年の瀬ということで。。。

やっと土曜日。今年の仕事は終了ということで、連日の飲み疲れを解消すべく昼まで睡眠。

しかし、2006年を振り返ってみると、自分でもバンコクで就職するとは思ってもみませんでしたわ。とにかくなりゆきであれなんであれこれから先がんばりまーす。

今年の年末は日本に帰る時間も金もない、ということでバンコクに居残り。

うちの社長が大晦日にバンコクのコンドミニアム(100㎡以上2部屋!)を借りて年越しパーティをやるというので行ってきます。会社の人が言うに

「日本では高くて食えなかったようなおせちがバンコクで食えるから期待してな」

とのこと。年越し蕎麦などもあるようでめちゃくちゃ日本対応ですな。バンコクの衛星放送でNHKを見ながら2時間早い(時差ですな。東京の深夜12時はバンコクの夜10時)カウントダウンを体験してきます。。。

メガマック、海底ケーブル

台湾地震のおかげで、ネットの通信が不安定で大変でした。29日現在、だいぶ安定して通信できるようになりました。しかし、台湾のケーブルが切れたおかげでタイ国内の通信まで不通になってるのはなぜなんでしょうか????

さて、マクドナルドのハーレーダビッドソン的発想、メガマックですが、食ってきました。

26122006.jpg

箱開けた瞬間はそんなにでかいとは思わないんですが、、、

26122006(001).jpg

食ってると、肉四枚、めちゃくちゃ実感がありますぜ。大概口を開かないと食えないんですわ。女の子は食えんで、これは。そしてさすが肉四枚。口の中にマクドの肉臭が突進してきますわ。さながら味のダンプカー。死ぬほどマクドが味わえます。これ一回食うとしばらくマクドはええかな。。。

<おまけ>
クリスマスイブにターキーがわりにタイ料理でガイヤーンという焼き鳥を一皿頼んだら、、、。

24122006(001).jpg

肉四枚。。。

おおお!これ、日本でも売ってるんすかね??

肉四枚!ダブルビッグマックや!昨日職場の近くのマクドで発見しました。何も考えずに大盛り。いいっすねー。アメリカーンな感じで。

doublebigmac.jpg

汗のクリスマス

もうすぐクリスマスやなあ。。。。

と、熱気と排ガスが溢れるバンコクの公道で、Siamのデパートがクリスマスらしい電飾でぴかぴかしてるのを見ておりました。さすがに12月。どこまでも熱帯と想像していたバンコクは朝晩になると結構気温が下がり、寝起きの水シャワーが結構つらいようになってきました。

んでも昼間は暑い。汗が額を伝う。ケツの谷間を伝う。季節感があるのかないのかそれすらもよくわかりません。とにかくクリスマスが暑いのは非常に違和感があります。話は変わって、今週は週に3日も職場の人たちと酒盛り。1日目。社長および社員の人たちと日本食レストランで日本式飲み会。ビールがうまいなあ、黒霧島!!!がうまいなあ。そしてタニヤ通りに「タイ王将」を発見!!餃子1人前70Bって普通の食事が25B程度で食えるタイにしたらめちゃくちゃ高いんですが、買いました。

「おお!王将の餃子や!」

味はだいぶ似ておりましたで。ただ、正式な京都王将や大阪王将のチェーン店ではなく、昔日本に居たときに王将でバイトしてた、というタイ人が勝手に名前を拝借して開店させたそうな。。。タイ人らしい。。。王将のHP見ても海外店は載ってないですな。

2日目。タイ人のCOOとかCFOとか言う肩書き(未だにCEOも含め”偉い人”というのはわかるんですが、実際何をする人かよくわかっておりません。)の方々と日本人技術スタッフの忘年会。しかもイッキ好きのタイ人です。30歳を超えてイッキ飲みをするとは思ってませんでした。しかもタイで。でもワシはだいぶ酒には強くなってるみたいですわ。ベロベロになりながらも率先してグラスを空けまくってました。そして北京ダックを食った。

3日目。会社の公式の忘年会。350人の社員が一同に集まって、ホテルのパーティールームを借りての大きな飲み会。自分の所属するグループのタイ人スタッフと同じテーブルについてごぶごぶ酒を飲む。タイ人いいっすね。
みんなでパーティします!というときに「僕は欠席します」というやつがほとんどいない。しかもパーティで楽しむ、といったらもう全開!大騒ぎですわ。ここでのメシはタイ料理でした。ラープとかソムタムとか辛ーい
ものをつまみながらウィスキー。さすがに疲れたバイ。。。しかも朝自分のカバンを開けたらホテルのタオルが
どっさり入っていてびっくり。

もちろん全く記憶がございません!

年末年始の休みは3日間

さて、半月分とはいえなんとか最初の給料が出たおかげでなんとか異国の地で食いつないでおります。

更新がほとんどできておりませんが、まだ家にADSLが引けてないからであります。ADSLさえ引ければ怖い物なしなんですが、未だ不便でどうしようもない感じであります。

今年の年末年始は帰国するほどの金も、時間もなし、ということでおとなしくバンコクで新年を迎えます。ただ、こっちは旧暦の正月が4月になるらしく、1月の正月はそんなに祝わないとのこと。それで休みが土日あわせて3日しかないのかと納得。

休みの日はおとなしく、バンコクの秋葉原、「パンティーププラザ」でパソコンのパーツでも物色してようか、、、。日本に居る時とあまり変わらんな、、、。

というわけで2日前、住んでるアパートの斜め向かい20mぐらい離れたところで大火事が起きました。サイレンの音に気づいてアパートの廊下から眺めた時点で既に家屋の屋根から3mぐらいの火があがっていてシャレにならん状況がすぐにわかりました。

その後、風向きの関係か、アパートとは反対方向に延焼し、周りの家を7,8軒は焼いた後沈下。静かな住宅街が騒然となり、とにかくバンコク中の消防車が集まったのではないかというほど消防車が集まりました。

ところがアパートの前は一方通行でそこに20台も30台も消防車が入ってくるものだから、結局どの車も身動きが取れなくなり、これもまた立ち往生という情けない結果に。もう少し消防の初動がよければ2,3軒は延焼を免れたかもしれないと思うとちょっと心が痛みました。

やっぱ火事って怖いね!

ていうか区画整理されてないごちゃごちゃした下町ってこういう時に恐ろしい目に遭うというのがよくわかりました。