡りが相当に下手で超真面目なのはいいけどお初への想いを絶対に曲げないのでどんどん泥沼方向に入り込んでいく。

そして金の貸し借りも下手くそで見事にというか、当たり前に騙されて大金を巻き上げられる。そして三行半を下さずに眼差しのおかしいお初。

この梶芽衣子のお初。これが超怖い。徳兵衛のダメさを理性的に修正してあげればいいのに「死にましょう!どうせ死ぬなら、他のものの手本になるように見事に死にたい」力強く言い放つ危険人物。どこ観てるのかわからないけど意志力だけは強そうな危ない目、ちあきなおみの歌ってる時などを思い出してしまう。恐ろしや。

最後の自決シーンももう生々しくて観てらんない。。。危なくて痛くてもう大変。こんなものを飛行機の中で観ていた自分を後悔しました。。アホですな。ワシわ。

しかし、なんでこんなストーリーが日本の古典として大々的に残ってるんでしょうか。。こういうのが伝統的な日本人のストーリーとしてマインドの片隅に横たわっているのは少し異常なんじゃないかと思いますが、日本人てそういうもんなんかもしれないですな。

とても怖くて痛かった映画ですが、せっかくなのでもうちょっと実験的な同じく近松門左衛門の「心中天網島」も観てみますが。。

川向こうのICONSIAM、やっぱり入ってる店は他と同じだけど規模と豪華さが凄い 2019年12月21日

IMG_20191219_210311

12月19日はタイでのスターウォーズのep9の公開日ということで初日に見るべく仕事終わってから観に行ってきました。

タイで一番でかいIMAXスクリーン、Siam ParagonのKrungsri IMAXシアターで見てもよかったんだけど、どうせなら初物の映画館で見るかと思って今まで行ったことのない川向こうジャルンナコン通りのショッピングセンターICONSIAMのIMAXシアターに行ってきました。

中は超巨大。水上マーケットを模した飲食エリアがあったり。

IMG_20191219_200828

Masala Artというなんの店かわからんお店とKANEMOCHIアイス店。

IMG_20191219_213233

Major Cineplexの前には3フロア分ぐらいの高さから流れる滝があったり。この滝がまた、良くできてる!

IMG_20191219_213259

VID_20191219_213436

映画館も無駄に豪華。

IMG_20191219_215340

IMAX最後列のカップルシートは2つで1800バーツとなかなかお高い。

IMG_20191219_204813

でもIMAXのスクリーンはParagonよりかは小さくて普通でしたとさ。


↑ こんなもの売ってる。。買う人居るんだろうか。。

YAMAHA QBIXのスマートキーのバッテリーは一年しか持たなかった 2019年12月20日

CR2032 電池 - P5251273
↑ CR2032でした。

去年、今の仕事先に就職して、自分の足が欲しくなって「やっぱバイクだ」と今までのホンダ車生活に見切りをつけて新たにYAMAHA QBIXを購入したわけですが、このバイクが非常に快適でよく走り、キャストホイールなんでパンクも少なく、ほぼ言うことなしなバイクだった。

一つ文句を言うならフロントのショックの感覚がイマイチよくない。ブレーキ強めにかけて道路の凹凸なんかに突入するとサスが底打ちするようなカンカンカン、という聞いててもあまり気持ちの良くない、そして手に伝わる振動も気持ちの良くない挙動をする。

が、やっぱり走り自体には問題はないので無視してるが。

で、最近スマートキーが不安定になって、エンジンのセルが回らなかったり、セルが回ってもエンジンにまったく火が入らなかったり。

「なんだこれは?」と思っていたけど、ふと電池切れかな?と思ってコイン電池を交換してみたらそのとおりで、ちゃんと動作が安定し出した。

スマートキーのバッテリってこれぐらいの寿命しかないのね。ホントに?みんなスマートキー付きのバイク持ってる人ってこれぐらいで交換してるのかね?短すぎるような気がするんだが。。。


↑ 改めて考えてみると好きだったバイクはYAMAHA車が多かった気がする。

Oneplus 7 Proの充電器のほうがiPad Proのよりもデカい。。2019年12月19日

IMG_20191223_083516
↑ 左がOneplus 7 Proの充電器、右がiPad Pro 2018の充電器。

見たとおりです。。

Oneplus 7 Proの充電器はネットでも「でかい」と沢山書き込みがあったのでデカイとは思っていたが改めてiPad Proの充電器と比べてみるとぜんぜんスマホの充電器のほうがでかかったというちょっと残念なお話。

個人的にはこれぐらいの大きさはぜんぜん許容範囲なんだけど、個人的にはOneplusはQuick ChargeかUSB-PDで超高速充電に対応して欲しかった。

もしかしたらQuick Charge対応はQualcommの専用のチップ載せないと対応できず、自社でWarp Chargeなど開発したほうが安いから、みたいな理由かもしれないけど。

Central Worldのpizzaiola 2019年12月18日

IMG_20191221_141218

Star Warsのep9を観る前に時間があったので、どこかで時間潰したいなと考えていたらベジのピザがあるイタリアンレストランを見つけた。セントラルワールド6階の”Pizzaiola”というお店。

入ってみたが、これ、なかなか素晴らしい出来栄えのベジピザだった。Vegetarian Quattro Stagioniという名前のピザで、完全にMFGなし(と思う)、トマトソースなんかもみずみずしい薄味。チーズも最低限の量でどの具材も味のキツさがなく、薄味の素材の味の組み合わせが絶妙。

今まで食ったベジピザの中では一番だった。今度はチーズ抜きを頼んでみようと思う。

値段に関して。このピザ自体が360バーツという高価なピザなんだが、やはりVAT外税プラスサービスチャージがかかってさらに17%も上乗せされてしまう。

価格がネックだが、うまいよ、ここは。非常におすすめであります。

IMG_20191225_195126
↑ タイフレイバーのピザもあったよ。